ゴルフの楽しさ伝えます
初心者からギアマニアまで! ゴルフの楽しさ伝えます

ゴルフが"1人で"うまくなる! とっておきの「練習グッズ」

どうも! オグさんです。ゴルフをやり始めると絶対に「もっとうまくなりたい!」と思うはずです。当たったときの爽快感や、狙った目標に思いどおりの弾道を打てたときの気持ちよさは、ほかのスポーツでは味わえないほど中毒性抜群(個人的な見解ですが)ですから!

練習場より、コースで思ったとおりに球を飛ばせると、とっても気持ちいいんです!

練習場より、コースで思ったとおりに球を飛ばせると、とっても気持ちいいんです!

上達の近道として、スクールに入ったりインストラクターにレッスンを受けたりといった方法もありますし、周りに上級者がいれば教えを請うこともできるでしょう。しかし今のご時世、決められた時間に習いに行くのはなかなか難しいもの。どうしても1人での練習になってしまいがちです。せっかく1人で練習するなら、効率的にうまくなりたいですよね。そこで、今回は1人でうまくなれる練習グッズをご紹介します。

スイング作りに役立つ練習グッズ

初心者によくあるケースが、クラブのヘッドをボールに「当てる」ことに集中して、ひたすらボールを打ってしまうこと。「当てる」ことに集中すると、ゴルフの上達を妨げてしまう可能性があります。大切なことは、ボールに「当てる」のでなく、ゴルフクラブを「振る」=スイングする感覚を身につける、慣れることです。
ということで、今回は、「振る」基礎を身につけるための練習グッズをご紹介します。ボールを打つのに集中するのは、この「振る」基礎を覚えてから。そのほうが上達は早まるはずです!

「振る」ための練習グッズが効果的です

「振る」ための練習グッズが効果的です

なぜ「当てる」という意識ではダメなのか、簡単にご説明しておきましょう。「当てる」という意識は、インパクトだけを過剰に意識してしまい、腕や手の動きだけでヘッドをぶつけようとしてしまいがちになります。ゴルフスイングでよくないとされる、いわゆる「手打ち」になってしまいがちなのです。
私はティーチングプロではないので、詳しい理論をお話しすることはできませんが、クラブの使い方なら説明できます。ゴルフクラブは、フェース(ヘッドの一部で、ボールが当たる部分))とボールがぶつかる瞬間、つまりインパクトだけに力を込めてしまうと、ボールのスピン量が増えてしまったり、フェース面の向きが安定しなかったりと、いいことはあまりありません。安定してボールを飛ばすためにもインパクトを当てる=たたくイメージではなく、ボールをフェースで押して飛ばす=フィニッシュまで等速で振りきるといったイメージが欲しいのです。そのためにも、日常生活ではまずない動き、「フェース面が持つところからズレていて、しなる長い棒を振る」行為に慣れる必要があるのです。
今回はそれに慣れるための2つの商品をご紹介します。

■スイング作りのおすすめ練習グッズ-1■
「1スピード」

効果:ミスの原因となる「スイングリズムの乱れ」を抑制

1つめはこちら。エリートグリップの「1スピード(ワンスピード)・クリアーブルー」です。ドライバーと同じくらいの長さがあるのですが、2倍近く重く、しなりやすくできています。棒の両端にグリップがついており、片方が軽く、もう片方が重くなっています。持つ側を変えることで効能が変わるといった練習グッズです。

ドライバーと同じぐらいの長さがあります。使用するときは周りに十分気をつけましょう

実際のクラブに比べてかなり大きめにしなるようにできています

実際のクラブに比べてかなり大きめにしなるようにできています

止まったボールを打つゴルフスイングには、一定のリズムが必要です。それには個人差があり、早い遅いに優劣はありません。しかし、その人固有のリズムが必ずあり、それが崩れるとスイングが乱れ、ミスを誘発します。
ではどうしたらスイングのリズムを保てるのか? 答えは「シャフトのしなりを感じて振る」ことです。一見硬く見えるゴルフクラブのシャフトですが、スイング中にはしなっています。そのしなりを生かして振れればいいのですが、球に当てにいって力が入るとクラブを腕の力で引き下ろしてしまい、クラブ本来の動きを阻害してしまうのです。
そこで、シャフトのしなりを感じやすい本品のようなグッズを使って練習するといいと思うんです。
プロや上級者でも、球が散らばるとスイングのリズムを再確認するために使っているんですよ。

切り返しで「しなり」を感じよう

軽い側のグリップを持ってスイングすると、トップからの切り返しやダウンスイングでしなりを強く感じます。このしなりを感じながらリズムよく振ることで、切り返し時のタイミングがつかみやすくなります。また、スイング中に重さに加えて遠心力も加わるので、軽く振っているだけでも棒に引っ張られるような感覚を味わうことができ、手で振るような動きができません。この感覚を体感することで手打ちを抑制でき、体幹を使ったどっしりとしたスイングが身につきやすくなります。

重い側のグリップを持ってスイングすると、先ほどよりは軽やかに振れるのでしっかりフィニッシュまで振りきれます。力いっぱい速く振るのではなく、しっかりしなりを感じながら、フィニッシュでバランスよく止まっていられるぐらいのスピードで振るのがポイント。フィニッシュで1〜2秒止まれるようになれば、バランスよくスイングできている証拠になります。これらを繰り返すことで「しなる棒を振る」という行為に慣れることができるのです。

よくしなるため、トップからの切り返しのタイミングがつかみやすくできています

よくしなるため、トップからの切り返しのタイミングがつかみやすくできています

■スイング作りのおすすめ練習グッズ-2■
「トレーナー ヘビーウェイト」

効果:「フェースの向き」を感じられるようになる

2つめはキーパーソン「トレーナー ヘビーウェイト」です。簡単にいえば、短くて重いアイアンです。全長は24.5インチ。近年の7番アイアンがだいたい37インチですから、それより12.5インチ(約32cm)短く作られています。これだけ短ければ、部屋の中で練習ができるので場所を選ばずに使用できるのは、ポイントが高いです。1本の重さが約970gあり、一般的なアイアンの倍くらい。これだけ重いと、クラブを手だけで操作するような動きを抑制してくれます。この重さも、実は非常に大切な機能です。

重いものを振ることで、手先に頼らないスイングを身につけることができます

重いものを振ることで、手先に頼らないスイングを身につけることができます

ゴルフクラブは「芯」を感じにくい

ゴルフクラブは、テニスやバドミントンで使うラケットや野球のバットなどと異なり、手で持つ部分の延長線上に「芯(ボールが当たると一番飛ぶところ)」がありません。バットやラケットは振っていて「芯」を比較的感じやすいと思いますが、ゴルフクラブはそうではないんです。

バットやラケットは手で持つ部分の延長線上に芯がありますが、ゴルフクラブは違います

ゴルフクラブと同じような形状をしているのは、アイスホッケーのスティックぐらいでしょうか? 日常生活でもこのような道具はまず見かけません。そんな珍しい道具を使うのですから、その道具に慣れないといけないわけです。

「シャフトの軸線上に芯がない」のがゴルフクラブの特徴であり、難しいところでもあります

「シャフトの軸線上に芯がない」のがゴルフクラブの特徴であり、難しいところでもあります

ゴルフスイングでボールをまっすぐ飛ばすには、構えたところにきちんとヘッドを戻してあげることが必要です。しかしこれ、初心者の方が想像するよりはるかに難しいんです。なぜなら、上記のようにゴルフクラブは”棒の先”についているヘッドでボールを打つ道具だからです。自分ではまっすぐ戻したつもりでも、シャフト、つまり棒だけしか戻っていないのが初心者であり、そうなるとボールはまっすぐ飛びません。
ですので、棒の先にヘッドがついた本品を振ることで、ボールが当たるフェース面の動きを意識することがとてもいい練習になるんです。
もちろんクラブの素振りでもいいのですが、クラブよりずっと短い本品は、フェースがグリップと近いため、クラブよりもフェースの向きを感じやすく作られているんです。

ゴルフクラブのヘッドはスイング中、トップまで右に回転しながら動き、トップからダウンスイング、インパクトまでにほぼスクエアに戻り、そしてフォローからフィニッシュまで左に回転します(右打ちの場合)。ラケットやバットなど、手で持つ部分とフェース面の芯が一直線上にあるものだとそれほど意識をしないでもヘッド(フェース)をコントロールできるのですが、ゴルフクラブはグリップの延長線上とフェース面の芯がズレているため簡単にはいきません。フェース面がスイング中にどこを向いているかを把握することで、安定してボールを捉えることができるのです。

フェースの向きを意識しながらゆっくり素振りしてみてください

フェースの向きを意識しながらゆっくり素振りしてみてください

ゆっくりと素振りをしてみよう

おすすめの使い方としては、フェースの面を意識しながら、太極拳のようにゆっくり素振りしてみてください。しっかりヘッドをターンさせることをゆっくりな動きで練習するとより理解しやすいですし、重さがあるため体幹のトレーニングにもなりますよ。

アドレスからトップまで、トップからインパクトまではフェースは開いた状態になります

アドレスからトップまで、トップからインパクトまではフェースは開いた状態になります

インパクトでスクエアに戻り…

インパクトでスクエアに戻り…

フォローではヘッドは左に回転しながら動くのが正しい形です

フォローではヘッドは左に回転しながら動くのが正しい形です

スイングのための練習グッズにはたくさんの種類があり、それぞれが違った効能を持っています。自分が悩んでいる症状に合ったものを使うのはとても効果的だと思いますが、個人的には、体のどこかの動きを矯正、制御するものより、気持ちよくスイングできる中で何かを気付かせてくれるようなアイテムのほうが、飽きずに使えるかなと思っています。まずはクラブを振ることに慣れること。クラブを自分のタイミングで振れるようになれば、大きなミスは自然と減ってくるはずです。

「パット」がうまくなる練習グッズ

次はパットの練習グッズです。パッティングは、うまければうまいほどスコアに直結します。しかも、年齢や性別、体格などはほとんど関係ありません。たくさん練習し、うまくなった人ほどスコアをまとめられるゴルファーになれるのです。しかもそれほどスペースを必要とせずに練習ができるので、コソ練にはピッタリ! ではどんな練習方法が効果的なのか、練習グッズとともにご説明していきましょう。

パット練習グッズを2品ご紹介します

パット練習グッズを2品ご紹介します

■パット上達のおすすめ練習グッズ-1■
「スーパーベントパターマット」

効果:パットの「距離感」を養える

パッティングで重要なことの1つが「距離感」です。長い距離はさすがにコースに行かないと練習できませんが、短い距離なら家の中でもできます。絨毯(じゅうたん)などの上でも可能ですが、よりきっちり感覚を磨きたいならパターマットを購入しましょう。この「スーパーベントパターマット」は、転がりや感触をできるだけ本物の芝に近づけるように開発されていて、転がりが非常にスムーズです。打つ向きによって転がる際の抵抗を変えている(いわゆる順目と逆目がある)ので、2種類のスピードでタッチの練習ができます。

パッティング練習は環境を整えるほど上達しやすくなります。転がりがスムーズなマットなら距離感も磨きやすいんです

個人的にいいなと思うのは「マットに穴が開いていない」こと。カップがあったり穴が開いていたりするマットは、カップに入れる練習にはなりますが、少々強めに打ってもカップに入ってしまうので、距離感の練習にはなりづらいのです。カップサイズの目標物が付属しているので、方向のズレなどは確認できます。“ボールを止めるポイント”を決めて練習することで、距離感と方向性を磨くことができますよ。

ボールを目で追わないクセをつけよう

パッティングの練習中にクセをつけておきたいのが、ヘッドやボールを目で追わないこと。ヘッドやボールを目で追ってしまうと頭が動いてしまい、方向やタッチが安定しにくくなります。ヘッドの挙動やボールの行方が気になるのはとてもわかりますが、目で追わないことをクセづけておかないと、いざコースで打つときにミスが出てしまうのです。

アドレスから頭は動かさないように。打ち終わってすぐにパターのヘッドやボールを目で追うのは厳禁です

アドレスから頭は動かさないように。打ち終わってすぐにパターのヘッドやボールを目で追うのは厳禁です

ボールを目で追ってしまい、頭が起きてしまうパターン。打った後なら影響ないだろうと思いがちですが、動かさない意識がないと、打つ前から頭が動いてしまうことが多いんです

■パット上達のおすすめ練習グッズ-2■
「パッティングチューター」

効果:「狙ったところ」に打てているかがわかる

続いては「パッティングチューター」です。あの松山英樹選手も愛用している練習グッズです。どんなものか簡単に説明しますと、構えたときのパターのフェースの向きと、狙ったところに打てているかどうかを確認できるアイテムといったところです。正しい方向にボールが打ち出されていれば、ゲートの役割をする銀の球に当たらずにボールが転がっていきます。難易度が3段階で設定できるので、レベルに応じて練習できるのがいいですね。

これがパッティングチューター。あの松山英樹選手も愛用中とのことです

これがパッティングチューター。あの松山英樹選手も愛用中とのことです

まず本体を狙いたい目標に合わせて地面に置きます。それからボールを所定の位置に置いて構えれば、自分が目標に対して正確に構えているのかどうか? つまりアライメントがどのような状態なのかが確認できます。
パットで思ったところに打てない方の多くは、アドレス時のフェースの方向が目標に正しく向いていません。狙ったところにボールを打ち出すためにも正確なアライメントは必要不可欠。パッティングの精度を上げるためにもまずは、目標にきっちりとフェースを合わせる練習をしておきたいところです。

これが目標に対して正しくヘッドをセットアップできている状態。本体に白い線が引かれているため、サイトラインがあるパターだと一目瞭然です。パターヘッドにサイトラインがなくても、構える位置に2本の白線が引かれているので、フェースがどこを向いているのかよくわかります

これは右を向いている状態。これでは狙った目標に打つのは難しくなります

これは右を向いている状態。これでは狙った目標に打つのは難しくなります

ボールが銀の球に触れないように打ち出そう

目標にフェースをまっすぐに合わせたら、次はそのとおりの方向にボールを打ち出す。これができなければ、正しく目標に構えられていてもカップインの確率はグッと下がってしまいます。このアイテムは銀の球をゲートに見立て、ボールの通る幅を3段階用意することで、より精度の高いパッティングの練習ができるのです。自身の精度に合わせて難易度が設定できるので、初心者からプロまで効果的な練習ができるグッズです。
このグッズはコンパクトなので持ち運びやすく、コースの練習グリーンなどでも使用できます。試合などの直前でもその日のクセやミスの傾向を確認できるので、結果を残さないといけないゴルファーほどこのアイテムは重宝すると思います。

銀の球の間隔が一番広い設定。パッティングが苦手な方はまずここからスタート 中間の難易度。これでも結構シビアでした。かなり集中しないとすぐゲートに当たってしまいます

パッティングで重要なのは、狙った目標に狙ったとおりのスピードでボールを打ち出すこと。これを再現性高く繰り返すには、狙った目標にフェースを合わせ、狙った方向にボールを打つ練習をすることが一番の近道。だからこそ、このアイテムはとても効果があると思います。

たくさん練習するほどうまくなるグッズですね

たくさん練習するほどうまくなるグッズですね

練習グッズ・まとめ

スイングとパッティングの練習グッズをご紹介しました。ゴルフの練習は、意外と間違った方向に行きやすく、よかれと思ってやっていた練習のせいで逆に変なクセがついてしまった…なんてことも結構あります。正しいアイテムを正しく使うことで、初めて上達は早まるもの。苦手なクラブを克服するもよし。得意なクラブの精度を高めるもよしですが、それぞれのアイテムの効能をしっかり理解して使いましょう。

写真:富士渓和春

関連記事
初心者におすすめの「やさしいドライバー」はコチラ!
初心者向けの「FW」「ユーティリティー」「アイアン」
初心者におすすめの「ウェッジ」はコチラ!
初心者がうまくなる「パター選び」
どれも一緒は大間違い! 「ゴルフボール」の選び方

小倉勇人

小倉勇人

ゴルフショップ店長、クラフトマン、クラブフィッターそして雑誌の編集・執筆業も行う、歌って踊れるゴルフライター。好きなクラブはパター、左利き/右打ち。愛称は「オグさん」。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る