4m落下耐衝撃、50m防水、IP6X防塵、-10℃耐低温

ワニに噛まれても大丈夫!? カシオから“最強”のタフカメラ「G'z EYE」

このエントリーをはてなブックマークに追加

カシオ計算機は2017年10月11日、カメラの新ブランド「G'z EYE(ジーズアイ)」を発表した。ダンスやBMX、スケートボード、スノーボード、サーフィンなど、過酷な環境下で行われるエクストリームスポーツの撮影に適したタフネスカメラで、第1弾モデルの「GZE-1」を10月27日に発売する。価格はオープンで、市場想定価格は5万円(税込)前後の見込み。

カシオのタフカメラの新ブランド「G’z EYE」の第1弾モデル「GZE-1」。エクストリームスポーツの撮影に適した、タフネス性能が特徴のアクションカメラ

圧倒的なタフネス性能

G’z EYEは、同社の腕時計ブランド「G-SHOCK」にも使われている、タフネスをあらわす「G」と、決定的な瞬間を見る「目(EYE)」を組み合わせて命名された。第1弾モデルのGZE-1は、液晶モニターを搭載しないタフネス仕様のデジタルカメラで、動画の撮影がメインのため、カテゴリー的にはアクションカメラに分類されるモデルだ。

一番の特徴は、圧倒的なタフネス性能。4m落下耐衝撃性能、50m防水性能、IP6Xの防塵性能、-10℃の耐低温性能を備える。競合他社のタフネスコンデジやアクションカカメラと比べて、ワンランクもツーランクも上のタフネス性能を誇る。同日に行われた発表会では、ダンスやサーフィンを撮影した映像に加え、ワニやサメに噛まれる映像を披露し、その高いタフネス性能をアピールした(動画はカシオの公式サイトで見られるので興味のある方はご覧いただきたい。ワニに噛まれる映像をよく見ると、カバーでGZE-1が覆われており、いわゆる素の状態ではないことがわかるが、インパクトのある映像となっている)。

カバーやケースなしの単体でこれだけのタフネス性能を備えるのが一番の特徴だ

カバーやケースなしの単体でこれだけのタフネス性能を備えるのが一番の特徴だ

無骨なフォルムの本体は、巨大なG-SHOCKのような雰囲気。落下の衝撃からレンズやボタンを保護するために、バンパーを随所に配置したボタンガードシリンダー構造を採用する。このバンパーはボタンへ指を導くガイドとしての役割も果たす。ボタン周りは二重に内装し、内部への水の浸入を防いでいる。さらに、防水部品の上面に櫛歯型の防波構造カバーを設けることで、波による衝撃や水圧からマイクとスピーカーを保護している(原理としてはテトラポットと同じだという)。

本体サイズは74.1(幅)×75.0(高さ)×46.4(奥行)mm、重量は約172g(バッテリー、メモリーカード含む)。

G-SHOCK特有のボタンガードシリンダー構造を採用。落下の衝撃からボタンやレンズをしっかりと保護する

G-SHOCK特有のボタンガードシリンダー構造を採用。落下の衝撃からボタンやレンズをしっかりと保護する

櫛歯型防波構造は、テトラポットと同じ役目で、波の衝撃や水圧からマイクとスピーカーを保護する

櫛歯型防波構造は、テトラポットと同じ役目で、波の衝撃や水圧からマイクとスピーカーを保護する

本体上部には動画撮影ボタンを搭載。回転するような造形だが、回転はしない。左に静止画撮影ボタン兼スローボタン、右に電源ボタンを備える

背面はステンレス製のパネルを採用。G-SHOCKのように細部までこだわって作られている

背面はステンレス製のパネルを採用。G-SHOCKのように細部までこだわって作られている

背面のカバーを外すと着脱式バッテリーと充電用のmicroUSB端子、microSDメモリーカードスロットが現れる。撮影枚数は約355枚、フルHD動画連続撮影時間が約1時間35分(どちらもカメラ単体動作時)

目で見てからスローにできる「ドラマチックスロー」

画質面では、有効690万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサーを採用。6M(3008×2256)の静止画と、フルHD(1920×1080、30fps)の動画を撮影できる。35mm判換算で13mm相当の超広角レンズを搭載しており、背景を含めた臨場感のある映像を撮影できるほか、ダンスなどでは近距離での撮影が可能。画角は静止画が190.8°、動画が170.4°。上下左右とロール方向の3軸の動画手ブレ補正機能を備えており、ブレを抑えた動画を撮影できる。手ブレ補正の効果は「強」と「標準」の2種類から選べるが、「強」に設定すると動画撮影時の画角が狭くなるという。

動画の一部をスローモーションで撮影できる「ドラマチックスロー」にも注目したい。動画撮影中にスローボタンを押すだけで120fpsまたは240fpsのスローモーションに切り替えられる。スローにするタイミングは、ボタンを「押す前」「前後」「後ろ」の3つから選択可能。目で見てからスローにできるのがポイントで、エクストリームスポーツの“見せ場”をスローモーションで捉えられる。

そのほか、30fpsの高速連写(最大30枚)、シャッターを押す前の瞬間が撮れる「パスト連写」、タイムラプスなど多彩な撮影機能を備える。

「ドラマチックスロー」は、スローにするタイミングを、ボタンを「押す前」「前後」「後ろ」の3つから選択できる

再生や細かな操作はスマホを利用

エクストリームスポーツ中にボタンを見ずに操作できるように、本体には、電源ボタン、動画撮影ボタン、静止画撮影ボタン兼スローボタンなど必要最低限のボタンしかない。撮影した動画の再生や細かな設定は、専用アプリ「G’z EYE」(無料)をインストールしたスマートフォンで行う。専用アプリではリモートシャッターや転送前の動画の簡易再生などが可能。簡易再生で気に入った動画だけをスマートフォンにコピーするといった使い方ができる。

撮影した動画や写真は専用アプリをインストールしたスマートフォンで行う。スマートフォンとの接続はBluetoothとWi-Fiを利用する

別売でリモートコントローラー「GEC-1」(税別6,000円)と液晶コントローラー「GEC-10」(税別2万円)を用意。これらを組み合わせれば、スマートフォンを使わずに手元でシャッターを切るなどの操作が行える。同社のスマートウォッチ「PRO TREK Smart WSD-F20」との連携も可能だ。このほかアクセサリーとして、GZE-1を体に装着できるチェストマウントハーネス「GEA-1」(税別7,000円)、スタンド付カラビナ「GEA-2」(税別5,000円)、ジンバル「GEA-3」(税別5万円、2018年3月発売予定)を用意する。

チェストマウントハーネス「GEA-1」

チェストマウントハーネス「GEA-1」

スタンド付カラビナ「GEA-2」と液晶コントローラー「GEC-10」

スタンド付カラビナ「GEA-2」と液晶コントローラー「GEC-10」

ジンバル「GEA-3」とFRシリーズのオプション「EAM-4(マルチアングルスティック)」を組み合わせたもの

ジンバル「GEA-3」とFRシリーズのオプション「EAM-4(マルチアングルスティック)」を組み合わせたもの

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.12.15 更新
ページトップへ戻る