交換レンズ図鑑
開放F1.8シリーズの4本目が登場

ニコンZマウントの広角レンズ「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」実写レビュー!

ニコンのフルサイズミラーレス「Zシリーズ」が登場して以降、順調にラインアップを拡充している「Zマウントレンズ」。どのレンズも、光学性能に徹底的にこだわった設計となっており、描写力の高さでユーザーから評価を得ている。ここでは、2019年10月18日に発売になった、Zマウントレンズの広角・単焦点レンズ「NIKKOR Z 24mm f/1.8 S」をピックアップ。開放でのボケ味や点光源の再現性などの描写をレビューしよう。

今回、フルサイズミラーレス「Z 7」を使用して、NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sの描写力をチェックした

今回、フルサイズミラーレス「Z 7」を使用して、NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sの描写力をチェックした

贅沢な光学設計とマルチフォーカス方式を採用し、すぐれた解像力を実現

NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sは、フルサイズ対応のZマウントレンズとしては7本目、開放F1.8シリーズとしては4本目となる、焦点距離24mm/開放F1.8の広角・単焦点レンズ。これまでに登場したフルサイズ対応Zマウントレンズと同様、本レンズも、厳しい設計指針と品質基準を満たした高品位グレード「S-Line」に属するレンズとなっている。

S-Lineのレンズらしく贅沢な光学設計で、レンズ構成はEDレンズ1枚と非球面レンズ4枚を含む10群12枚。「NIKKOR Z 35mm f/1.8 S」「NIKKOR Z 85mm f/1.8 S」などと同じく、複数のフォーカスレンズ群を複数の駆動ユニットで高精度に制御することで、全撮影距離で収差を抑えて高い結像性能を実現するマルチフォーカス方式のAF駆動も採用している。他の開放F1.8シリーズと同様、絞り開放から点像再現性が高く、画面中央だけでなく周辺まですぐれた解像力を発揮し、特に中間域から無限遠にかけて解像感にすぐれるのが特徴とのこと。もちろん、他のS-Lineレンズと同じく、従来の多層膜コーティングよりも反射率を抑えた「ナノクリスタルコート」も採用しているので逆光耐性にもすぐれている。

サイズは約78mm(最大径)×96.5mm(長さ)で、重量は約450g。フィルター径は72mm。Fマウント用の「AF-S NIKKOR 24mm f/1.8G ED」よりも13.5mm長く、重量も100g程度重くなっている。最短撮影距離は0.25m(最大撮影倍率は0.15倍)。絞り羽根は9枚円形絞り

他の開放F1.8シリーズと同様、鏡筒の左手側にAF/MFの切り替えスイッチを搭載

他の開放F1.8シリーズと同様、鏡筒の左手側にAF/MFの切り替えスイッチを搭載

付属のバヨネットフード「HB-88」を装着したイメージ

付属のバヨネットフード「HB-88」を装着したイメージ

実写作例

※以下に掲載する作例は、「Z 7」とNIKKOR Z 24mm f/1.8 Sを組み合わせて撮影しています。すべてJPEG形式の最高画質で撮影したもの(JPEG撮って出し)になります。

画面全域での高い解像力

NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sは焦点距離24mmの広角レンズながら、画面全域でシャープな描写を実現している。この作例は絞りをF11まで絞って被写界深度を深くして撮っているが、画面中央だけでなく周辺でもシャープな画質となった。特に周辺は、画面の隅に位置するレースカーテンの網目まで写せているのがすごい。

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F11、1/60秒、ISO64、WB:自然光オート、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、25.1MB)

上の作例の等倍切り出し画像

上の作例の等倍切り出し画像

高コントラストでクリアな描写

解像力に加えてコントラストが高く、クリアな描写が得られるのもNIKKOR Z 24mm f/1.8 Sの特徴。この作例は、窓からやや強めの光が差し込む状況で撮っているが、陰影が印象的な仕上がりとなった。シャドー側の階調もつぶれることなく残っている。

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F2.8、1/500秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、16.25MB)

屋内で威力を発揮

NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sは開放F1.8の明るい広角レンズなので屋内でとても使いやすい。狭い通路にて、絞りをF1.8にしてできる限り水平を出して手持ちで撮ってみたが、24mmのワイドな画角によって狭い空間を広く表現できた。サムネイル画像では伝わりにくいが、背景にかけて滑らかにボケている点にも注目してほしい。

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F1.8、1/30秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、16.5MB)

ボケ味をチェック

以下の4枚の作例では、NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sのボケ味を見てほしい。いずれも近接の開放で撮っている。玉ボケの輪郭で若干色付きが見られることもあるが、焦点距離24mmで開放F1.8というスペックにしては大きなボケ味でクオリティも高い。近接だとピント位置でややシャープさが失われる感じがあるのと、さすがに周辺光量が少し落ちるようだが、軸上色収差はかなり抑えられており、気になるような色収差はほとんど発生していない。

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F1.8、1/640秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:強め、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(5504×8256、18.0MB)

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F1.8、1/13秒、ISO64、WB:晴天、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、15.5MB)

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F1.8、1/50秒、ISO64、WB:昼光色蛍光灯、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、15.5MB)

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F1.8、1/80秒、ISO64、WB:晴天、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、14.9MB)

良好な歪曲収差

歪曲収差をチェックするために撮影した作例。被写体まで1.2mくらいの距離で、できる限り面で撮ることを意識してシャッターを切った。ボディ側の補正もあると思うが、歪曲収差はよく補正されている。

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F4、1/160秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:標準、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、17.6MB)

逆光耐性も高い

以下の2つの作例は逆光耐性をテストしたもの。太陽を画面内に入れた構図で撮っている。光源近くでごく微小なゴーストが出ているところがあるが、気になるようなゴースト・フレアはまったく見られない。光線を切るように工夫して撮っているとはいえ、逆光耐性にもすぐれたレンズと言えるだろう。なお、絞り羽根は9枚なので強い光源では18本の光芒が発生する。

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F11、1/160秒、ISO64、WB:自然光オート、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:標準、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(5504×8256、18.5MB)

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F6.3、1/25秒、ISO64、WB:晴天、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、15.5MB)

開放での点光源の再現性をチェック

夜景を開放で撮影して点光源の再現性を確認してみたが、周辺だとわずかに色のずれやコマ収差が出ることもあるものの、広角24mmのレンズとしては全体的に収差がよく抑えられている。開放で撮ることが多い星景写真でも高画質な撮影を可能にするレンズだと思う。

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 S、F1.8、1/2.5秒、ISO64、WB:オート1、ピクチャーコントロール:オート、アクティブD-ライティング:しない、ヴィネットコントロール:標準、回折補正:する、自動ゆがみ補正:する、JPEG
撮影写真(8256×5504、21.6MB)

上の作例の等倍切り出し画像

上の作例の等倍切り出し画像

まとめ 開放から画面全域ですぐれた解像力を発揮する広角レンズ

Z 7、NIKKOR Z 24mm f/1.8 Sは、Zマウントレンズの開放F1.8シリーズの他モデルと同様、絞り開放から色収差がよく抑えられており、画面全域で高い解像力を発揮するレンズだ。ボケについては若干かたい感じもあるが、広角24mmで開放F1.8のスペックとしては申し分ないクオリティだと思う。近接・開放での細かい描写を見るとNIKKOR Z 50mm f/1.8 SやNIKKOR Z 85mm f/1.8 Sほどの強烈な印象はないものの、非常にすぐれた描写力を持つレンズだ。

本レンズの登場で、Zマウントレンズの開放F1.8シリーズは、24mm、35mm、50mm、85mmと広角から中望遠までひととおり揃ったこととなる。同シリーズの描写で共通しているのは、画面全域での高い解像力、高コントラストで抜けのよい描写、良質なボケ味だ。すべて使用してみて特に印象に残っているのは画面全域で均一性が保たれていることで、非常に現代的な写りをするレンズだと思う。収差を徹底的に抑えた優等生的なところがあるので、いわゆる“レンズの味”の部分では評価が分かれるかもしれないが、Zマウントシステムが生み出す「新次元の光学性能」を存分に楽しめるのは間違いない。

開放F1.8でこれだけの高い描写力なら、Zマウントレンズのロードマップに記載されている「50mm f/1.2」など、今後登場するであろう、より大口径な単焦点レンズへの期待も高まるというもの。現在、開放F0.95の超大口径レンズ「NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct」が話題を集めているが、Zマウントレンズのこれからの展開にも目が離せない。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る