ニュース
コンパクトボディにすぐれた操作性を兼ね備えた注目モデル

ニコン初のAPS-Cミラーレス「Z 50」誕生! 実写作例をいち早く掲載

実写作例

今回、Z 50とキットレンズ2本を組み合わせて撮影を行ったが、どちらのレンズも色収差がよく抑えられており、ピント位置では非常にシャープな描写が得られた。さらに、全体的に抜けがよく、とてもクリアーな色合いに仕上がるのも特徴。Zマウントレンズらしく画面全体で安定した画質を実現した、現代的な写りのレンズだと感じた。キットレンズとしては非常に高い描写力を持っていると思う。

※以下に掲載する作例は、Z 50にNIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRもしくはNIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 Vを組み合わせて、JPEG形式の最高画質で撮影したもの(JPEG撮って出し)になります。

夕暮れ時の逆光を狙った1枚。アクティブD-ライティングは使わずに、ハイライトの抜け感が出るようにした。レンズにとっては厳しい状況だが、ピント位置ではとてもシャープな描写となった。なお、太陽の左右にゴーストのような虹色の光が見られるが、これは自然現象が写ったものになる
Z 50、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR、16mm、F11、1/100秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:スタンダード、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(5568×3712、7.15MB)

広角16mmで被写体に近づき、パースを強めるようにして撮った作例。シャドーから中間調にかけてのトーンがしっかりと出ている。ピント位置は輝度差が強くて色収差が出やすい状況だが、まったくと言っていいほど色収差は見られず、キレのいい描写となっている
Z 50、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR、16mm、F11、1/250秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:オート、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(5568×3712、8.93MB)

この作例では画像中央と周辺の解像感に注目してほしい。広角16mmで少しあおって撮っているため周辺はピントが甘くなって流れるような描写になりがちだが、周辺を含めて画面全体で高い解像感が得られている
Z 50、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR、16mm、F8、1/320秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:オート、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(5568×3712、11.4MB)

薄暗い屋内にて焦点距離50mmの開放F6.3で撮影。スポットライトが当たる本の背表紙にピントを合わせている。ピント位置では細かいところまで表現できている
Z 50、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR、50mm、6.3、1/320秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:強め、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(3712×5568、7.12MB)

こちらも薄暗い屋内で撮影した作例。焦点距離50mmの最短撮影距離(0.3m)付近で、1/15秒の遅いシャッタースピードで撮ってみたところ手ブレを抑えることができた。また、感度はISO1600まで上がったが、暗部ノイズの少ない画質が得られた
Z 50、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR、50mm、F11、1/15秒、ISO1600、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:弱め、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(3712×5568、9.29MB)

日没直後に撮影した夜景作例。広角端16mm、シャッタースピード1/6秒でシャッターを切ったが、手ブレのない成功写真となった。こちらもISO1600の高感度で撮っているものの、ノイズを抑えつつディテールの再現性の画質となった
Z 50、NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VR、16mm、F8、1/6秒、ISO1600、WB:自然光オート、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:オート、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(5568×3712、10.6MB)

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRの望遠端250mm、開放F6.3で撮影した作例。ピント位置ではやや色付きが見られるものの、全体的に色収差はよく抑えられている
Z 50、NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR、250mm、F6.3、1/125秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:オート、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(5568×3712、7.89MB)

こちらは望遠端250mmでF11まで絞って撮影したもの。1/30秒という遅いシャッタースピードになったが、手ブレはしっかりと補正できている
Z 50、NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR、250mm、F11、1/30秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:オート、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(5568×3712、6.65MB)

NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VRの逆光耐性のテストを兼ねて撮影した1枚。わずかにフレアのような現象が見られるが、望遠端250mmで太陽を画面内に入れて、F18まで絞って撮っていることを考慮するとゴーストやフレアはよく抑えられている
Z 50、NIKKOR Z DX 50-250mm f/4.5-6.3 VR、250mm、F18、1/500秒、ISO100、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:オート、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する
撮影写真(5568×3712、5.32MB)

まとめ Zマウントの高画質を気軽に楽しめるのが魅力。NIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRは必携

Z 50を試用してみてもっとも魅力を感じたのは、Zマウントシステムの高画質をコンパクトなボディで気軽に楽しめること。今回は2本のキットレンズを使って画質をチェックしてみたが、2本ともにキットレンズとしては非常に高い描写力を持っていることがわかった。特に、標準ズームレンズNIKKOR Z DX 16-50mm f/3.5-6.3 VRは、そのコンパクトな鏡筒からは想像できないようなすぐれた解像力を発揮してくれた。Z 50を購入するならあわせて手に入れておきたいレンズである。

Z 50の市場想定価格は、ボディ単体が120,000円前後、16-50 VRレンズキットが140,000円前後、ダブルズームキットが170,000円前後(いずれも税込)。価格的には中級機に位置付けられる製品となっている。発売は11月下旬の予定。なお、発売とあわせて最大20,000円がキャッシュバックされるキャッシュバックキャンペーンも実施されている。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る