8KやAIなど、有機ELの次を見据えた最新技術にも注目

【CES 2018】映像系は今年も有機ELテレビが主役!注目モデルを現地レポート

このエントリーをはてなブックマークに追加

米国・ラスベガスで1月10日より開催されている「CES 2018」。2018年のコンシューマーエレクトロニクス業界の行方を占う世界最大級の家電見本市の模様を、現地から詳細レポート! レポート第1弾は映像関連製品を中心にお届けしよう。

CES 2018

映像系は今年も有機ELテレビが主役! LGエレクトロニクスはAI&新高画質エンジン搭載の「LG AI OLED TV ThinQ」を披露

“有機ELテレビ”は昨年のイベントでも大注目の分野だったが、「CES 2018」もその流れは続いており、各社から新製品が一斉に発表された。本稿では、その中から日本国内でも発売されるブランドのソニー、パナソニック、LGエレクトロニクスの各新製品について紹介しよう。

まずはLGエレクトロニクスから。「CES 2018」で発表された4K有機ELテレビのなかでも、もっとも意欲的なモデルに仕上がっていたのが、LGエレクトロニクスの有機ELテレビ「LG AI OLED TV ThinQ」だ。

新製品と核となるのが、高画質回路「α9」。従来モデルに比べてCPU性能が35%、GPU性能が35%、メモリー性能が50%向上し、4段階でかかるノイズリダクション、HFR(ハイフレームレート)という形で高画質化を実現したという。また3Dルックアップテーブルも35937点と大幅に増加。色表現の正確さがさらに向上しているということだ。

新製品のラインアップも現行のラインアップ同様、非常に豊富だ。「W8」は超薄型で壁掛けに対応し、サウンドバー型チューナーユニットを備える。「G8」も別筐体のチューナーユニットを採用。「E8」「C8」「B8」もデザインの異なるスタンドを採用した。なお、高画質回路「α9」を搭載するのは「W8」「G8」「E8」までとなる。スピーカーはいずれも形状が異なるが、引き続き「ドルビーアトモス」に対応している。

LGエレクトロニクスの有機ELテレビ2018年モデル「LG AI OLED TV ThinQ」

LGエレクトロニクスの有機ELテレビ2018年モデル「LG AI OLED TV ThinQ」

超薄型で壁掛けに対応した「W8」

超薄型で壁掛けに対応した「W8」

高画質化回路「α9」を搭載し、ノイズリダクションと超解像を強化

高画質化回路「α9」を搭載し、ノイズリダクションと超解像を強化

「LG AI OLED TV ThinQ」という名前が示すとおり、薄型テレビとしてAIへの積極対応もポイント。独自の「LG ThinQ」と「Googleアシスタント」に両対応し、「10年前にグランドキャニオンに行ったときの写真を見せて」と写真を呼び出したり、テレビ番組に出演している俳優に対して「この人は誰?」と呼びかけると結果がリストアップされたり、「この番組が終わったら電源を落として」といった形でテレビ番組に踏み込んだ連動も可能となっている。「Googleアシスタント」への対応と合わせて、テレビのAI対応の見本とも呼ぶべきモデルの登場といえそうだ。

テレビ組み込みのAIボイスアシスタント機能のデモ

テレビ組み込みのAIボイスアシスタント機能のデモ

ソニーの有機ELテレビはデザイン変更のマイナーチェンジ

日系メーカーの有機ELは、2017年からのマイナーチェンジモデルが登場する。

ソニーは米国向けに4K有機ELテレビ「A8F」シリーズを米国で5月より発売する。画面サイズは65V型と55V型の2サイズ展開で、65V型は3,500ドル前後、55V型は2,500ドル前後を予定している。現行機種の「A1」シリーズからの大きな変更点はデザインで、直立タイプのスタンドを新たに採用した。パネルや画質まわりの仕様は基本同じで、Dolby Vision形式のHDR対応や、画面から音の出る「アコースティックサーフェイス」も継承する。「A1」シリーズは2017年も併売予定とのことで、デザインバリエーションとも呼べるだろう。

ソニーの4K有機ELテレビ「A8F」はデザイン変更のマイナーチェンジ中心

ソニーの4K有機ELテレビ「A8F」はデザイン変更のマイナーチェンジ中心

「HDR10+」への対応と明るい所と暗い所の3D-LUT使い分けで高画質化を図ったパナソニックの有機ELテレビ

パナソニックは欧州向けの4K有機ELテレビとして、「FZ950」シリーズと「FZ800」シリーズの各55V型/65V型、合計4モデルを発表した。

最大のトピックは、HDRフォーマットの新規格「HDR10+」に対応したこと。従来の「HDR10」規格では、最大輝度のメタ情報が固定となっており、そのデータを元に動画全体のトーンマッピングを行っていた。対して新規格の「HDR10+」では、最大輝度のメタ情報を動的に持たせることで、シーンごとに輝度を細やかにコントロールし、従来の「HDR10」よりもHDRの効果をより効果的に体験できるようになっている。

また、「HDR10+」のメリットをさらに効果的に体験できるようにするため、今回発表された4K有機ELテレビでは高画質回路にも手が加えられている。具体的には、シーンごとの輝度を判断、それぞれに最適な3D-LUT(ルックアップテーブル)を適用することで、特に中輝度域の画質を向上させているという。比べてみると解像感の向上がすぐに分かる水準だ。

ちなみに、搭載有機ELパネルは2018年版の有機ELパネルと同等で、画質目での大きな変更はないようだ。またパネルやコーティングも含めて「FZ950」シリーズと「FZ800」シリーズの画質関連はまったく同じとなっている。「FZ950」シリーズは日本での「EZ1000」にあたる機種で、「Tuned by Technics」のサウンドバーが付属するのが両シリーズの違いだ。

パナソニックの4K有機ELテレビ「FZ950」シリーズ

パナソニックの4K有機ELテレビ「FZ950」シリーズ

有機EL時代の次を見据えた最新技術にも注目! ソニーは「X1 Ultimate」と8Kテレビのプロトタイプを披露

ソニーは、プレスカンファレンスで高画質回路の次世代モデルにあたる「X1 Ultimate」のプロトタイプを発表。同社の高画質回路の現行モデルは「X1 Extreame」で、2018年の有機ELテレビでも採用される最高峰の高画質回路だが、「X1 Ultimate」は、その次を見据えて開発が進められているもの。4Kだけでなく、8K映像に対する高画質化処理にも対応しているというから驚きだ。

同社のブースデモでは、85V型の8K液晶ディスプレイを使用し、HDRの上限である10,000nitにまで対応した超高輝度映像をデモ。その映像の美しさたたるや凄まじく、4Kとも別次元のネイティブ8Kの時代が迫っていると思えるほど。なお補足しておくが、ソニーは8Kテレビの発売については、4K市場の伸びや8Kコンテンツの揃う状況を鑑みて慎重なようだ。

「X1 Ultimate」をプレスカンファレンスで大々的に発表

「X1 Ultimate」をプレスカンファレンスで大々的に発表

8K/10,000nitパネルによるデモ上映も行われた

8K/10,000nitパネルによるデモ上映も行われた

もうひとつ、デモ上映として注目を集めたのがサムスンによる世界初のマイクロLEDテレビ「The Wall」だ。RGBの小型LEDを直接発光するタイプのディスプレイで最大2,000nitsの輝度とコントラスト表現を可能とする。サムスンブースで「The Wall」を視聴したが、テレビと呼ぶより”壁”と呼ぶべきサイズで、家庭用のコンシューマーTVではなくデジタルサイネージの領域のもの。小型化してテレビとして発売した際に改めてクオリティを確認したい技術だ。

サムスンによる新方式パネル「The Wall」

サムスンによる新方式パネル「The Wall」

サムスンはこのほかにも、8Kに対応した「AI Technology」も出展。高画質回路の分野ではデータベース解析の段階で古くからAIの機械学習が用いられているが、サムスンも8K対応のタイミングで改めて注目のAIというキーワードに注目した形だ。

サムスンも8K対応のAI技術をデモ

サムスンも8K対応のAI技術をデモ

折原一也

折原一也

PC系版元の編集職を経て2004年に独立。モノ雑誌やオーディオ・ビジュアルの専門誌をメインフィールドとし、4K・HDRのビジュアルとハイレゾ・ヘッドフォンのオーディオ全般を手がける。2009年より音元出版主催のVGP(ビジュアルグランプリ)審査員。

このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
イベントレポート最新記事
イベントレポート記事一覧
2018.1.16 更新
ページトップへ戻る