ニュース
「docomo in Car Connect」で車内がWi-Fiスポットに

新「サイバーナビ」は車内でネット使い放題!YouTubeもブルーレイレコーダーのリモート視聴も

2019年10月2日、パイオニアはカーAVブランド「カロッツェリア」のフラッグシップカーナビゲーション「サイバーナビ」の最新モデルを発表した。

カロッツェリア 新「サイバーナビ」は、定額の通信ネットワークを利用した映像コンテンツの視聴を特徴としたモデルだ

新サイバーナビは、9V型、8V型、7V型と3種類のディスプレイサイズをラインアップしている。それぞれの予想価格(メーカー公表)については、以下のとおりだ。

■新サイバーナビの機種ラインアップと予想価格(税別)
-9V型-
AVIC-CQ910-DC:210,000円前後
AVIC-CQ910:190,000円前後
-8V型-
AVIC-CL910-DC:190,000円前後
AVIC-CL910:170,000円前後
-7V型 200mmワイド-
AVIC-CW910-DC:170,000円前後
AVIC-CW910:150,000円前後
-7V型-
AVIC-CZ910-DC:170,000円前後
AVIC-CZ910:150,000円前後
※型番に「〜-DC」と記載されている機種は「ネットワークスティック」同梱モデル(詳しくは後述)

新サイバーナビの特徴は、市販カーナビとしては初となる、NTTドコモの車内向けインターネット接続サービス「docomo in Car Connect」に対応していることだ。2019年7月12日にサービスが開始されたばかりのdocomo in Car Connectは、LTEのデータ通信網を使ってWi-Fiアクセスポイントを車内に作り上げることができるというものだ。これによって、ユーザーは車内でスマホやタブレットをWi-Fi経由でインターネットに接続して、さまざまなコンテンツを楽しめるようになるほか、これまでのカーナビでは実現できなかったサービスが新サイバーナビで可能となる。

新サイバーナビでは、YouTube動画の視聴が可能となっている。上の画像では、左にYouTube動画を表示させて、右にはナビの地図画面を表示

そのひとつが、YouTubeが視聴可能になったことだ。ホーム画面から「Streaming Video」を選択するだけで、YouTube動画を見ることができる。また、画面上からYouTubeのタイトルを検索できるほか、YouTubeへログインしてお気に入りの動画を見ることなども可能だ。

あらかじめ、スマートフォンに「DiXiM Play for carrozzeria」アプリをインストールしてブルーレイレコーダーの情報を設定しておき、新サイバーナビとペアリングさせることでブルーレイレコーダーの映像などを新サイバーナビの画面上で見ることができる

また、新サイバーナビでは家庭用ブルーレイレコーダーなどに保存している映像コンテンツを遠隔で再生することができる「レコーダーアクセス」機能を搭載。スマートフォンアプリ「DiXiM Play for carrozzeria」を使ってスマートフォンと新サイバーナビをペアリング接続することで、たとえば自宅のブルーレイレコーダーで録画した番組や放送中の番組などを、新サイバーナビ上で視聴することができる。

なお、当記事掲載時点でレコーダーアクセス機能に対応しているブルーレイレコーダーやNASは、以下の機種になる。

■新サイバーナビに対応するブルーレイレコーダー(2019年10月2日時点)
パナソニック:「おうちクラウドディーガ」「ディーガ」
シャープ:「AQUOS 4Kレコーダー」「AQUOSブルーレイ」
東芝:「レグザタイムシフトマシン」「レグザブルーレイ」
アイ・オー・データ機器:「REC-ON」「テレキング」「RECBOX DR」
バッファロー:「リンクステーション LS411DX」

また、新サイバーナビがWi-Fiスポットになることで、車内で通信容量を気にせずにスマートフォンを使うことができたり、「Amazon Fire TV Stick」を新サイバーナビに接続することで、「Amazon Prime Video」や「amazon Prime Music」などの映像、音楽サービスを車内で楽しむことができるようになった。

これらのインターネット接続サービスを利用するには、「ネットワークスティック」と呼ばれる通信機器と、docomo in car Connectとの有料契約が必要となる。ネットワークスティックは、「AVIC-CQ910-DC」「AVIC-CL910-DC」「AVIC-CW910-DC」「AVIC-CZ910-DC」など、型番の後ろに「-DC」がつく機種に同梱されている。また、docomo in car Connectの利用料金は以下のとおりで、1日単位でも利用可能だ。たとえば毎日の通勤などで使用するのか、もしくは年に数回の家族旅行などの際に使うのかなど、利用シーンによって使い分けることができる点が便利だ。

■docomo in car Connectの利用料金
1日(24時間)プラン:500円
30日プラン:1,500円(1日あたり50円)
365日プラン:12,000円(1日あたり約33円)

なお、ネットワークスティックが同梱されている新サイバーナビを購入すると、docomo in car Connectを1年間無料で利用することができる。

新サイバーナビの前面ディスプレイは、完全にフルフラット化されている

新サイバーナビの前面ディスプレイは、完全にフルフラット化されている

新サイバーナビでは、ハードウェア面においても大きく変更されている。デザインは完全にフルフラット化され、グリルにはダークメタル調の塗装が施された。従来、画面下部にあったハードウェアキーはなくなり、静電タイプのフラットキーが新たに採用された。このフラットキーのイルミカラーは5色から選ぶことができ、自動でカラーチェンジする「レインボーモード」も搭載されている。

また、ディスプレイにはIPS方式の高精細なHDパネルを採用。サイバーナビ史上最高の画質で、さまざまな映像を楽しむことができる。

パイオニアによると、近年は自動車メーカー各社のコネクテッド化が進んできているものの、その主流は安全技術であり、エンターテインメント領域に関してはそれほどの進歩が見られなかった。だが、そこへdocomo in car Connectサービスが登場したことで、これまでは通信容量の制約によって難しかった、さまざまなサービスを実現することができたという。

新サイバーナビが他社に先駆けてdocomo in car Connectへ対応したことで、車内の過ごしかたの概念そのものが、これからは大きく変わってきそうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
カー用品のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る