特別企画
ポイントは「容量」と「速度」

今さら聞けないSDメモリーカードの選び方

スマートフォンやデジタルカメラのデータを記録するSDメモリーカード。今や4K動画を記録できるほどに大容量・高速化したものもあり、ピンからキリまでたくさんの種類の製品が売られている。一体どれが自分の用途にあった製品なのか見分けがつかないという人もいるのでは? そこで今回は、そんな方達のために、SDメモリーカードを買う時に役立つスペックの見方をご紹介しよう。

デジタルカメラやパソコンなどで使える「SDカード」と主にスマホ向けの「microSDカード」

カードの本体サイズによって主に2種類あるSDカード。本体サイズが24×32×2.1mmという切手相当の面積を持つ「SDメモリーカード」(写真左)と、その4分の1程度となる11×15×1mmの「microSDメモリーカード」(同右)の2種類がある

SDメモリーカードは大きさによって2つに大別される。デジタルカメラなどで使える標準サイズの「SDメモリーカード」(以下、SDカード)と、スマートフォンなどの小型機器で使える「microSDメモリーカード」(以下、microSDカード)の2つだ。まずは自分の使う機器がこのどちらに対応しているかを確認しよう。

容量によって3種類あるSDカードの規格
汎用性が高く手ごろな「SDHC」の32GBが狙い目!

カードのサイズは誰でもわかると思うが、難しいのはこの先だ。一般的に「SDカード」と呼ばれる製品の中には、実は、「SD」「SDHC」「SDXC」という3種類の規格が存在している。これがどのような違いによるものか、よくわからないという人も多いのではないだろうか。実はこの3つの違いは主に「データ容量」によるものと思ってもらうとわかりやすい。そして必要となるデータ容量は使用する機材と用途によって決まってくる。以下の表に、3つの規格の主な用途をまとめた。

この中で一番使い勝手がよいのが「SDHC」だ。現在主流の規格で、スマホなどの普段使いにピッタリな容量が多く、価格も手ごろで1,000円を切っているものが多い。データ転送速度も必要十分だ。またSDXCより1世代前の規格であるため、使える端末も幅広い。

いっぽうの「SDXC」は大容量データを保存できる「SDHC」より新しい規格。容量が大きい分SDXC対応機材が必要で価格も高めだが、ファイル容量の大きな高精細な動画/写真、ハイレゾ音源などを多く記録できるため、こうした用途なら積極的に利用したい。「SD」は最も古い規格のため汎用性は一番高いが、保存できるデータ容量は少ない。現状では、あまり積極的には選ばないほうがよいだろう。

ちなみに、最近では、「ハイレゾ対応」や「4K撮影可能」をウリにしたスマートフォンも登場している。そうした製品を積極的に活用する場合は、データ容量が大きく転送速度も速い「SDXC」を選ぶといいだろう。

なお、価格.comでそれぞれの規格の代表的な容量の最安価格を確認してみたところ、以下のようになっていたので、参考までに掲載しておく。

・SDXC 64GBモデル
SDXCカード:1,469円(22.95円)、microSDXCカード:1,380円(21.56円)
・SDHC 32GBモデル
SDHCカード:767円(23.97円)、microSDHCカード:721円(22.53円)
・SDHC 16GBモデル
SDカード:457円(28.56円)、 microSDカード:408円(25.5円)
・SDHC 8GBモデル
SDカード:315円(39.37円)、 microSDカード:299円(37.37円)
・SD 2GBモデル
SDカード:409円(204.5円)、microSDカード:299円(149.5円)
※カッコ()内は1GBあたりの単価。価格は2016年7月21日記事執筆時点。

こうした状況を踏まえると、適度に大きい容量で汎用性が高く、かつ手ごろにゲットできるのはSDHCの32GBであると言える。

この容量であれば、たとえば、1200万画素の写真データなら6,500枚、フルHD動画(1920×1080、1.3Mbps)で5時間、MP3ファイル(128kbps、長さ4分)で8,000曲、ハイレゾ音源(96kHz/24bit、長さ4分)なら230曲ほどの記録が可能。コンパクトデジタルカメラやスマートフォンでも十分な容量と言える。

動画の撮影に重要な最低保証速度を表す「スピードクラス」

「SDHC」と「SDXC」という容量の規格のほかに、SDカードではデータの読み書き速度も製品によって異なる。これを表すひとつが、動画録画時の最低書き込み速度を示す「スピードクラス」と呼ばれる規格。ここで定義されている最低速度保証が大きいほど、情報量の多いシーンでも止まらず安定して録画を行うことができるのだ。特にDSLRムービーやビデオカメラでSDカードを使うときは、スピードクラスの性能には気をつけたい。なお、スピードクラスは、以下の4種類の「スピードクラス」と2種類の「UHSスピードクラス」がある。

この中では、フルHD動画が撮影できる毎秒10MBの最低速度が保証された「CLASS 10」が一般的。「CLASS 10」より遅い「CLASS 6」以下の製品もあるがごく一部で、現在これらをあえて買うメリットはほぼない。とりあえず「CLASS 10」を選んでおけば安心と言える。

なお、「UHSスピードクラス1」は「CLASS 10」と同じ最低転送速度になっており、「UHSスピードクラス3」のみ毎秒30MBの高速タイプとなっている。「UHSスピードクラス3」は、4K動画撮影などのヘビーな撮影用途のときに選べばよい。

ちなみに、「UHSスピードクラス」の「UHS」とは、高速なインターフェイス「UHS」(Ultra High Speed)のこと。「UHS」に対応しているとトップスピードも速いのが特徴。UHSインターフェイスには、毎秒104MBの「UHS-I」と、毎秒312MBの「UHS-II」がある。高解像度のRAWデータを連写したり、容量の大きなファイルをPCへ短時間で転送したりするような場合は、このマークが付いたカード選びたい。なお、UHSは使用する機材側の対応も必要で、どちらかいっぽうしか対応していないと、有効にならない。

パッケージやカード本体を見てみると、スピードクラスは簡略化されたマークで表示されている

パッケージやカード本体を見てみると、スピードクラスは簡略化されたマークで表示されている

まとめ

SDメモリーカードを買う時は、まず自分の使う機器が「SD」と「microSD」のどちらに対応しているかを確認しよう。次に必要な容量を選ぶわけだが、現在ならSDHCの32GBを基準に置くとわかりやすい。価格で選びたい場合はSDHC、容量を重視したいときはSDXCという感じだ。

スピードクラスについては「CLASS 10」に対応していればおよそOKだが、用途によって気をつけたいところもある。たとえば、高解像度の連写をするようなトップスピードが求められるシーンでは、高速転送が可能なUHSインターフェイス対応のものを選びたい。また、4K/2Kの動画撮影といった一定の書き込みを続けるときはUHSスピードクラスの「U3」が適している。読み書き速度などのパフォーマンスを気にする方は、UHSインターフェイス採用の高速カードが快適だ。

各社からさまざまな製品が発売されているSDカードだが、格安なバルク品などを除けば販売されている製品の品質に大きな違いはない。容量と速度この2つさえ覚えておけば、自分の用途にピッタリな1枚を選べることだろう。

銭袋秀明(編集部)

銭袋秀明(編集部)

編集部の平均体重を底上げしている下っ端部員。アキバをフィールドワークにする30代。2015年4月、某編集部から異動して価格.comマガジン編集部へ。今年こそ、結果にコミット!

関連記事
ページトップへ戻る