イベントレポート
シグマやタムロンが新レンズを発表。キヤノンの自動バウンスストロボにも注目

「CP+2018」で見かけた注目の新製品【レンズ・アクセサリー編】

カメラボディ編」に続き、「CP+2018」で見かけた注目の新製品をピックアップ。「レンズ・アクセサリー編」として、各メーカーのレンズ新製品と、ストロボなどのアクセサリーを紹介しよう。

シグマから「Artライン」の新モデルが登場。Eマウント版のリリースも発表

シグマはCP+2018の開幕にあわせて積極的な動きを見せた。描写力の高さで人気の「Artライン」の新モデルとして、3月9日発売の「14-24mm F2.8 DG HSM」を展示したほか、「70mm F2.8 DG MACRO」と「105mm F1.4 DG HSM」の2本の開発も発表したのだ。

14-24mm F2.8 DG HSMは、ズーム全域で開放F2.8を実現した大口径・広角ズームレンズ。特殊低分散ガラスのFLD(“F” Low Dispersion)ガラスを3枚、SLD(Special Low Dispersion)ガラスを3枚採用するうえ、大口径非球面レンズなど非球面レンズも3枚使用し、色収差と歪曲収差を徹底的に抑えた設計を実現。防塵防滴性の高い構造を採用するのも特徴だ。展示されていた実機を触ってみたが、ズームリング・フォーカスリングともに動きが固く、しっかりした作りになっているようだ。対応マウントはシグマ、ニコン、キヤノン。希望小売価格は19万円(税別)となっている。

超広角14mm対応の14-24mm F2.8 DG HSM。Artラインは、超広角12mm対応の「12-24mm F4 DG HSM」、開放F1.8の「14mm F1.8 DG HSM」など充実したラインアップとなっているが、また1本魅力的なレンズが加わった

70mm F2.8 DG MACROは、“カミソリマクロ”の名称で評価された2006年発売の「MACRO 70mm F2.8 EX DG」の進化版。2つのフォーカスレンズ群を異なる移動量で動かす繰り出し式のフローティングフォーカスを採用し、最短撮影距離から無限遠までの高画質を実現。レンズ構成では、FLDガラスを2枚、SLDガラスを2枚採用するほか、屈折率が高く異常部分分散性の高いガラスも1枚採用。非球面レンズも2枚使用するという贅沢な仕様で、シャープな合焦部と、色にじみのないボケとの対比を楽しめるレンズに仕上がっているという。対応マウントはシグマ、キヤノン、ソニーEマウント。発売時期や価格は未定。展示されていた開発中のベータ機ではフォーカスリングのトルク感がやや軽いのが気になったが、高い描写力のマクロレンズとして人気を集めそうだ。

描写力を重視して、インナーフォーカスではなく繰り出し式のフローティングフォーカスを採用した70mm F2.8 DG MACRO

105mm F1.4 DG HSMは、シグマがお得意とする開放F1.4の大口径レンズシリーズの新モデル。これまでフルサイズ用は5本、APS-C用は3本を製品化してきたが、本レンズはシグマの開放F1.4シリーズとしては最長の焦点距離となる。FLDガラス3枚、SLDガラス2枚、非球面レンズ1枚を含む12群17枚の贅沢なレンズ構成を採用し、最高レベルの解像力とボケ味を両立した「BOKEH-MASTER」ともいうべき1 本になるという。各所にシーリングを施した防塵防滴性の高い構造も採用。対応マウントはシグマ、ニコン、キヤノン、ソニー Eマウント。発売時期や価格は未定。

105mm F1.4 DG HSMは外観のみの展示で実際に試すことはできなかった。105mmのF1.4レンズということで重量は1645gとなっている。三脚座は着脱式

さらにシグマは、Artラインの単焦点レンズの対応マウントに、ソニーEマウントを追加することも発表。CP+2018のシグマブースでは、発表直後にもかかわらずソニーEマウント用の単焦点レンズがずらりと並んでいた。実際に試してみたが、「ファストハイブリッドAF」にも対応しており、AFのスピードは申し分ない。マウントコンバーター「MC-11」では非対応だったAF-Cを利用できるのもうれしい点だ。カメラ内のレンズ補正にも対応している。発売時期は未定だが、それほど遅くないタイミングで登場するのではないだろうか。なお、Eマウント用の発売後であれば、既存製品のEマウントへのマウント交換(有償)も対応するとのこと。

また、シグマは、キヤノン製デジタル一眼レフのレンズ光学補正に対応する、交換レンズ用ファームウェア(Ver.2.00)のリリースも発表。第1弾として、「Contemporaryライン」の望遠ズームレンズ「100-400mm F5-6.3 DG OS HSM」や、Artラインの「35mm F1.4 DG HSM」「50mm F1.4 DG HSM」などのファームウェアが2018年3月7日にリリースされる予定だ。

シグマのブースでは発表されたばかりの、ArtラインのEマウント版が展示されたいた

シグマのブースでは発表されたばかりの、ArtラインのEマウント版が展示されたいた

タムロンはコンパクトな望遠ズームレンズを展示。フルサイズEマウントレンズの開発発表も

タムロンのブースでは、フルサイズ対応の新しい望遠ズームレンズ「70-210mm F/4 Di VC USD(Model A034)」が展示されていた。このレンズの特徴は、重量850g・全長174mmと、焦点距離70〜200mmで開放F4のレンズとしてはコンパクトにまとまっていること。実機を試すことができたが、最大径76mmと鏡筒が細く設計されているのも取り回しがよく、軽くて手持ち撮影がしやすい望遠ズームレンズだと感じた。

レンズ構成は、LD (Low Dispersion: 異常低分散) レンズ3枚を含む14群20枚。最大撮影倍率は70-200mm F4クラスのレンズとしては最大となる1:3.1で、被写体に近づいて撮影できる仕様になっている。ズーム機構はインナーズーム方式を採用。制御システムにはデュアルMPU(マイクロプロセッサ)を採用し、高速・高精度なAFと強力な手ブレ補正効果を両立した。防汚コートや簡易防滴構造も採用している。対応マウントはニコンとキヤノン。発売はニコン用が2018年4月2日、キヤノン用が4月26日。希望小売価格は95,000円(税別)となっている。

70-210mm F/4 Di VC USD(Model A034)は小型・軽量な望遠ズームレンズ。接写に強いのも特徴だ

70-210mm F/4 Di VC USD(Model A034)は小型・軽量な望遠ズームレンズ。接写に強いのも特徴だ

また、タムロンは、同社初となるフルサイズEマウント対応の大口径・標準ズームレンズ「28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)」の開発も発表。このレンズは、開放F2.8の大口径ながら重量550g・全長117.8mmの小型・軽量化を実現したのが特徴。広角端の最短撮影距離は0.19mと短く、広角レンズらしいパースを生かしたダイナミックな表現が可能となっている。AF駆動には静粛性にすぐれたステッピングモーターユニット「RXD (Rapid eXtra-silent stepping Drive)」を搭載し、「ダイレクトマニュアルフォーカス(DMF)」にも対応。防汚コートや簡易防滴構造も採用している。発売は2018年中頃を予定。価格は未定となっている。

28-75mm F/2.8 Di III RXD(Model A036)は外観のみの展示。タムロンとしては初のフルサイズEマウント対応レンズで期待値の高い製品だ

新シリーズ「opera」を発表したトキナー。「FíRIN 20mm F2 FE」のAF版も登場

トキナーからはフルサイズ一眼レフ用の新シリーズ「opera」が発表された。operaは、高画素センサーを採用する新世代のフルサイズ一眼レフでの使用を想定した、高級レンズシリーズ。第1弾として、大口径・標準レンズ「opera 50mm F1.4 FF」が用意される。

opera 50mm F1.4 FFは、レンズ構成などの詳細は不明だが、AF駆動にリング型の超音波モーターを採用。随所にシーリングを施すことで防塵・防滴仕様も実現。ニコン用とキヤノン用が用意されるが、ピントリングの回転方向はニコン用とキヤノン用で分けるとのこと。また、トキナーレンズとしては初めて、ニコン用に電磁絞りを採用している。発売は2018年夏を予定。価格は未定。

フルサイズ一眼レフ用の新シリーズoperaの第1弾製品、opera 50mm F1.4 FF

フルサイズ一眼レフ用の新シリーズoperaの第1弾製品、opera 50mm F1.4 FF

また、トキナーは、ソニーEマウント用のフルサイズ対応MFレンズ「FíRIN 20mm F2 FE MF」と同じ光学系を採用するAF対応モデル「FiRIN 20mm F2 FE AF」も発表。リング型の超音波モーターを搭載し、高速かつ高精度なAFを実現しているという。発売は2018年4月下旬。価格は未定。

AF対応のFiRIN 20mm F2 FE AF。MF版とは異なり、シンプルな操作性で、絞りリングや距離表示は用意されていない

コシナは「フォクトレンダー」ブランドの新レンズ3本を参考出品

コシナは、「フォクトレンダー」ブランドの新レンズを参考出品。ソニーEマウント用としては、中望遠マクロレンズ「MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount」と、コンパクトな広角・単焦点レンズ「COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mount」の2本を用意。VMマウントの新しい大口径・標準レンズ「NOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM」も展示していた。いずれも発売時期・価格ともに未定だが、MACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mountとNOKTON 50mm F1.2 Aspherical VMについてはタッチ&トライコーナーで試用できるようになっていた。

フローティング構造を採用する中望遠マクロレンズMACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount

フローティング構造を採用する中望遠マクロレンズMACRO APO-LANTHAR 110mm F2.5 E-mount

COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mountは「COLOR-SKOPAR」らしく、全長39.9mmのコンパクト設計

COLOR-SKOPAR 21mmF3.5 Aspherical E-mountは「COLOR-SKOPAR」らしく、全長39.9mmのコンパクト設計

2枚の非球面レンズを採用する開放F1.2の標準レンズNOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM

2枚の非球面レンズを採用する開放F1.2の標準レンズNOKTON 50mm F1.2 Aspherical VM

「Loxia」シリーズの25mm広角レンズをリリースしたカールツァイス

カールツァイスは、ソニーEマウント用のフルサイズ対応MFレンズ「Loxia」シリーズの新モデルとして、開放F2.4・焦点距離25mmの「ZEISS Loxia 2.4/25」を発表。2018年3月1日より発売した。レトロフォーカスデザインのDistagonタイプの広角・単焦点レンズで、レンズ構成は8群10枚。Loxiaシリーズの他モデルと同様、高品位かつコンパクトな金属筐体に、大きな回転角のフォーカスリングを採用。絞りリングのクリックを外すDeClick機能も備わっている。カールツァイスのブースで実機を触ったが、フォーカスリングはやや軽い感じで、「Loxia 2.8/21」に近いフィーリングであった。

Distagonタイプのレンズ構成を採用するZEISS Loxia 2.4/25

Distagonタイプのレンズ構成を採用するZEISS Loxia 2.4/25

ニコンは発売間近の高性能な望遠ズームレンズを展示

ニコンは、レンズの新製品として、2018年3月9日発売の望遠ズームレンズ「AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VR」を展示。このレンズは、一眼レフ用の「NIKKORレンズ」としては初めてレンズ内に1.4倍のテレコンバーターを搭載するのが特徴。内蔵テレコンバーターを使用することで、焦点距離は560mmまで伸びる。操作性も工夫されており、内蔵テレコンバーターの切り替えは、カメラのグリップを握ったまま右手のレバー操作で行える。縦横の構図変更をスムーズにできる三脚座リングや、三脚座をホールドしたままスムーズに操作できるズームリングなど、姿勢を変えずに撮影できるように配慮されているのも特徴だ。描写性能では、蛍石レンズ1枚、EDレンズ8枚を含む19群27枚のレンズ構成を採用し、高画素一眼レフにも対応できる高い解像力を実現。防塵・防滴性能も備わっている。希望小売価格は1,472,000円(税別)。

AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRは、プロ向けの高性能な望遠ズームレンズ

AF-S NIKKOR 180-400mm f/4E TC1.4 FL ED VRは、プロ向けの高性能な望遠ズームレンズ

期待のスターレンズ2本を展示したリコー。標準レンズは試写可能

リコーイメージングは、すでに開発が発表されている、フルサイズ対応のKマウントスターレンズ2本を展示した。「HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW(仮称)」と「HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW(仮称)」の2本だ。いずれも、今後のカメラ性能の向上に対応するために描写力の基準を大幅に底上げして開発されている「新世代のスターレンズ」で、期待値の高いレンズとなっている。

HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW(仮称)は、フルサイズ対応の大口径・標準レンズ。新開発となるリング型の超音波モーターを搭載し、静かで高速なAFが可能。最短撮影距離は0.4m。防塵・防滴構造も採用。マウントは電磁絞り対応のKAF4マウント。発売は2018年春頃を予定とのことで、そろそろ登場する製品だ。タッチ&トライコーナーでは、フルサイズ一眼レフの新モデル「K-1 Mark II」に装着して試写することができた。

HD PENTAX-D FA★50mmF1.4 SDM AW(仮称)は、新世代のスターレンズとしてその描写力に期待したい標準レンズだ

HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW(仮称)は、APS-C用の広角ズームレンズ。35mm判換算で焦点距離17〜27.5mmの画角となる。レンズ駆動はDCモーターで、任意の場所でピント位置を固定できるフォーカスクランプ機能を搭載。防塵・防滴構造も採用している。発売は2018年夏頃の予定。

実機を試すことはできないが、HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW(仮称)も展示されていた

実機を試すことはできないが、HD PENTAX-DA★11-18mmF2.8ED DC AW(仮称)も展示されていた

パナソニックは小型・軽量なLEICAブランドの望遠ズームレンズを展示

パナソニックは、新レンズとして、LEICAブランドの「LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.」を展示。このレンズは35mm判換算で焦点距離100〜400mmの画角に対応する超望遠ズームレンズ。非球面レンズ2枚とUED(特殊超低分散)レンズ2枚を採用することで、ズーム全域ですぐれた描写性能を実現している。重量約655gと小型・軽量設計になっているのも特徴だ。防塵・防滴・耐低温(-10°)性能も備わっている。テレコンバーターの使用にも対応しており、F値は暗くなるものの1.4倍テレコン装着時には35mm判換算で560mm、2倍テレコン装着時は800mmの画角で撮影できる。

パナソニックのブースでは、望遠ズームが並ぶコーナーで、LEICA DG VARIO-ELMARIT 50-200mm/F2.8-4.0 ASPH./POWER O.I.S.を試すことができる

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る