レビュー
Hypersmooth 4.0の手ブレ補正がスゴすぎる

GoPro最新モデル「HERO10」を「HERO9」と比較して進化点を探る

GoProから2021年9月17日に発売された、同社アクションカムシリーズの最新モデル「HERO10 BLACK」。最新チップ「GP2」を搭載したことにより、従来機「HERO9 BLACK」から比較的に性能が向上しています。今回は、「HERO10 BLACK」がどれほどの進化を遂げたのか、「HERO9 BLACK」と比較して調査しました。

「HERO10 BLACK」と「HERO9 BLACK」スペック比較

「HERO10 BLACK」は、チップが一新されたことで動画と静止画の解像度(画質)やフレームレート、手ブレ補正「Hypersmooth 4.0」、パフォーマンス、レスポンスといったカメラのマシン性能が向上しています。詳しくは以下の主要スペック比較表をご確認ください。

動画の録画機能は、最大解像度が5.3Kへとアップし、かつ、60fpsでの録画に対応。そのほか、4K/120fps、2.7K/240fpsなど、それぞれでフレームレートが向上しており、高解像度を保ちつつスムーズな動画が撮影できるようになっています。静止画についても、「HERO9 BLACK」の2000万画素から2300万画素へとアップ。加えて、3DNRやLTMなど低照度での動画撮影をサポートする機能にも新しく対応しました。

手ブレ補正の「Hypersmooth」は、バージョンが4.0へとアップ。従来の「Hypersmooth 3.0」でも非常にすぐれていたのですが、さらに進化したということで期待がかかります。また、水平維持機能が27°から45°へと大きくなっており、撮影時のカメラの傾き補正も進化しています。

こういった機能を中心に「HERO10 BLACK」と「HERO9 BLACK」を比較した様子は、上記に埋め込んだ動画で詳しくレビューしているので、よろしければご確認ください。なお、今回は動画や静止画の機能にフォーカスしているので、「HERO10 BLACK」の特徴でもあるコンテンツのアクセス方法(保存や共有)や、ライブストリーミング機能については含んでおりません。ご了承ください。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る