イベントレポート
5月30日より一般公開スタート

「NHK技研公開 2019」はフルスペック8KとAR、VR、インテグラル3Dと未来の放送技術満載だ

NHK放送技術研究所(技研)の最新の研究成果を一般に公開する「技研公開 2019」が2019年5月30日-6月2日の日程で開催される。マスコミ向けのプレビュー公開の内容から、今年の技研公開の見どころをピックアップして紹介していこう。

2019年5月30日-6月2日まで一般公開される「技研公開 2019」

2019年5月30日-6月2日まで一般公開される「技研公開 2019」

開幕に先立ちNHK放送技術研究所長の三谷公二氏から「ワクからはみ出せ、未来のメディア」と全体のテーマが語られた

ついに8K/120Hz駆動のフルスペックに到達した8K放送

NHKが毎年出展しているのが8Kの出展だ。昨年12月に新衛星8K放送がスタートしているが、現在の8K放送は8K/60Hzの撮影・放送がメイン。しかし、今年からついに8K/120Hz駆動の「フルスペック8K」の放送環境がそろい始めている。

もっともわかりやすいのが毎年8Kシアターが上映されている講堂で、今年から120Hz対応8Kレーザープロジェクターを導入。8K/120Hz撮影が行われたパフォーマンスチーム「s**t kingz(シットキングス)」のダンスパフォーマンス、ロシアの新体操選手アレクサンドラ・ソルダトワの姿を追った「8Kエクストリームボディー 〜ロシア新体操の妖精〜」の披露が行われた。

8K有機ELテレビも出展。昨年から出展されているLGとアストロデザインとの共同開発が行われている88型のシート型有機ELテレビが今年より120Hz駆動となり表示デバイスもフルスペック8K対応化が完了した。

講堂に導入された120Hz対応8Kレーザープロジェクターで上映される8K/120Hzコンテンツ

講堂に導入された120Hz対応8Kレーザープロジェクターで上映される8K/120Hzコンテンツ

フルスペック8K対応となった88型のシート型有機ELテレビも展示

フルスペック8K対応となった88型のシート型有機ELテレビも展示

スポーツ中継を始めとしたライブ放送への対応、フルスペック8K対応の制作・伝送環境機器がようやくそろい始め、8K/120Hz放送も現実的なものになり始めている。

42GHzのミリ波帯の電波を使用して、8K映像を約200Mbpsの伝送容量で伝送する「8Kワイヤレスカメラ」。4Kと比べると巨大だが、アンテナマン1人で背負えるサイズに

8Kワイヤレスカメラの映像を受けて、市販のイーサネットベースで伝送できる制作システム

8Kワイヤレスカメラの映像を受けて、市販のイーサネットベースで伝送できる制作システム

21GHz衛星を使ったフルスペック8Kの伝送システム

21GHz衛星を使ったフルスペック8Kの伝送システム

8K放送に必要な8K/120Hz対応のリアルタイムエンコーダー(左)とデコーダー(右)

8K放送に必要な8K/120Hz対応のリアルタイムエンコーダー(左)とデコーダー(右)

将来の8K放送の拡大として期待の高まる出展が「地上波放送高度化方式の大規模野外実験」。わかりやすくいうと、地デジ放送を8K化するための検証実験が進められている。出展されていた内容は、東京では地デジと同じチャンネル帯域(MHz)で固定受信用スーパーハイビジョン放送と移動受信用ハイビジョン放送を伝送。実験伝播では水平偏波の放送で約28Mbpsの8K放送をライブで表示している。MIMO伝送を使えば最大62.8Mbpまでのレート確保が可能だ。

「地上波放送高度化方式の大規模野外実験」では実際に東京タワーから放送を受信

「地上波放送高度化方式の大規模野外実験」では実際に東京タワーから放送を受信

もうひとつが、次世代映像符号化方式「VVC(Versatile Video Coding)」の研究だ。これは現在4K放送で用いられているHEVCコーデックの次世代の映像コーデックで、HEVCと比べて30〜50%の符号化公立改善を目標として開発。2020年7月の標準化を目指している。高効率化の仕組みは圧縮エリアを判別するブロック分割形状の拡張やイントラ予測の精度向上など、多くはHEVCで用いられている手法をより高精度化したものだ。現在の平均改善率は33.1%に対してエンコード処理は約9.7倍の負荷増、デコード処理は約1.7倍の負荷増となる。VVCコーデックは地デジの8Kで採用されると決まっている訳ではないが、規格化が進む際には有力な選択肢となるだろう。

次世代映像符号化方式「VVC(Versatile Video Coding)」(画面上)と4K放送で用いられている「HEVC」(画面下)の比較デモ

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る