交換レンズ図鑑
ソニーEマウント用に続いて富士フイルムXマウント用が登場

450mm相当まで伸びる高倍率ズーム、タムロン「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」レビュー

高倍率ズームレンズのパイオニアであるタムロンから、APS-Cミラーレス用としては世界初となる16.6倍の高いズーム倍率を実現した新モデル「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD(Model B061)」が登場した。ソニー Eマウント用と富士フイルムXマウント用が用意されているが、ここでは、2021年10月28日に発売になったXマウント用をレビューする。

「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」の富士フイルムXマウント用をAPS-Cミラーレス「X-S10」に装着したイメージ

「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」の富士フイルムXマウント用をAPS-Cミラーレス「X-S10」に装着したイメージ

35mm判換算で27〜450mm相当に対応。広角端ではハーフマクロ撮影が可能

「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」の主な特徴
・18〜300mm(35mm判換算27〜450mm相当)の焦点距離をカバーする、APS-Cミラーレス用の高倍率ズームレンズ
・開放F値:広角端F3.5、望遠端F6.3
・ソニーEマウント用と富士フイルムXマウント用を用意
・レンズ構成:15群19枚(LDレンズ4枚、複合非球面レンズ3枚)
・最短撮影距離(最大撮影倍率 ※35mm判換算):広角端0.15m(1:2)、望遠端0.99m(1:4)
・高速・高精度AFを可能にするリニアモーターフォーカス機構VXD
・タムロン独自の手ブレ補正機構VC
・従来以上にフレア・ゴーストの発生を抑えるBBAR-G2コーティング
・7枚円形絞り
・簡易防滴構造、防汚コート
・フィルター径:67mm
・サイズ:75.5(最大径)×125.8(長さ、富士フイルム用)mm、重量:620g
・価格.com最安価格:74,250円(富士フイルム用、2021年11月17日時点)

タムロンは、1992年に「AF 28-200mm F/3.8-5.6 Aspherical」を発売して以降、約30年にわたって数多くの高倍率ズームレンズを開発してきた、高倍率ズームレンズの先駆者的なメーカーだ。ここ数年の間にも、APS-C一眼レフ用としては世界初となる22.2倍のズーム倍率を実現した「18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD」や、広角端で開放F2.8の明るさを持つソニーEマウント用の「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD」など、ほかにはないスペックを持つモデルをリリースしている。

今回取り上げる「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」は、2021年の秋に発売になった、APS-Cミラーレス用の高倍率ズームレンズ。望遠端が200mm(35mm判換算300mm相当)ではなく300mm(35mm判換算450mm相当)なのがポイントで、35mm判換算で焦点距離27〜450mm相当の幅広い画角をカバーするのが最大の特徴となっている。タムロンによると、APS-Cミラーレス用のレンズとして16.6倍のズーム倍率を実現したのは世界初だ。また、ソニーEマウント用とあわせて富士フイルムXマウント用が用意されているのも注目点。タムロンとしては初のXマウント用レンズとなっている。

左が広角端、右が望遠端。望遠端時は全長が200mmを超えるが、16.6倍のズームレンズとしてはコンパクトなサイズに収まっている

左が広角端、右が望遠端。望遠端時は全長が200mmを超えるが、16.6倍のズームレンズとしてはコンパクトなサイズに収まっている

光学設計は、4枚のLD(Low Dispersion:異常低分散)レンズや3枚の複合非球面レンズといった特殊硝材を贅沢に使用した15群19枚構成。色収差をはじめとする諸収差を低減し、画面中心から周辺まで高い解像性能を発揮する。タムロンによれば、APS-Cミラーレス用の高倍率ズームレンズとしてクラストップレベルの高画質を実現しているとのことだ。また、コーティングには最新のBBAR-G2(Broad-Band Anti-Reflection Generation 2)を採用。逆光での撮影時に発生しやすいゴーストやフレアも大幅に抑制しているという。

さらに、近接撮影能力が高いのも特徴で、最短撮影距離は広角端で0.15m、望遠端で0.99m。最大撮影倍率(35mm判換算)は広角端でハーフマクロ(1:2)を達成している。広角端でのワーキングディスタンスは5mmと非常に短く、被写体に思い切り近づきつつ背景を広く取り込む広角マクロ写真を撮ることが可能だ。

自重による不用意な繰り出しを防止するズームロックスイッチを搭載。広角端でロックする仕組みだ

自重による不用意な繰り出しを防止するズームロックスイッチを搭載。広角端でロックする仕組みだ

このほか、AF駆動にはタムロン独自のリニアモーターフォーカス機構VXDを採用し、高倍率ズームレンズとして最高レベルの速度・精度・応答性を実現。タムロン独自の手ブレ補正機構VCも搭載しており、AIテクノロジーを活用することで、焦点距離70mm以下では動画撮影に配慮した手ブレ補正効果が得られるようになっている。

こうした充実した機能を搭載した16.6倍の高倍率ズームながら鏡筒はコンパクトで、重量は約620gに収まっている。フィルター径が、同社のミラーレス用レンズの多くと共通の67mmに設計されているのもタムロンユーザーとしてはうれしい点だ。

同梱の花型フード「HA036」を装着したイメージ。「28-75mm F/2.8 Di III RXD」や「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD」などと共通のフードだ

同梱の花型フード「HA036」を装着したイメージ。「28-75mm F/2.8 Di III RXD」や「28-200mm F/2.8-5.6 Di III RXD」などと共通のフードだ

実写作例&レビュー

※以下に掲載する作例は、「X-S10」に「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」を組み合わせてJPEG形式の最高画質で撮影したもの(JPEG撮って出し)になります。

※サムネイル画像をクリックすると、撮影写真を長辺900ピクセルに縮小した画像が開きます。リサイズを行っていない撮影写真は、サムネイル画像下のテキストリンクをクリックすると開きます。なお、撮影写真は開くのに時間がかかる場合があります。

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、18mm(35mm判換算27mm相当)、ISO160、F3.5、1/3000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG撮影写真(6240×4160、10.8MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、18mm(35mm判換算27mm相当)、ISO160、F3.5、1/3000秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、10.8MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、18mm(35mm判換算27mm相当)、ISO160、F5、1/800秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、11.1MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、18mm(35mm判換算27mm相当)、ISO160、F5、1/800秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、11.1MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、25mm(35mm判換算38mm相当)、ISO160、F4、1/600秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、11.6MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、25mm(35mm判換算38mm相当)、ISO160、F4、1/600秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシックネガ、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、11.6MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、300mm(35mm判換算450mm相当)、ISO500、F6.3、1/900秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、11.5MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、300mm(35mm判換算450mm相当)、ISO500、F6.3、1/900秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、11.5MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、32mm(35mm判換算48mm相当)、ISO160、F8、1/400秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、14.3MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、32mm(35mm判換算48mm相当)、ISO160、F8、1/400秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、14.3MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、49mm(35mm判換算73mm相当)、ISO160、F8、1/600秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシッククローム、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、13.6MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、49mm(35mm判換算73mm相当)、ISO160、F8、1/600秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:クラシッククローム、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、13.6MB)</small>

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、56mm(35mm判換算84mm相当)、ISO160、F8、1/240秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、15.2MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、56mm(35mm判換算84mm相当)、ISO160、F8、1/240秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、15.2MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、18mm(35mm判換算27mm相当)、ISO160、F11、1/300秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、15.0MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、18mm(35mm判換算27mm相当)、ISO160、F11、1/300秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、15.0MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、249mm(35mm判換算373mm相当)、ISO200、F6.3、1/750秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、10.2MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、249mm(35mm判換算373mm相当)、ISO200、F6.3、1/750秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、10.2MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、263mm(35mm判換算395mm相当)、ISO1000、F6.3、1/800秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、13.7MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、263mm(35mm判換算395mm相当)、ISO1000、F6.3、1/800秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、13.7MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、300mm(35mm判換算450mm相当)、ISO400、F6.3、1/900秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG<br>撮影写真(6240×4160、11.7MB)

X-S10、18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD、300mm(35mm判換算450mm相当)、ISO400、F6.3、1/900秒、ホワイトバランス:オート、フィルムシミュレーション:PROVIA/スタンダード、ダイナミックレンジ:100%、JPEG
撮影写真(6240×4160、11.7MB)

「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」の画質は、35mm判換算で焦点距離27〜450mm相当の画角に対応する高倍率ズームレンズとしてはとても優秀だ。さすがに絞り開放だと画面の周辺で収差による描写の流れが発生するものの、中央ではズーム全域で十分な解像感が得られるようになっている。高倍率ズームレンズにありがちな望遠側で画質が大きく落ちる感じがないのが好印象だ。

本レンズの魅力の1つである近接撮影でも、極端にソフトな感じにならずにシャープさを保ってくれる印象。ボケ味も自然でざわつくような感じが少ないのがいい。さらに逆光耐性も十分なレベルで、広角端で試した限りでは、光線を切るように工夫すれば、太陽など強い光源を画面に入れても気になるようなフレア・ゴーストの発生を十分に抑えることができた。カメラ側で撮影後に自動補正するとはいえレンズそのものの歪曲収差が大きいのは気になったが、ズーム全域で安定した画質で撮影できる高倍率ズームレンズに仕上がっていると感じた。

また、リニアモーターフォーカス機構VXDを採用するタムロンの最新レンズはどれも高速・高精度かつ静粛なAFを特徴にしているが、本レンズもAFの動作はスピーディーだ。近接から遠景(またはその逆)に大きくフォーカスを動かす場合は多少レスポンスが落ちるし、明るいシーンでも特に望遠側で微妙にピントを外すことがあったのが少々に気になったものの、高倍率ズームレンズとしては申し分ないAF速度を実現している。

まとめ 16.6倍ズームとしてはコンパクトな鏡筒に十分な画質。価格もお手頃

「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」は、高倍率ズームレンズの開発に長けたタムロンらしく、非常によくできたレンズに仕上がっている。35mm判換算で焦点距離27〜450mm相当の画角に対応する高倍率ズームレンズとしてはコンパクトな重量620gの鏡筒に、ズーム全域での十分な画質が得られる光学性能を実現。リニアモーターフォーカス機構VXDの採用でAFも高速化しており、最新レンズとして使い勝手が向上しているのもポイントだ。そのうえで、価格.com最安価格で74,250円(富士フイルム用、2021年11月17日時点)という手に入れやすい価格を実現しているのが、タムロンらしいところだ。

富士フイルムXマウント用では、これまで高倍率ズームレンズは純正品の「XF18-135mmF3.5-5.6 R LM OIS WR」しかなかったが、「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」の登場によって、用途や予算にあわせて選べる選択肢が増えたことになる。純正品と比べると、「18-300mm F/3.5-6.3 Di III-A VC VXD」は、より望遠側に伸びるのと広角マクロに強いのが魅力となる。多彩な撮影に対応できるので幅広いシーンでの使用が考えられるが、特に旅行用として活躍する1本ではないだろうか。

真柄利行

真柄利行

カメラとAV家電が大好物のライター/レビュアー。雑誌編集や価格.comマガジン編集部デスクを経てフリーランスに。価格.comではこれまでに1000製品以上をレビュー。現在、自宅リビングに移動式の撮影スタジオを構築中です。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る