ニュース

ながら聴きに最適!ソニーから穴のあいた完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」が登場

ながら聴きに最適!ソニーから穴のあいたの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds」が登場

ソニーから、周囲の音を直接取り込める今までにないスタイルの完全ワイヤレスイヤホン「LinkBuds(WF-L900)」が発表された。カラーバリエーションは、グレーとホワイトの2色。発売は2月25日、市場想定価格は23,000円前後だ。

カラーバリエーションは、グレーとホワイトの全2色

カラーバリエーションは、グレーとホワイトの全2色

耳をふさぐことなく、周囲の環境音とともに音楽を一緒に楽しめる“ながら聴きイヤホン”は年々注目度が高まっている。同社の製品だと、音導管を耳穴近くまでのばして音を届ける独自の構造を採用した「Xperia Ear Duo」や「SBH82D」などがこれまでにラインアップされている。また、他社製品だと、最近では骨伝導方式を採用したイヤホンなども人気が高まっているが、今回同社が発表した「LinkBuds」は、穴の空いたリングドライバーユニットを搭載。完全ワイヤレスイヤホンのように両耳に装着し、穴から直接外音を取り込めるというまったく新しい形状を採用しているのが大きな特徴となっている。

イヤホン本体は大きな穴があいたとてもユニークな形状。ここから直接外音を取り込める

イヤホン本体は大きな穴があいたとてもユニークな形状。ここから直接外音を取り込める

「LinkBuds」を耳に装着したイメージ

「LinkBuds」を耳に装着したイメージ

イヤホンの内側。穴のあいた部分にリングドライバーが搭載されている

イヤホンの内側。穴のあいた部分にリングドライバーが搭載されている

穴があいたことで、周囲のあらゆる音が自然に入って圧迫感もなし、耳穴も蒸れにくく、自分の声が直接耳に届くのでこもらずに聴こえるなど、さまざまな利点があるという。さらに、「LinkBuds」では、耳をふさがない開放的な装着スタイルに合わせ、片耳約4.1g(フィッティングサポーターMサイズ含む)という同社完全ワイヤレスイヤホン史上最少最軽量のコンパクト設計を採用。イヤホンでありながら、着けていることを忘れるようなスタイルに仕上げたのもポイントとなっている。

ちなみに、これまでにないリングドライバーユニットを搭載していることもあり、装着方法はやや特殊で、一般的な完全ワイヤレスイヤホンのようなイヤーピースなどは一切なく、穴のあいたリングドライバーを耳の穴の上に直接のせ、付属のフィッティングサポーターを使って耳介でイヤホンが落ちないように支えるようなイメージとなっている。

イヤホン本体は非常にコンパクト。12mmというかなり大口径のドライバーユニットだが、耳にしっかりと収まってくれる

イヤホン本体は非常にコンパクト。12mmというかなり大口径のドライバーユニットだが、耳にしっかりと収まってくれる

どんな耳の形状でも確実なフィット感を得られるように、フィッティングサポーターはXS/S/M/L/XLの全5サイズを用意。写真はグレーに付属しているもので、ホワイトにはホワイトカラーのものが付属する

どんな耳の形状でも確実なフィット感を得られるように、フィッティングサポーターはXS/S/M/L/XLの全5サイズを用意。写真はグレーに付属しているもので、ホワイトにはホワイトカラーのものが付属する

外径12mmのリングドライバーは、耳をふさがない開放的な装着スタイルでも音が抜けてスカスカにならないよう、振動板にペット素材とポリウレタン素材を掛け合わせることで振幅量を増やしてやることで、しっかりと音圧を確保したという。さらに、このドライバーユニットに「WF-1000XM4」にも搭載された統合プロセッサー「V1」を組み合わせることで、アップスケーリング機能「DSEE」やAIがノイズを除去して声だけを相手に届ける「高精度ボイスピックアップテクノロジー」を実現。穴のあいた開放的なスタイルでも、クリアな高音質を楽しめるように仕上げたそうだ。

「LinkBuds」に使われているリングドライバー。振動板の素材を改良し、振幅量を稼ぐことで音圧を確保したそうだ

「LinkBuds」に使われているリングドライバー。振動板の素材を改良し、振幅量を稼ぐことで音圧を確保したそうだ

実際にスマートフォンと「LinkBuds」を組み合わせて音楽を聴いてみたが、スマートフォンのボリュームが1/3くらいでもかなりしっかりと音楽を楽しめた。よく、骨伝導イヤホンなんかだと低域の量感がものたりなく感じるが、「LinkBuds」はそのような感じは一切ない。ただ、開放的なスタイルのため、ボリュームを上げると相対的に周囲の音が聴こえにくくなり、ボリュームが1/2あたりを上回ると、音漏れが多少気になってくるので、感覚的には、BGMのような感じで流すくらいがちょうどいいかもしれない。

イヤホン本体(リングドライバーユニットを除く)はIPX4の防滴性能を確保。バッテリー性能は、イヤホン単体で最長5.5時間、ケース併用で最長17.5時間。10分の充電で90分の使用が可能なクイック充電にも対応する。イヤホン本体もコンパクトだが、専用ケースもかなりコンパクトな設計だ。

「LinkBuds」の専用ケース。かなりコンパクトで持ち運びもしやすい

「LinkBuds」の専用ケース。かなりコンパクトで持ち運びもしやすい

充電端子はUSB Type-C。10分の充電で90分の使用が可能なクイック充電にも対応している

充電端子はUSB Type-C。10分の充電で90分の使用が可能なクイック充電にも対応している

イヤホンの操作はタップセンサー式で、「Headphones Connnect」からワイドエリアタップを有効化すれば、イヤホン本体だけでなく、耳周りの顔を2回または3回素早く(0.2秒間隔)タップすることでコントロールも可能。さらに、イヤホン内側には装着センサーも備えており、イヤホンを外すと音楽再生を自動でOFFにする機能も利用できる。ほかにも、周囲の騒音レベルに合わせて自動で再生音量を調整してくれる「アダプティブボリュームコントロール」や、装着者が話すと自動で再生中の音楽を停止してくれる「スピーク・トゥ・チャット」、同社が推し進めている3Dオーディオ「360 Reality Audio」の個人最適化など、「Headphones Connnect」と連携することでさまざまな機能を利用可能だ。

「Headphones Connnect」と組み合わせることで、「アダプティブボリュームコントロール」や「スピーク・トゥ・チャット」、3Dオーディオ「360 Reality Audio」の個人最適化など便利な機能を利用できる

「Headphones Connnect」と組み合わせることで、「アダプティブボリュームコントロール」や「スピーク・トゥ・チャット」、3Dオーディオ「360 Reality Audio」の個人最適化など便利な機能を利用できる

このほか、本体に内蔵するコンパス/ジャイロセンサーを使用して頭の向きを検出し、周辺の情報を音声で確認しながら町歩きをできるMicrosoft社の3Dオーディオマップアプリ「Soundscape」や、位置情報に連動して自動的に音声や音楽が聴こえてくるSound ARアプリ「Locatone」などにも対応。イヤホン本体を装着したまま周囲の音を確認できる「LinkBuds」ならではの新しい音体験を提供していくそうだ。

ARを活用したガイドアプリなど、イヤホン本体を装着したまま周囲の音を確認できる「LinkBuds」の特性を生かしたさまざまな音楽体験を楽しめるようにしていくそう

ARを活用したガイドアプリなど、イヤホン本体を装着したまま周囲の音を確認できる「LinkBuds」の特性を生かしたさまざまな音楽体験を楽しめるようにしていくそう

オンラインの音、オフラインの音問わず、あらゆる人やコンテンツに常につながるために開発された「LinkBuds」。完全ワイヤレスイヤホンを“常時装着”できるという新しいスタイルはなかなか面白く、ユニークなデザインも相まって、ながら聴きイヤホンの新たな選択肢として大いに話題になりそうだ。

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る