単なる懐古趣味カメラじゃない!

ニコン「Df」の実力と魅力に迫る

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年11月28日に発売になった、ニコンの新型デジタル一眼レフ「Df」。フィルムMF一眼レフのデザインを取り入れたボディに、フラッグシップモデル「D4」と同等の画質性能を搭載し、ニコンファンを中心に熱狂的な人気を集めている話題のカメラだ。今回の特集は、この人気カメラの特徴を紹介し、使い勝手と画質をレビューしたい。

Part1 特徴をおさらい

フィルムMF一眼レフのデザインを取り入れた外観や、「D4」ゆずりの画質性能など、「Df」の代表的な特徴を紹介する。

「Df 50mm f/1.8G Special Editionキット」に付属する単焦点レンズ「AF-S NIKKOR 50mm f/1.8 G Special Edition」を「Df」に装着したイメージ。「AF-S NIKKOR 50mm F1.8 G」をベースにデザインを変更したレンズで、レザートーンの塗装や、アルミ製のシルバーリング、MFレンズのラバーローレットを再現したフォーカスリングなどを採用している

フィルム一眼レフを彷彿させるデザインを採用

「Df」は、デジタルとアナログの融合をコンセプトに開発されたデジタル一眼レフカメラだ。モデル名の“f”は、融合(fusion)の頭文字を取ったものとなっている。その“融合”を強く感じさせるのが外観デザインだ。ニコンの製品を含めて世界中のフィルムカメラを参考にして作られたというその外観は、「FM」シリーズや「FE」シリーズなど、ニコン製フィルムMF一眼レフを彷彿させるレトロ感あふれる仕上がりとなっている。

特にカメラ上部のメカニカルダイヤルの徹底度がすごい。上面は、軍艦部を挟んで、左に感度ダイヤルと露出補正ダイヤルが、右にシャッタースピードダイヤルと露出モードダイヤルが並ぶ。これらのメカニカルダイヤルはすべて金属の削り出しで、ダイヤル上面の数字は刻印という凝りよう。ダイヤル外周には細かいローレット加工が施されている。さらに、前面のサブコマンドダイヤルや、「FM/FE」シリーズに似たデザインの軍艦部も特徴的な部分だ。各種ボタンも、ニコンの往年のフィルムMF一眼レフをモチーフにして作られているという。

ボディはコンパクトにまとまっており、143.5(幅)×110(高さ)×66.5(奥行)mmで重量は765g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)。上面カバー、背面カバー、底面にマグネシウム合金を採用し、高剛性を確保しながらFXフォーマット(35mmフルサイズフォーマット)のニコン製デジタル一眼レフとして最小・最軽量モデルを実現している(2013年1月17日時点)。各所へのシーリングにより、「D800/D800E」と同等の防塵・防滴性能も備えている。

「FM/FE」シリーズなど、ニコン製フィルムMF一眼レフを彷彿させる外観デザイン。ニコンの製品を含めて世界中のフィルムカメラを参考にして設計されたという。143.5(幅)×110(高さ)×66.5(奥行)mmで重量765g(バッテリーおよびSDメモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)の小型・軽量ボディに仕上がっているのもポイントだ。左側面には、USB端子、HDMIミニ端子、アクセサリーターミナルを備えている

ボディ上面の左側に、感度ダイヤルと露出補正ダイヤルを装備

ボディ上面の左側に、感度ダイヤルと露出補正ダイヤルを装備

上面右側には、シャッタースピードダイヤルと露出モードダイヤルを備える。シャッターボタンはレリーズソケット付き

「FM/FE」シリーズに似たデザインを採用した、レザー調仕上げの軍艦部

「FM/FE」シリーズに似たデザインを採用した、レザー調仕上げの軍艦部

ニコン製デジタル一眼レフとしては小さめのグリップ。グリップの横にサブコマンドダイヤルを備える。また、プレビューボタンやファンクションボタンなどは、「F2」や「FM」シリーズのデザインを取り入れている

背面のバッテリーカバー部。開閉ノブは「F2」のノブのデザインを取り入れている

背面のバッテリーカバー部。開閉ノブは「F2」のノブのデザインを取り入れている

カラーバリエーションとして、シルバーのほかブラックも用意される

カラーバリエーションとして、シルバーのほかブラックも用意される

「Df」と「New FM2」を並べてみた。軍艦部を中心に、ボディ上部はよく似たデザインとなっている

「Df」と「New FM2」を並べてみた。軍艦部を中心に、ボディ上部はよく似たデザインとなっている

フラッグシップ「D4」ゆずりの画質性能を搭載

「D4」と同一の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載

「D4」と同一の35mmフルサイズCMOSセンサーを搭載

続いて、「Df」の基本スペックを見ていこう。最大の特徴は、ニコン製デジタル一眼レフのフラッグシップモデル「D4」と同一のFXフォーマット(35mmフルサイズフォーマット)CMOSセンサー(36.0×23.9mm)と、画像処理エンジン「EXPEED 3」を搭載し、「D4」ゆずりの高画質が得られること。画素数が有効1625万画素に抑えられており、広いダイナミックレンジと、ノイズレスな高感度画質を期待できるスペックとなっている。感度はISO100〜ISO12800に対応。拡張設定でISO50相当までの減感、ISO204800相当までの増感が可能だ。

また、光学ファインダーは、ハイエンド一眼レフの証でもある、視野率約100%(倍率約0.7倍)を実現。シャッター、ミラー、絞りがそれぞれ独立して駆動するメカニカル制御機構を採用し、シャッタースピードは最高1/4000秒に対応する。フラッシュ同調は1/200秒、1/250秒以下(1/200〜1/250秒はガイドナンバーが減少)。内蔵ストロボは非搭載。オートフォーカスシステムは、中央9点がクロスタイプで中央7点がf/8対応の39点システムとなっている。ファインダー、シャッター周り、オートフォーカスのスペックは「D610/D600」と同等だ。また、連写性能は最高約5.5コマ/秒で、JPEG撮影時は100コマまでの連続撮影が可能。静音撮影モードも備えている。

スペックをまとめると、画質周りは「D4」を継承し、ファインダーやシャッター周り、オートフォーカスは「D610/D600」と同等となっている。

視野率約100%・倍率約0.7倍の光学ファインダーを採用。アイピースは丸型。アイピースシャッターは非搭載となっている

中央9点がクロスタイプ、中央7点がf/8対応の39点オートフォーカスシステムを採用(※写真はファインダー内をデジタルカメラで撮影したものになります)

連写は最高約5.5コマ/秒に対応。静音撮影モードも備えている

連写は最高約5.5コマ/秒に対応。静音撮影モードも備えている

対応するバッテリーは「EN-EL14a」。撮影可能枚数は、約1400コマとなっている

対応するバッテリーは「EN-EL14a」。撮影可能枚数は、約1400コマとなっている

非Ai方式の「NIKKORレンズ」の装着が可能。動画撮影はあえて非対応

機能面では、オールドレンズの装着に対応しているのがトピック。ニコン製デジタル一眼レフとして初めて可倒式の露出計連動レバーを採用し、露出計連動ガイドのない非AI方式の古い「NIKKORレンズ」の装着が可能となっている。具体的には、レバーを倒しておくことで絞りリングの干渉がなくなり、非AI方式の「NIKKORレンズ」の装着が可能になる。

また、ライブビュー撮影に対応。4分割格子線と3分割格子線のガイドライン表示に対応するほか、ローリングとピッチングの両方の傾きを確認できる水準器の表示も可能だ。16:9、1:1のアスペクト表示や、ホワイトバランスのプリセットができる「スポットホワイトバランス」にも対応している。ただし、写真撮影に特化した撮影スタイルでの利用を想定し、動画撮影機能はあえて非搭載となっている。これにより、動画撮影用の操作系やスピーカー、マイク端子を省略し、より小型・軽量なボディを実現している。

可倒式の露出計連動レバーを採用。レバーを倒しておくことで、非AI方式の「NIKKORレンズ」の装着が可能

可倒式の露出計連動レバーを採用。レバーを倒しておくことで、非AI方式の「NIKKORレンズ」の装着が可能

非Ai方式のレンズ「NIKKOR-N Auto 24mm F2.8」を装着したイメージ

非Ai方式のレンズ「NIKKOR-N Auto 24mm F2.8」を装着したイメージ

ライブビュー撮影は、4分割格子線と3分割格子線のガイドライン表示に対応。水準器表示や、16:9、1:1のアスペクト表示にも対応する

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
特集最新記事
特集記事一覧
2017.6.26 更新
ページトップへ戻る