ニュース
Cinema Lineの最小・最軽量ボディ

ソニー、αっぽいシネマカメラ「FX3」発表。α7S IIIもいいけど、動画ならこっち?

ソニーは2021年2月24日、クリエイター向けシネマカメラの新モデルとして、「FX3」を3月12日に発売すると発表した。同社はデジタルシネマ映像制作向けカメラを「Cinema Line」という名称で展開しているが、FX3はCinema Lineの最小・最軽量モデル。動画専用機ならではの操作性や拡張性を備えつつ、「α」シリーズで培ったすぐれたAF性能やボディ内手ブレ補正機構を備える。価格はオープンで、希望小売価格は459,000円(税別)。

Cinema Lineとして最小・最軽量ボディとなるFX3。シネマカメラ(カムコーダー)というよりもデジタル一眼カメラライクな見た目

Cinema Lineとして最小・最軽量ボディとなるFX3。シネマカメラ(カムコーダー)というよりもデジタル一眼カメラライクな見た目

シネマカメラとαのいいとこ取り

シネマカメラとは、ビデオカメラよりも大きなセンサーを搭載し、レンズを交換できるカメラのこと。RAW 10bit撮影など、デジタル一眼カメラよりも色の表現力がすぐれており、動画撮影に特化した機能や操作性を備えている。映画やテレビなどで使われており、どちらかというと大きくて重いモデルが多いが、FX3はαシリーズのようなコンパクトなボディにシネマカメラに求められる表現力や操作性、信頼性を詰め込んだ。

同社は「VENICE」などプロ向けのシネマカメラを手がけており、そのシネマカメラで培った技術と、デジタル一眼カメラのαシリーズで培った技術のいいところを組み合わせたのが、今回のFX3と言える。

ケージなしで周辺機器を直接取り付けられるようにボディに5つのネジ穴が設けられている。ボディの厚みは冷却ファンを搭載しているため。フルマグネシウム合金ボディは防塵・防滴に配慮した設計となっている

ケージなしで周辺機器を直接取り付けられるようにボディに5つのネジ穴が設けられている。ボディの厚みは冷却ファンを搭載しているため。フルマグネシウム合金ボディは防塵・防滴に配慮した設計となっている

センサーは裏面照射型の有効約1026万画素の35mmフルサイズCMOSセンサーExmor R。ISO感度は80〜102400(拡張時80〜409600)。画像処理エンジンには「BIONZ XR」を搭載する。ダイナミックレンジは15+ストップ(S-Log3時)。10bit 4:2:2でのAll Intra記録が可能で、XAVC S(H.264)と高効率なXAVC HS(H.265)をサポートする。

シネマティックな表現という点では、ハリウッドなどで利用されている同社のシネマカメラ「VENICE」や「FX9」から受け継いだ「S-Cinetone」をデフォルトのルックとして搭載。S-Cinetoneは、中間色が豊かで、自然な肌色やソフトなトーンが特徴という。

シネマカメラはマニュアルフォーカスが主流だが、小規模な撮影やワンオペレーションでの撮影にはオートフォーカス(AF)が求められる。そこで、FX3ではαシリーズで培ったAF性能を搭載。被写体を素早くとらえて、粘り強く追従する像面位相差検出AFで、リアルタイム瞳AFやタッチトラッキングAFなどもサポートする。

また、光学式5軸ボディ内手ブレ補正機構を搭載。補正効果を向上させる「アクティブモード」を備えるほか、メタデータを活用してソフトで手ブレを補正するカタリストブラウズなども利用できる。

4K/60pのほか、4K/120pでの撮影もサポート。長時間の動画撮影を実現するため、冷却ファンを内蔵しており、連続動画撮影時間は約135分(CIPA準拠)。なお、ファンの動作モードは、Auto/Minimum/Off in Rec/Always Offから選べる。

本体サイズは約129.7(幅)×77.8(高さ)×84.5(奥行)mm、重量は約715g(電池、メモリーカード含む)。取り外しできるハンドル付きで、安定したローアングル撮影などができる。

付属のハンドルを使うと、ローアングルやウェストレベルでの撮影を安定して行える。ハンドルにも3つのネジ穴があり、周辺機器を接続できる

付属のハンドルを使うと、ローアングルやウェストレベルでの撮影を安定して行える。ハンドルにも3つのネジ穴があり、周辺機器を接続できる

拡張性については、5つの1/40-20 UNCネジ穴が本体にあり、ケージ不要で、周辺機器を直接本体に取り付けられる。これにより、システムのサイズと重量を抑えられるという。

ハンドル部分にはXLR/TRSコンボコネクター×2があり、別売のマイクを取り付けて高音質な録音ができる。本体にはフルサイズのHDMIポートを搭載しており、外部機器に10bit 4:2:2/16bit RAWでのデータ出力が可能。メモリーカードスロットは、CFexpress Type-A/SD×2のデュアルスロット。Wi-FiやUSB Type-Cなども備える。

フルサイズのHDMI、USB Type-C、マイクロUSB、音声入力、ヘッドホンを備える。スリットは冷却ファン用のもの。本体下部にもスリットが見られる

フルサイズのHDMI、USB Type-C、マイクロUSB、音声入力、ヘッドホンを備える。スリットは冷却ファン用のもの。本体下部にもスリットが見られる

CFexpressType-A/SD×2のデュアルスロット。同時記録、振り分け記録、記録メディア自動切り替え、コピーなどをサポート

CFexpressType-A/SD×2のデュアルスロット。同時記録、振り分け記録、記録メディア自動切り替え、コピーなどをサポート

3.0型液晶モニター(144万ドット)は左開きのバリアングル。RECランプは前面/上面/背面の3か所にあり、オン/オフを個別に設定できる。操作はタッチメニューのほか、最大15のカスタムキーで、好みにカスタマイズ可能。シャッターボタンの近くにあるボタン1にはIRIS(絞り)、ボタン2にはWB(ホワイトバランス)、ボタン3にはISO(感度)が割り当てられている。

バリアングルの3.0型液晶モニターを搭載

バリアングルの3.0型液晶モニターを搭載

動画専用機らしく、背面のダイヤルの左右にゼブラとピーキングが割り当てられている

動画専用機らしく、背面のダイヤルの左右にゼブラとピーキングが割り当てられている

「α7S III」など、αシリーズを使ってシネマライクな映像を制作しているクリエイターにも、動画撮影に特化したFX3はピッタリなはずだ。価格はα7S IIIよりも10万円ほど高いが、αシリーズを利用しているクリエイターにとっては、Eマウントレンズをそのまま利用できるなどメリットもある。プロはもちろん、こだわりの動画撮影に挑戦したい人にも注目してもらいたいカメラだ。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る