315点像面位相差AFセンサー搭載、連写は最高約24コマ/秒

世界最速の高速AFと高速連写を実現! ソニーから新型の1インチ高級コンデジ「RX100 V」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ソニーは2016年10月14日、コンパクトデジタルカメラの新モデル「サイバーショット RX100 V(DSC-RX100M5)」(以下、RX100 V)を10月21日に発売すると発表した。1.0型の大型センサーを搭載する「RX100」シリーズの最新モデル。新開発のセンサーと画像処理エンジンをサポートするフロントエンドLSIにより、1.0型センサー搭載のレンズ一体型カメラとしては世界最速の高速AFと高速連写を実現した。予想実売価格は12万円前後(税別)。

デジタル一眼カメラユーザーのセカンドモデルとして、高速AFと高速連写というスピード性能を高めたRX100 V。予想実売価格は12万円前後

世界最速の高速AFと高速連写を実現

同社は、他社に先駆けて1.0型のセンサーを搭載した、いわゆる“1インチコンデジ”を製品化しており、今回のRX100 Vはシリーズ5世代目のモデルだ。新開発のメモリー一体型1.0型積層型CMOSセンサー「Exmor RS」と、先日発表したデジタル一眼カメラ「α99 II」と同じ、新開発のフロントエンドLSIにより、1.0型センサー搭載のレンズ一体型カメラとしては、世界最速のAFと高速連写を実現したという。

AFシステムは、コントラスト検出方式と位相差検出方式を組み合わせた「ファストハイブリッドAF」。新開発のセンサーには、315点の像面位相差AFセンサーを、撮像エリアの約65%に配置した。AF速度は世界最速の0.05秒。連写性能は、AF/AE追従で最高約24コマ/秒。バッファメモリーの大容量化などにより、150枚(約6.3秒、連続撮影モード「Hi」時、画質「ファイン」時)までの連続撮影が可能だ。フロントエンドLSIによって、連写中に1コマごとに最適な画像処理を実行するという。フロントエンドLSIの搭載により、連写後のプレビューも非常にスピーディでレスポンスも改良されている。

画像処理エンジンのBIONZ XをサポートするフロントエンドLSIを搭載する

画像処理エンジンのBIONZ XをサポートするフロントエンドLSIを搭載する

AFシステムは、コントラスト検出方式と位相差検出方式を組み合わせたファストハイブリッドAF

AFシステムは、コントラスト検出方式と位相差検出方式を組み合わせたファストハイブリッドAF

315点の像面位相差AFセンサーを、撮像エリアの約65%に高密度に配置。連写性能が高く、動体撮影もカバーできる

レンズは、前世代の「RX100M4」と同じ、カールツァイスブランドの「ZEISSバリオ・ゾナーT*」。35mm判換算で広角24mm〜望遠70mmの画角に対応する光学2.9倍ズームレンズ。ズーム全域で明るく、開放F値は広角端でF1.8、望遠端でF2.8となっている。

デザインやサイズはRX100M4から変わっていない。レンズも同じZEISSバリオ・ゾナーT*

デザインやサイズはRX100M4から変わっていない。レンズも同じZEISSバリオ・ゾナーT*

可動式液晶モニターを搭載。上方向は約180度、下方向は約45度まで角度調整できる

可動式液晶モニターを搭載。上方向は約180度、下方向は約45度まで角度調整できる

像面位相差AFに対応し、4K動画撮影時でもスムーズかつ緻密なフォーカシングが可能に

像面位相差AFに対応したことで、動画撮影機能も強化されている。まず、ピントにシビアな4K動画撮影時でも、高精度・高追従なフォーカシングが可能になった。「α7R II」などと同じく、AF駆動速度設定とAF追従感度設定が可能で、幅広い映像表現ができるという。従来通り、画素加算のない全画素読み出し4K動画の撮影をサポート。モアレやジャギーが少なく、解像感の高い4K動画画質を実現している。

フロントエンドLSIを搭載したことで、最大960fps(40倍)のスーパースロモーションの撮影時間がRX100M4と比較して約2倍に伸びている。これにより、一連の動作をスーパースロモーションで撮影したり、編集用の素材としてスーパースロモーションを活用できるようになった。

そのほか、サイレント撮影、約235万ドットの高解像度な収納式有機ELファインダー、高速に動く被写体を撮影する際に起こりやすい動体歪みを低減する「アンチディストーションシャッター」、AF-Cモードでの瞳AF、Wi-Fi/NFC/QRコードなど、RX100M4と同じ充実した撮影機能を備える。

本体サイズはRX100M4と同じ。101.6(幅)×58.1(高さ)×41(奥行)mm、重量は1g増の約299g(バッテリーNP-BX1、メモリースティック デュオを含む)。RX100M4との違いは、本体前面のラインの加工。堀が浅くなり、光沢感のある仕上げが施されている。また、メインダイヤルの溝が少し深くなり、回しやすくなっている。

左がRX100M4、右がRX100 V。見た目はほとんど変わっていない

左がRX100M4、右がRX100 V。見た目はほとんど変わっていない

操作ボタンのレイアウトも共通

操作ボタンのレイアウトも共通

RX100シリーズ用の水中ハウジングも合わせて発表された。耐圧水深40mの高い防水性能を実現した水中ハウジングで、内部パーツを入れ替えることで、初代のRX100から最新のRX100 Vまで全モデルに対応する。発売は11月25日の予定で、予想実売価格は3万円前後(税別)

RX100シリーズは2012年に初代モデルが発売され、今回のRX100 Vで5世代目となる。初代モデルは発売から約4年が経過しているが、価格.comの「デジタルカメラ」カテゴリーの人気ランキングで3位に入っており、いまだに高い人気をキープしている。そのほかのモデルは、RX100M3が2位、RX100M4が24位、RX100M2が64位(2016年10月14日時点)。今回のRX100 Vは、高速AFと高速連写を実現し、動体撮影までカバーできるモデルとして、ほかのモデルと上手く棲み分けできている。すべてのモデルが現行モデルとして販売されており、予算やニーズに合わせて選べるのがRX100シリーズの魅力と言っていいだろう。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.6.26 更新
ページトップへ戻る