ニュース
魅力的な新作レンズも発表

速報! 富士フイルムから1億画素ミラーレスの小型機「GFX100S」とAPS-Cミラーレス「X-E4」が登場

富士フイルムは2021年1月27日の夜、オンラインのライブイベント「X Summit GLOBAL 2021」にて、ミラーレスカメラの新モデル2機種を発表した。ひとつは、約1億200万画素の高画素センサーを搭載する、ラージフォーマットシステムの小型モデル「GFX100S」で、もうひとつはレンジファインダースタイルの小型APS-Cミラーレス「X-Eシリーズ」の新作「X-E4」だ。センサーサイズの異なるミラーレスだが、どちらも“小型”が魅力のカメラとなっている。その特徴を速報でお伝えしよう。

富士フイルムがライブイベントで発表したGFX100S(左)とX-E4(右)。なお、この画像ではGFX100Sとバランスを取るために表示サイズを調整しているが、X-E4の実際のサイズはもうひと回り小さい

富士フイルムがライブイベントで発表したGFX100S(左)とX-E4(右)。なお、この画像ではGFX100Sとバランスを取るために表示サイズを調整しているが、X-E4の実際のサイズはもうひと回り小さい

フルサイズ一眼レフ並みのコンパクトサイズを実現した「GFX100S」

GFX100Sは、フルサイズよりもひと回り大きいラージフォーマットセンサー(43.8×32.9mm)を採用する「GFXシリーズ」の新モデル。同シリーズのフラッグシップモデル「GFX100」から約1億200万画素の高画素センサーを継承し、かつボディ内手ブレ補正を搭載しながらも、GFX100と比べて約500gの軽量化と約30%の小型化を実現したのが最大の特徴。高さは約104mm、奥行は約87mm、重量は約900gで、フルサイズ一眼レフ並みのサイズ感のボディとなっている。

GFX100と同じ、約1億200万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用

GFX100と同じ、約1億200万画素の裏面照射型CMOSセンサーを採用

GFX100とのサイズ比較。重量は約500g軽くなっている

GFX100とのサイズ比較。重量は約500g軽くなっている

GFX100Sに小型・軽量レンズ「GF50mmF3.5 R LM WR」を装着したイメージ。手持ちでも撮影しやすい組み合わせだ

GFX100Sに小型・軽量レンズ「GF50mmF3.5 R LM WR」を装着したイメージ。手持ちでも撮影しやすい組み合わせだ

小型・軽量化を実現するために、ボディ内手ブレ補正機構やシャッターユニットを小型化したほか、各種デバイスの配置を最適化しているとのこと。ボディ内手ブレ補正は5軸対応で、最大6.0段分の補正効果を発揮。小型化しながらもGFXを上回る性能を達成している。ボディはマグネシウム合金で、防塵・防滴・-10℃耐低温構造も実現した。

新開発の手ブレ補正ユニットを採用。GFX100のユニットと比べて約20%の小型化と約10%の軽量化を実現している

新開発の手ブレ補正ユニットを採用。GFX100のユニットと比べて約20%の小型化と約10%の軽量化を実現している

新設計のフォーカルプレーンシャッターも従来から大幅に小型・軽量化。メカシャッター時のレリーズタイムラグも0.09秒から0.07秒に短縮した

新設計のフォーカルプレーンシャッターも従来から大幅に小型・軽量化。メカシャッター時のレリーズタイムラグも0.09秒から0.07秒に短縮した

GFX100Sではデバイスのレイアウトを変更することでも小型化を図っている。GFX100ではシャッター用のモーターがあった位置にバッテリーボックスが移動になった

GFX100Sではデバイスのレイアウトを変更することでも小型化を図っている。GFX100ではシャッター用のモーターがあった位置にバッテリーボックスが移動になった

画質機能では、仕上がり設定の「フィルムシミュレーション」に、19番目の設定となる「ノスタルジックネガ」が追加された。この設定は1970年代後半に起こったカラー写真のムーブメント「ニュー・カラー」の色調を再現したもの。独特の色再現とリッチなシャドートーンが特徴で、高彩度かつやわらかい階調表現が可能とのことだ。

ノスタルジックネガとプロビアの仕上がり比較。ノスタルジックネガでは赤色が独特の色合になっているほか、シャドーの階調も出ている

ノスタルジックネガとプロビアの仕上がり比較。ノスタルジックネガでは赤色が独特の色合になっているほか、シャドーの階調も出ている

GFX100にファーウェアアップデートで追加された「ピクセルシフトマルチショット」にも対応する

GFX100にファーウェアアップデートで追加された「ピクセルシフトマルチショット」にも対応する

AFシステムは、GFX100と同じ、376万の像面位相差画素を全面に配置(カバー率約100%)したシステムを採用。動体予測や顔・瞳検出のアルゴリズムを刷新したことで、動体への追従性が向上したとのことだ。新しいレンズ「GF80mmF1.7 R WR」を使用した場合に低輝度限界は-5.5EVに達する。

操作性は、上面左側にモードダイヤルを、右側に各種情報を表示するサブ液晶を配置したオーソドックスなスタイル。モードダイヤルには6つのカスタムポジションを用意する。また、背面のフォーカスレバーは、より正確な操作が行えるようにフラットな形状に変更。リアコマンドダイヤルも直径を大きくすることで、従来以上の良質な操作感を実現しているとのことだ。対応バッテリーはAPS-Cミラーレス「X-T4」で採用した「NP-W235」に変更。1回の充電での撮影可能枚数はノーマルモード・液晶モニター使用時で460枚。1個のバッテリーでの撮影可能枚数はGFX100とさほど変わらない。

上面左側にモードダイヤルを、右側に1.80型のサブ液晶を搭載。左側には静止画と動画の切り替えスイッチも装備する

上面左側にモードダイヤルを、右側に1.80型のサブ液晶を搭載。左側には静止画と動画の切り替えスイッチも装備する

GFX50Rと同等となる約369万ドット・倍率0.77倍の電子ビューファインダーを採用。液晶モニターは3方向チルト対応の3.2型(約236万ドット)。ウエストレベル撮影時にファインダー部がじゃまにならないように、チルトの可動域を従来よりも広げているとのこと

GFX50Rと同等となる約369万ドット・倍率0.77倍の電子ビューファインダーを採用。液晶モニターは3方向チルト対応の3.2型(約236万ドット)。ウエストレベル撮影時にファインダー部がじゃまにならないように、チルトの可動域を従来よりも広げているとのこと

アルカスイス互換のクイックシューに対応する別売のハンドグリップ「MHG-GFX S」を装着したイメージ。なお、縦位置バッテリーグリップは用意されない

アルカスイス互換のクイックシューに対応する別売のハンドグリップ「MHG-GFX S」を装着したイメージ。なお、縦位置バッテリーグリップは用意されない

動画撮影機能は基本的にGFX100と同等で、4K/30p記録に対応。新たに電子手ブレ補正時に画角をそろえられる1.1倍の統一クロップモードも搭載している。ノスタルジックネガを含めた全19種類のフィルムシミュレーションも利用可能だ。細かいところでは、記録時間表示が記録可能残時間と撮影経過時間の2通りを表示するようになった。

GFX100Sの発売は2021年2月下旬が予定されている。市場想定価格は699,000円(税別)。フルサイズ一眼レフ並みのコンパクトなボディで、1億画素のラージフォーマットの画質が得られることを考えると、この価格はかなり魅力的だ。フルサイズミラーレスの高画素モデルと比較検討できるモデルと言えよう。

GFX100Sとあわせて新しいレンズ「GF80mmF1.7 R WR」も発表になった。35mm判換算で63mmの焦点距離となる標準域のレンズで、開放F1.7の明るさが特徴の1本。希望小売価格は300,000円(税別)

GFX100Sとあわせて新しいレンズ「GF80mmF1.7 R WR」も発表になった。35mm判換算で63mmの焦点距離となる標準域のレンズで、開放F1.7の明るさが特徴の1本。希望小売価格は300,000円(税別)

シリーズのコンセプトを守った「X-E4」。チルト液晶を新たに採用

X-E4は、レンジファインダースタイルで小型・軽量なAPS-Cミラーレス「X-Eシリーズ」の新モデル。X-Eシリーズはミニマルなデザインが特徴のミドルレンジモデルだが、X-E4はその特徴をしっかりと継承したカメラに仕上がっている。

カラーバリエーションとしてシルバーとブラックの2色を用意。シルバーは高級コンデジ「X100V」と同系のシルバー塗装となっている

カラーバリエーションとしてシルバーとブラックの2色を用意。シルバーは高級コンデジ「X100V」と同系のシルバー塗装となっている

チルト式の液晶モニターを採用。リアダイヤルはなくなりQボタンは上面に移動になった。トップカバーはマグネシウム合金で、ボトムカバーは塗装強度の観点からアルミを採用している

チルト式の液晶モニターを採用。リアダイヤルはなくなりQボタンは上面に移動になった。トップカバーはマグネシウム合金で、ボトムカバーは塗装強度の観点からアルミを採用している

シャッターボタンダイヤルにPポジションを新たに追加。ストラップ金具は三角環が不要なアーム形状に変更になっている

シャッターボタンダイヤルにPポジションを新たに追加。ストラップ金具は三角環が不要なアーム形状に変更になっている

このほかの機能はXシリーズ第4世代を踏襲しており、ノスタルジックネガは非搭載なものの、クラシックネガを含めた計18種類のフィルムシミュレーションに対応。フル画素での連写速度は、電子シャッター時で最高約20コマ/秒、メカシャッターで最高約8コマ/秒。4K/30p 4:2:0 8bitの動画撮影にも対応している。

X-Eシリーズの新モデルについては、ボディ内手ブレ補正の搭載が期待されていたが、ふたを開けてみれば従来のコンセプトである小型・軽量を守った形となった。Xシリーズ第4世代のミドルレンジクラスとしては3モデル目で、一眼レフスタイルの小型モデル「X-T30」、ボディ内手ブレ補正搭載の「X-S10」とあわせて、スタイルに合ったものを選ぶことができる。

発売は2021年2月下旬の予定で、市場想定価格はボディ単体が99,000円、標準ズームレンズ「XC15-45mmF3.5-5.6 OIS PZ」が付属するレンズキットが110,000円(いずれも税別)。

グリップのないフラットボディであるため、別売オプションとして専用のハンドグリップ「MHG-XE4」(左)とサムレスト「TR-XE4」(右)を用意する。サムレストはシルバーとブラックから選べる

グリップのないフラットボディであるため、別売オプションとして専用のハンドグリップ「MHG-XE4」(左)とサムレスト「TR-XE4」(右)を用意する。サムレストはシルバーとブラックから選べる

35mm判換算で107〜457mmの焦点距離をカバーする小型の望遠ズームレンズ「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」も発表になった。強力な手ブレ補正機能を搭載するほか、テレコンバーターの使用にも対応する。希望小売価格は110,000円(税別)

35mm判換算で107〜457mmの焦点距離をカバーする小型の望遠ズームレンズ「XF70-300mmF4-5.6 R LM OIS WR」も発表になった。強力な手ブレ補正機能を搭載するほか、テレコンバーターの使用にも対応する。希望小売価格は110,000円(税別)

薄型・軽量のパンケーキレンズ「XF27mmF2.8」も「XF27mmF2.8 R WR」にリニューアルとなる。光学系はそのままに絞りリングを追加したほか、防塵・防滴にも対応。ドーム型フードも同梱される。希望小売価格は52,000円(税別)

薄型・軽量のパンケーキレンズ「XF27mmF2.8」も「XF27mmF2.8 R WR」にリニューアルとなる。光学系はそのままに絞りリングを追加したほか、防塵・防滴にも対応。ドーム型フードも同梱される。希望小売価格は52,000円(税別)

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る