ニュース

パナソニック4K液晶ビエラ2022年モデル発表。オートAI機能がさらに賢く進化

パナソニックの4K液晶ビエラ2022年モデルがついに発表された。今回発表となったのは、4K液晶ビエラの最上位モデル「LX950」シリーズと、ミドルクラスの「LX900」シリーズ。各サイズの発売日や市場想定価格は以下のとおりだ。

■4K液晶ビエラ「LX950」シリーズ
TH-75LX950(75V型)、6月24日発売、市場想定価格41万円前後
TH-65LX950(65V型)、5月27日発売、市場想定価格31万円前後
TH-55LX950(55V型)、5月27日発売、市場想定価格28万円前後

■4K液晶ビエラ「LX900」シリーズ
TH-49LX900(49V型)、6月17日発売、市場想定価格19万円前後
TH-43LX900(43V型)、6月17日発売、市場想定価格18万円前後

4K液晶ビエラ2022年モデル「LX950」シリーズと「LX950」シリーズ

4K液晶ビエラ2022年モデル「LX950」シリーズと「LX950」シリーズ

「LX950」シリーズは、高コントラストとメタルフレームによる高いデザイン性を両立したプレミアム液晶ディスプレイ、倍速液晶パネル、イネーブルドスピーカー搭載の360立体音響サラウンドシステムを搭載した4K液晶ビエラの最上位モデル、「LX900」シリーズは、倍速液晶搭載の4K液晶ビエラのミドルレンジモデルという位置付けだ。いずれも、4K2番組同時録画機能に対応し、地震に強く倒れにくい、吸着機能付きの「転倒防止スタンド」も備えている。

4K液晶ビエラの最上位モデル「LX950」シリーズ。プレミアム液晶ディスプレイを搭載し、高コントラストとメタルフレームによる高いデザイン性を兼ね備えている

4K液晶ビエラの最上位モデル「LX950」シリーズ。画面サイズは75V型、65V型、55V型の3サイズ。プレミアム液晶ディスプレイを搭載し、高コントラストとメタルフレームによる高いデザイン性を兼ね備えている

「LX900」シリーズは、49V型と43V型の2サイズで展開

「LX900」シリーズは、49V型と43V型の2サイズで展開

両シリーズとも、地震に強い「転倒防止スタンド」を採用

両シリーズとも、地震に強い「転倒防止スタンド」を採用

2022年4K液晶ビエラは、2021年モデルから搭載する「オートAI画質」が進化。シーン認識アルゴリズムの認識精度を改善したほか、新たに照度センサーと色温度センサーを組み合わせた「環境光センサー」を搭載し、暮らしの中で変化する部屋の明るさと色の情報を「自動画質調整」に反映することで、どんな照明下でも高画質で楽しめるようになっている。

最新の「オートAI画質」は、シーン認識精度が向上し、よりダイナミックに最適な画質への切り替えが行われるようになった

最新の「オートAI画質」は、シーン認識精度が向上し、よりダイナミックに最適な画質への切り替えが行われるようになった

暮らしの中で変化する部屋の明るさと色の情報を「自動画質調整」に反映する機能も新たに搭載

暮らしの中で変化する部屋の明るさと色の情報を「自動画質調整」に反映する機能も新たに搭載

照度センサーと色温度センサーを組み合わせた「環境光センサー」。画面下部に搭載されている

照度センサーと色温度センサーを組み合わせた「環境光センサー」。画面下部に搭載されている

また、あらゆる映像を4K高精細化する「4Kファインリマスターエンジン」も進化。映像信号を部分ごとに解析するだけでなく、新たに時間軸方向の前後の映像もあわせて参照することで、ノイズとディテールを高精度に判別する処理が追加され、ノイズを抑制しながら映像の精細感をさらに高めることができるようになったという。

「4Kファインリマスターエンジン」も進化。時間軸方向も参照することで、よりの高精度にノイズ低減が行えるようになった

「4Kファインリマスターエンジン」も進化。時間軸方向も参照することで、よりの高精度にノイズ低減が行えるようになった

音質面では、両シリーズとも立体音響技術「Dolby Atmos」に対応。「LX950」シリーズは、本体背部にイネーブルドスピーカーを搭載しており、AIを活用してシーンに応じて音質を調整する「オートAI音質」を組み合わせることで、より立体的なサラウンドを楽しめるようになっている。

上位モデルの「LX950」シリーズは、イネーブルドスピーカーを搭載。設置環境・視聴ポジションに合わせて自動で音質補正が行える「Space Tune Auto」にも対応している

上位モデルの「LX950」シリーズは、イネーブルドスピーカーを搭載。設置環境・視聴ポジションに合わせて自動で音質補正が行える「Space Tune Auto」にも対応している

使い勝手の面では、Bluetoothリモコンのダイレクトボタンを8個に増大。YouTube、Disney+、Paraviのボタンが新設され、ネット動画をもっと快適に楽しめるようになったのがポイントだ。また、ゲーミングユーザー向けに、ゲームに特化したユーザーインターフェイス「ゲームコントロールボード」が新たに追加されたのも見逃せない。ゲームプレイ時に映像のフレームレートやHDRメタデータなどのソース情報を表示できたり、暗部を調整して見やすくする「暗部視認性強調」といったゲームプレイに特化した機能を利用できるようになっている。

Bluetoothリモコンのダイレクトボタン。YouTube、Disney+、Paraviのボタンが新設された

Bluetoothリモコンのダイレクトボタン。YouTube、Disney+、Paraviのボタンが新設された

ゲームプレイに特化した機能をまとめた「ゲームコントロールボード」を新たに搭載。映像のフレームレートやHDRメタデータなどのソース情報も確認できるようになっている

ゲームプレイに特化した機能をまとめた「ゲームコントロールボード」を新たに搭載。映像のフレームレートやHDRメタデータなどのソース情報も確認できるようになっている

遠山俊介(編集部)

遠山俊介(編集部)

PC・家電・カメラからゲーム・ホビー・サービスまで、興味のあることは自分自身で徹底的に調べないと気がすまないオタク系男子です。最近はもっぱらカスタムIEMに散財してます。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る