レビュー
「Siri」で操作性がアップ! 「App Store」でできることが無限大に!

テレビにiPhoneの楽しさを! 進化した「Apple TV」を試す

アップルは2015年10月30日、テレビに接続して映画やドラマを楽しめるセットトップボックス「Apple TV」の新モデルを発売した。3年半ぶりにモデルチェンジされた新しいApple TVは、「iPhone」と同じように、アプリが追加できるようになり、映画やドラマだけでなく、ゲームなども楽しめるようになった。また、音声アシスタント機能「Siri」にも対応し、音声で見たい映画を探し出せるようにもなっている。使い勝手はどう進化しているのだろか?

3年半ぶりにモデルチェンジしたApple TV。価格.com最安価格は64GBモデルが26,780円、32GBモデルが19,870円(2015年11月10日時点)

「A8チップ」でパワーアップ! セットアップは超簡単

まずは外観から見ていきたい。本体のデザインは従来モデルからほとんど変わっていないが、高さが少しだけ増している。本体サイズは98(幅)×98(奥行)×35(高さ)mm、重量は425g。他社のスティック型のセットトップボックスに比べると大きいが、テレビの近くに設置するには問題になるほどではないだろう。外部インターフェイスには、HDMI 1.4、100BASE-TのEthernet(有線LANポート)、USB-C(サービスおよびサポート用)を備える。従来モデルにあった光デジタル音声出力端子はなくなった。Wi-Fiは、MIMO対応のIEEE802.11acをサポートする。

プロセッサーには、「iPhone 6/6 Plus」と同じ「A8チップ」を搭載し、グラフィックスを駆使したゲームも快適に楽しめる。グラフィックスAPI(アプリケーションプログラミングインターフェイス)「Metal(メタル)」も採用しており、描画性能は従来モデルから、かなりパワーアップしている。後述する「Siri Remote」を使った操作も非常に軽快だ。ただし、期待されていた4Kへの対応は見送られている。

iPhone 6 Plusとの比較

iPhone 6 Plusとの比較

外部インターフェイス。光デジタル音声出力端子がなくなり、サービスおよびサポート用のUSB-Cポートを搭載する

セットアップは、電源ケーブルを接続して、HDMIケーブルでテレビと接続するだけ。続いて無線LANを設定するのだが、これが拍子抜けするほど簡単にできる。一般的なセットトップボックスは、ネットワークの設定画面に移動し、SSIDを探して、暗号化キーを入力してといった操作が必要だが、新しいApple TVでは、すでに無線LANにつながっているiPhoneなどのiOSデバイスを経由して行える。SSIDを探したり、暗号化キーを入力したりする必要はない。映画やアプリのレンタルや購入に必要な「Apple ID」とパスワードの入力もiOSデバイスから行えるので、ケーブルを挿して5分もかからずに使い始められるのだ。

Apple TVの設定は、iOSデバイスとのペアリングからはじまる

Apple TVの設定は、iOSデバイスとのペアリングからはじまる

ペアリングしたiOSデバイスをApple TVに近付けると、iOSデバイスを経由して無線LANの設定ができる。Apple IDとパスワードの入力もiOSデバイスが行えるので、Apple TV上で文字を入力したり、リモコンを使ったりする必要はない。簡単にセットアップができる

本体同様、ユーザーインターフェイスも従来モデルから大きく変わっていない。一番上は、選択中のアプリの情報(「iTunes movies」なら、購入済みの作品やトップ映画)が表示される

タッチパッドと音声で操作する「Siri Remote」

本体は大きく変わっていないが、付属のリモコンはガラリと変わっている。「Siri Remote」と呼ばれる新しいリモコンは、クラシックな十字ボタンがなくなり、「Touchサーフェス」と呼ばれるガラス製のタッチパッドが搭載されている。テレビに表示されたアイコンを指で触って操作しているかのようで、実に直感的に操作できる。カーソルは表示されないため、どのアイコンを選んでいるのかがわからなくなるときもあるが、Touchサーフェス上で指を動かすと、選択中のアイコンが震えるので、どのアイコンを選んでいるのかが一目でわかる。このほかSiri Remoteには、メニューボタン(戻る操作も兼用)、ホーム画面を表示するホームボタン、音声入力時に利用するSiriボタン、再生/一時停止ボタン、音量ボタンの5つのボタンを備える。

Touchサーフェスを使った操作は直感的なのだが、どうも動きが遅くて使いにくい。トラッキングの速度を「高速」に設定したところ、快適に使えるようになった。「低速」にも設定できるので、速すぎると感じる人は遅くするといいだろう。また、Bluetooth接続なので、操作するためにリモコンをApple TVに向ける必要はない。

ちなみにメニューボタンを2回押すと、Apple TV用にヘリコプターやドローンで空撮した超美麗なスクリーンセーバーに切り替わる。

Siri Remote。上部がガラス製のTouchサーフェス

Siri Remote。上部がガラス製のTouchサーフェス

すっきりしたデザインの背面。上部にはSiri用のマイクを搭載する

すっきりしたデザインの背面。上部にはSiri用のマイクを搭載する

Touchサーフェスのトラッキングスピードは3段階で調整できる

Touchサーフェスのトラッキングスピードは3段階で調整できる

Siriを使って、見たい映画を探すときは、Siri RemoteのSiriボタンを押しながら話しかける。話しかけるといっても、口元にSiri Remoteを近付ける必要はない。Siri RemoteにはSiri用のマイクが2つ搭載されており、少々離れていても問題なく認識してくれる。

Siriを使った映画の検索は、作品名や出演者名、ジャンルなど幅広いキーワードで探せる。「アニメ」→「今年の作品だけ」といった具合で絞り込みもできる。見たい映画を探すという点では、Siriは非常に有効だと感じた。海外では、「Netflix」や「Hulu」など、ほかの映像配信サービスの作品も横串で検索できるが、日本ではいまのところ、検索結果はiTunes Storeだけに限られている。

このほか、スポーツの試合結果、再生操作(1分前、5分先など)、天気の表示、株価のチェック、写真の検索(「2014年に撮影した写真」など)もSiriでできる。なお、ミュージックアプリの操作はSiriではできなかった。「U2を流して」と話しかけると、「すみません、音楽についてはお手伝いできません。」となってしまう。「YouTube」で見たい動画を検索する、といったときもSiriは利用できない。

「渡辺謙さんが出ている映画」で検索した結果

「渡辺謙さんが出ている映画」で検索した結果

「アニメ映画」で検索した結果

「アニメ映画」で検索した結果

さらに、「今年の映画」で検索すると、今年リリースされたアニメ映画に絞り込める

さらに、「今年の映画」で検索すると、今年リリースされたアニメ映画に絞り込める

「App Store」対応でApple TVは大化けする可能性あり!

新型Apple TVの一番のポイントは、OSが「tvOS」となり、「App Store」に対応したことだ。従来のApple TVは、アップルが提供したアプリしか利用できなかったので、大きな変化と言える。スタートしたばかりで、アプリの数は少ないが、映像配信系からゲーム、動く絵本、フィットネスなど、テレビと相性が良さそうなアプリがそろっている。

ゲームに関しては、iPhoneで人気のカジュアルゲームから、Metalを活用したレースゲームなどがラインアップされている。Siri Remoteには加速度センサーとジャイロスコープが搭載されており、たとえば、レースゲームならリモコンをハンドルにして、左右に傾けて車を操れる。いくつかのゲームアプリを試したが、大画面のテレビで遊ぶと、やはり迫力があって面白い。音楽に合わせて、Siri Remoteを振って遊ぶ「Beat Sports」など、新しいApple TVの機能を存分に活用したゲームもある。アプリがそろえば、Apple TVは家庭用ゲーム機としての存在感も増しそうだ。

Apple TV用のApp Store

Apple TV用のApp Store

Siri Remoteをハンドル代わりにして操作するレースゲームアプリ「Asphalt8」。家庭用ゲーム機に負けないほどのクオリティだ

ゲームアプリは、意外とデータ容量が少ない。32GBモデルでもストレージ不足に困ることはないかもしれない

ゲームアプリは、意外とデータ容量が少ない。使い方にもよるが、32GBモデルでもストレージ不足で困ることはないかもしれない

旧モデルのユーザーの買い替えを促すにはアプリの充実が不可欠

グーグルの「Nexus Player」、NTTドコモの「dTVターミナル」、アマゾンジャパンの「Fire TV」など、セットトップボックスが続々と登場している。そんな中で、Apple TVの強みは、当たり前だがiTunes Storeが使えることだ。iPhoneやiPadを使って、iTunesからコンテンツをたくさん購入しているなら、ほかのモデルを選ぶ理由はない。Siriについては、“映画を探す”のには非常に有効だが、「ここでも音声入力したい」と思う場面に何度か遭遇した。

Apple TV用のApp Storeはスタートしたばかりで現時点では数は少ないが、今後どんなアプリが登場するのか楽しみだ。映画やドラマに特化した旧モデルのユーザーが積極的に買い替えたいと思うかどうかは、アプリ次第とも言える。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ネットワーク機器のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る