70V型で100万円前後

シャープ、世界初の家庭用8K液晶テレビ「AQUOS 8K」を12月に発売!

このエントリーをはてなブックマークに追加

シャープは、フルハイビジョンの16倍の解像度を持つ、8K規格に準拠した液晶テレビ「AQUOS 8K」を発表。2017年12月1日より第1弾モデルとして、70V型「LC-70X500」を発売する。価格はオープンで、店頭想定価格は100万円前後。

AQUOS 8Kの70V型「LC-70X500」。日本、中国、台湾、欧州の4地域で販売される。10月の中国を皮切りに、12月に日本、2月に台湾、3月に欧州と順次展開していく

シャープは2015年に世界に先駆けて8Kディスプレイ「LV-85001」(85V型)を製品化済み。2017年6月には第2弾として70V型液晶パネルを採用した「LV-7002」もラインアップに加え、8Kディスプレイ開発に特に力を入れている。

8K放送対応受信機は別売

今回発表された「LC-70X500」は、先に発売された法人向け(BtoB)モデル「LV-85001」「LV-7002」とは異なり、世界初の家庭用8K対応液晶テレビとなる。TVチューナーは、地上/BS/110°CSデジタルに対応するチューナーを3基搭載。2018年12月開始予定の8K実用放送に合わせて発売予定という「8K/4K放送対応受信機」(別売)を組み合わせることで、8K実用放送の視聴にも対応する。

8Kの実用放送を見るためには、別途専用のチューナー「8K/4K放送対応受信機」(2018年末発売予定)が必要になる

8K/4K放送対応受信機との接続は、専用のHDMIポートを4基使用して行う仕組み

8K/4K放送対応受信機との接続は、専用のHDMIポートを4基使用して行う仕組み

8Kパネルを採用するが、ディスプレイ部の薄さは92mmで、重量は45kg(スタンド含む)と、同クラスの4K液晶テレビと大きさはほぼ変わらない。スタンドを含めた本体サイズは、156.4(幅)×96.7(高さ)×37.5(奥行)cm。消費電力は470W

液晶パネルには、グループ会社の堺ディスプレイプロダクト(SDP)製の、約3300万画素(7680×4320画素)高性能8Kパネルを採用。液晶テレビ「AQUOS」で培った、2K/4K映像の8Kアップコンバート技術のほか、映像信号の光源に応じて輝度を復元する「メガコントラスト(ダイナミックレンジ拡張技術)」や、自然で豊かな発色を再現する広色域技術「リッチカラーテクノロジープロ」を搭載。また、HDR規格にも対応しており、PQ方式はもちろん、HLG(ハイブリッドログガンマ)もサポートした。これらにより、現在放送されているフルHDなどのテレビ番組をはじめ、さまざまな2K/4K映像コンテンツも高精細・広色域・高輝度で楽しめるという。

4K対応AQUOSの上位モデル「AQUOS 4K NEXT」で採用されたアップコンバート技術を搭載。2K/4K映像を8K解像度の高画質で表示する。ただし、本機は3原色パネルで、表示フレームレートは60Hz。バックライトは直下型LED。視野角は上下/左右176度

8K/4Kの比較デモ。パンフォーカスされた町並みの景色だが、8K映像では細部にいたるまで細かく再現されている。樹木の葉やビルの質感、奥行感などがしっかり感じられた

また、音質面もこだわっており、オンキヨーと共同開発した2.1chのスピーカーシステムを搭載。スピーカーはフルレンジ×2基とサブウーハー×1基の構成で、各スピーカーの出力は10W+10W+15W。ユニットは下向きに配置されている。そのほか、音質補正技術「Eilex PRISM」も備えた。

本機では、フロントスピーカーではなく、下向きに配置されている

本機では、フロントスピーカーではなく、下向きに配置されている

搭載チューナーは、地上/BS/110°CSデジタルが3基。その他の映像入力端子は、HDMIポート×4(8K専用ポートとは別)、AV入力×1、PC入力(ミニD-Sub15ピン)×1。音声端子は、アナログ音声入力、ヘッドホン出力、デジタル音声出力を搭載する。このほか、USBメモリー用と録画用のUSBポートを2基と、LANポートを備える。

なお、シャープは今後も8Kに注力するとしており、8K液晶テレビとして、60V型、65V型、75V型、80V型も投入予定とのこと(時期・価格いずれも未定)。また、放送映像分野に留まらず、医療やオフィス、セキュリティなどの分野にも拡大させ、8Kの超高精細技術を核に新しい産業を創出する「8Kエコシステム」を構築するという。

今後、8K液晶テレビも順次ラインアップを強化していくほか、さまざまな分野で8Kを活用していくという

今後、8K液晶テレビも順次ラインアップを強化していくほか、さまざまな分野で8Kを活用していくという

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.9.20 更新
ページトップへ戻る