ニュース
パネル、バックライト、エンジンのすべてを刷新!

東芝渾身の新型4Kテレビ「REGZA Z20X」の高画質をいち早く体感した!

東芝は、4K液晶テレビの新しいフラッグシップモデル「REGZA Z20X」シリーズを2015年11月上旬より発売する。65V型「65Z20X」、58V型「58Z20X」、50V型「50Z20X」の3モデルが用意され、市場想定価格は順に64万円前後、45万円前後、37万円前後(いずれも税別)。パネル、バックライト、映像処理エンジンが一新された東芝渾身の製品で、人気の従来モデル「REGZA Z10X」シリーズを超える高画質4Kテレビに進化している。今回、新製品体験会においていち早くその画質をチェックすることができたので、くわしくレポートしよう。

65V型「65Z20X」、58V型「58Z20X」、50V型「50Z20X」の3モデルがラインアップするREGZA Z20X

65V型「65Z20X」、58V型「58Z20X」、50V型「50Z20X」の3モデルがラインアップするREGZA Z20X

あのCELL REGZAの約11倍となる高コントラストを実現

東芝のREGZAは、画質にこだわった製品開発で多くのファンがいる液晶テレビだ。他メーカーのテレビ製品も画質を重視しているのは同じだが、最近のREGZAは、特に、コントラストが高く、すぐれた色再現性を実現している点で高い評価を得ている。

液晶テレビの画質技術では、パネル、バックライト、映像処理エンジンの3つが重要なポイントになるが、東芝は、これら3つすべてにこだわっている。ピーク輝度が高いパネルを採用し、直下型LED(全面直下LED)バックライトによるエリアコントロールを継続して採用しているのが、他メーカーにはない特徴だ。映像処理エンジンの開発にも力を入れており、新モデルをリリースするたびに、超解像技術やノイズリダクション、広色域復元、HDR復元といった高度な画像処理技術を進化させてきている。

今回の新モデルREGZA Z20Xでは、パネル、バックライト、映像処理エンジンの3つすべてが刷新された。「レグザパワーディスプレイシステム」と銘打ち、新開発の高輝度パネル、エリア数が拡大した直下型LEDバックライトを採用。映像処理エンジンも、構想から3年の月日を費やして新たに開発した「4KレグザエンジンHDR PRO」に生まれ変わり、これまで以上の高画質化処理を実現している。

新開発の高輝度パネル、エリア数が拡大した直下型LEDバックライトを採用

新開発の高輝度パネル、エリア数が拡大した直下型LEDバックライトを採用

新開発の「4KレグザエンジンHDR PRO」

新開発の4KレグザエンジンHDR PRO

新開発のパネルはVA方式で、ピーク輝度は1000nitを超える。全白でも800nitというハイスペックを実現した高輝度パネルだ。2010年発売のモンスターマシン「CELL REGZA 55X2」でもピーク輝度1250nit、全白500nitであったので、これまでのREGZAの中でもナンバーワンの高輝度を実現していることになる。これほどまでの高輝度を実現したキーポイントとなるのが、4KレグザエンジンHDR PROに搭載されたバックライト制御技術「直下型LEDハイブリッドエリアコントロール」だ。この技術では、点灯時間に加えて電流駆動による輝度制御を行うようになっており、輝度の向上に加えて、緻密なエリアコントロールも実現。バックライトのエリア数は非公開だが、512ブロックのCELL REGZA 55X2と比べて、約11倍もの高コントラストを実現しているという。

さらに、新開発パネルは色域も広く、デジタルシネマ規格「DCI-P3」をカバーするだけでなく、4K放送などの色域規格「BT.2020」の色域を約80%カバーする広色域パネルとなっている(一般的には70%程度をカバー)。特定の色を伸ばしているわけではなく、RGBすべての色を広げることで、従来以上に自然でリアルな色彩を再現したとしている。

また、REGZA Z20Xは、ハーフグレアではなく、光沢のあるグレアパネル仕様になっているのも見逃せない。液晶テレビは一般的に、外光の映り込みを防ぐためハーフグレアパネルを採用しているが、REGZA Z20Xでは、よりクリアでコントラストの高い表示を実現するため、あえてグレアパネルを採用した。東芝は、過去に、高画質で評価された「REGZA Z9000」シリーズなどでグレアパネルを採用したことがあり、久しぶりに復活したことになる。気になる映り込みについては、ARコートを採用することでかなり抑えられている。従来モデルのREGZA Z10Xと見比べてみても、ほとんど違いがなかった。

4KレグザエンジンHDR PROに搭載されたバックライト制御技術「直下型LEDハイブリッドエリアコントロール」

4KレグザエンジンHDR PROに搭載されたバックライト制御技術、直下型LEDハイブリッドエリアコントロール

直下型LEDハイブリッドエリアコントロールのデモ。映像の変化にあわせて、バックライトの明るさのエリアが細かく制御されているのがわかる(※音声は削除しています)

BT.2020の色域を約80%カバーする広色域パネル

BT.2020の色域を約80%カバーする広色域パネル

光沢のあるグレアパネル仕様を採用

光沢のあるグレアパネル仕様を採用

超解像処理とノイズリダクションが大幅に向上。HDR復元も絶大な効果を発揮

続いて、実際にREGZA Z20Xの画質をチェックしてみてのインプレッションをお届けしよう。

その前に、新開発の映像処理エンジン「4KレグザエンジンHDR PRO」が搭載する主要な高画質化技術をまとめておこう。LSIそのものを刷新することで、バックライトのエリアコントロール技術、色域復元技術、超解像技術、ノイズ処理技術といった、これまで東芝が培ってきた技術がすべて進化している。

「直下型LEDハイブリッドエリアコントロール」
点灯時間に加えて電流駆動による輝度制御を行うことで、高輝度・高コントラストを実現。

「4K広色域復元プロ」
64色軸の高精度色空間処理で、最明色を超えない自然な色彩を実現。

「アドバンスドHDR復元プロ」
ダイナミックレンジを拡大することにより、HDR映像のように立体感・奥行き感を向上。

「2段再構成型超解像」
2段階の再構成型超解像技術で素材の質感をリアルに再現。

「マルチアングル自己合同性超解像」
さまざまな角度の斜めエッジに対応し、映像や文字の斜め部分もさらになめらかに再現。

「ノイズリダクション連携 複数フレーム超解像」
ノイズ量に応じて超解像効果とノイズ低減効果のバランスを整え、チラつきを抑えたクリアな映像を実現。

「動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR」
動きのある映像もノイズを抑えたクリアな映像を再現。

「絵柄構造適応型MPEG-NR」
絵柄の構造にあわせたノイズ低減処理でエッジ周辺に発生しがちなモスキートノイズを低減。

「インテリジェント質感リアライザー・プロ」
従来比3倍となる5082種類もの輝度変換テープルから平均輝度に応じて異なる画質データを適用し、質感描写が向上。

「4Kクリアダイレクトモーション480」
動き検出性能の向上で、ぼやけの少ない動画表示を実現。変則リピートパターンにも対応する。

「4Kゲーム・ターボ プラス」
1080p 120Hz入力対応に加え、約0.83msecの低遅延を実現。格闘ゲームやFPSを高速レスポンスで楽しめる。

今回の画質チェックにおいては、これらの技術の中で、
「動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR」
「ノイズリダクション連携 複数フレーム超解像」
「マルチアングル自己合同性超解像」
「絵柄構造適応型MPEG-NR」
「アドバンスドHDR復元プロ」
といった技術の効果を感じることができた。

今回、特に大きな進化を感じたのが、超解像技術とノイズリダクションだ。まず、「動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR」によって、動きにある映像に対して、より精細感のある画質を実現していたのに驚かされた。ゆっくりとパンするような映像に対して有効な技術で、動いている対象物を把握しながら、従来の2フレームから3フレームに拡張して処理を行うようになったうえ、平坦な部分では5フレームを使ってノイズ低減を行うようになった。これにより、平坦部でのノイズを大幅に低減しつつ、動いている部分での精細感が上がった。たとえば、風景をゆっくりとした動きで撮影した映像では、木々のディテールがこれまで以上にしっかりと残ることが確認できた。動く映像に対してぼやけることが減り、従来以上に4Kの精細感が強まったと感じた。

動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR

動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR

さらに興味深かったのは、この「動き追従ノイズパターン抽出型3次元NR」と超解像技術を組み合わせた「ノイズリダクション連携 複数フレーム超解像」だ。映像のノイズ量に応じて、超解像処理と3次元NRの効果を可変する仕組みで、ノイズが多い場合は3次元NRを、逆に少ない場合は超解像処理を強めるようになっている。その判別には映像の画素ごとにノイズ量を解析するという細かい処理が行われており、新しい映像処理エンジンのパワーを感じる技術だ。超解像処理は、特に高域成分が多い映像だと精細感と同時にノイズも増やしてしまうことになるが、この新技術によって、ノイズを抑えながらも精細感を上げることを実現している。特に、地上デジタル放送の圧縮映像でその効果を確認できた。

ノイズリダクション連携 複数フレーム超解像

ノイズリダクション連携 複数フレーム超解像

加えて、アニメの輪郭部分や文字テロップなどに対しても新しいアプローチが行われている。「マルチアングル自己合同性超解像」では、これまで水平から45度までの角度の線に対して効果があったが、これが90度まで対応するようになった。エッジが立つ線に対しても、なめらかに表示できるようになったのである。また、「絵柄構造適応型MPEG-NR」では、放送波の圧縮映像で発生しがちなエッジ周辺でのモスキートノイズをさらに抑制できるようになった。これまではノイズフィルターを一様にかけていたが、処理対象の画素周囲で絵柄の相関性を解析し、形状にあわせてフィルターの重みを可変する処理に進化。これにより、モスキートノイズを抑えつつ、フォーカス感・精細感も上がった。

マルチアングル自己合同性超解像

マルチアングル自己合同性超解像

絵柄構造適応型MPEG-NR

絵柄構造適応型MPEG-NR

また、取材では、今後の4Kテレビの大きなトピックとなる「HDR(High Dynamic Range)」に関する興味深いデモもあった。HDRとは、次世代の4K Blu-ray規格「Ultra HD Blu-ray」などで採用される新規格で、映像そのもののダイナミックレンジを大幅に拡張するのが特徴だ。現行の色域規格「BT.709」を採用するテレビ放送やブルーレイでは輝度ピークが100nitに抑えられているが、HDRではそれが最大1000〜10000nitにまで向上して記録できる(※現行の規格はHDRに対してSDR:Standard Dynamic Rangと呼ばれている)。SDRフォーマットではカメラが記録したダイナミックレンジを圧縮して(白とびを防ぐため高輝度領域を圧縮して)記録しなければならないが、輝度ピークが最大100倍に拡張するHDRフォーマットであれば、映像本来のダイナミックレンジを表現することができ、従来よりもリアリティのある画質が得られるというわけだ。

REGZA Z20Xは、HDRフォーマットの映像入力に対応しているが、それだけでなく、SDRの映像のダイナミックレンジを拡大する「アドバンスドHDR復元プロ」という独自技術が搭載されている。映像の輝度ヒストグラムから圧縮特性をリアルタイムに推定し、高輝度領域を復元する技術で、従来より採用されているが、この技術も大きく進化している。

デモとして用意されていたのは、HDRで記録された映像と、それをSDRに圧縮した映像を使って「アドバンスドHDR復元プロ」の効果を確認できるもの。「HDR対HDR復元」をチェックすることができたわけだが、HDR映像は確かにハイライト側の階調が豊かな画質であった。だが、REGZA Z20XでHDR復元したものもかなりクオリティが高く、シーンによっては、むしろ、復元したほうがピークの伸びがよく、抜けがよいと感じることもあった。HDRクオリティにかなり肉薄しているという印象を受けた。

アドバンスドHDR復元プロ

アドバンスドHDR復元プロ

HDR入力では海面のハイライト部の階調が出ているが、SDR入力はそれがつぶれている。写真ではうまく再現できなかったが、実際のSDR入力の映像は抜けが悪く、色がくすんでみえた

HDR復元によって、明るくてクリアな映像になった。ピークの伸びがよいので、ハイライトの抜けについては、HDR入力のほうが良好と感じるシーンもあった

まとめ

REGZA Z20Xは、これからの本格的なHDR時代に向けて開発された「レグザ史上最高」をうたう高画質4Kテレビだ。東芝は、あのCELL REGZAをも超える画質と胸を張る。画質面では、超解像処理とノイズリダクションの向上をレポートしたが、パネルのスペック、バックライトの処理などの性能アップにより、全体的には、従来以上にコントラストが高く、非常に抜けのよい画質を実現していると感じた。従来モデルのREGZA Z10Xシリーズも高画質だったが、それを超える画質であるのは間違いないところ。

最後に、REGZA Z20Xの画質以外での主要な機能を簡単に押さえておこう。4K放送に対応しており、「Channel 4K」や「スカパー!プレミアムサービス」の4K専門チャンネルの番組を4K画質で視聴することが可能。「Netflix」や「ひかりTV 4K」、「4Kアクトビラ」といった、4Kの映像配信サービスにも対応している。また、外付けの対応USB HDDを接続することで地デジ6chの番組をまるごと録画できる「タイムシフトマシン」の利用も可能だ。これ以外にも、録画番組のDLNA配信や再生といったネットワーク系の機能も充実している。このあたりの多機能なところは、従来のREGZAをしっかりと継承している。

「Channel 4K」や「スカパー!プレミアムサービス」の4K専門チャンネルの視聴が可能

「Channel 4K」や「スカパー!プレミアムサービス」の4K専門チャンネルの視聴が可能

今話題の映像配信サービス「Netflix」にも対応している

今話題の映像配信サービス「Netflix」にも対応している

真柄利行(編集部)

真柄利行(編集部)

体力勝負ならそこそこ強い編集部デスク。カメラやAV家電を中心に製品のレビュー記事を担当しています。撮られるのは苦手ですが撮るのは好きです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る