ニュース
2代目「ハスラー」は2020年1月20日に発売

スズキ 新型「ハスラー」が2020年1月20日に発売!ジムニーのようなタフでスクエアな形に

2014年に初代が発売されてから、これまでにおよそ47万台を販売したスズキで人気の軽クロスオーバーワゴン「ハスラー」の新型モデル(2代目)が、2019年12月24日(火)に発表された。発売は、2020年1月20日が予定されている。

2代目となるスズキ 新型「ハスラー」が、2020年1月下旬に発売される

2代目となるスズキ 新型「ハスラー」が、2020年1月20日に発売される

新型ハスラーのグレード構成は、以下の通りだ。エンジンラインアップは、NA(自然吸気)車とターボ車の2種類があり、トランスミッションはCVTのみ。全車にマイルドハイブリッドが搭載されており、すべてのグレードに2WDと4WDが用意されている。安全装備の「スズキ セーフティサポート」は、HYBRID Gの非装着車グレードをのぞき、全車に装着されている。

■スズキ 新型ハスラーのグレードラインアップと価格
-HYBRID G-
1,365,100円[2WD]/1,499,300円[4WD]
全方位モニター用カメラパッケージ装着車:1,417,900円[2WD]/1,552,100円[4WD]
全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車:1,549,900円[2WD]/1,684,100円[4WD]
スズキ セーフティサポート非装着車:1,280,400円[2WD]/1,414,600円[4WD]

-HYBRID Gターボ-
1,459,700円[2WD]/1,593,900円[4WD]
全方位モニター用カメラパッケージ装着車:1,512,500円[2WD]/1,646,700円[4WD]
全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車:1,644,500円[2WD]/1,778,700円[4WD]

-HYBRID X-
1,518,000円[2WD]/1,652,200円[4WD]
全方位モニター用カメラパッケージ装着車:1,570,800円[2WD]/1,705,000円[4WD]
全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車:1,702,800円[2WD]/1,837,000円[4WD]

-HYBRID Xターボ-
1,612,600円[2WD]/1,746,800円[4WD]
全方位モニター用カメラパッケージ装着車:1,665,400円[2WD]/1,799,600円[4WD]
全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車:1,797,400円[2WD]/1,931,600円[4WD]

新型ハスラーでは、グレードごとに「全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車」や「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」といったパーツ装着車を選ぶことができる。

新型「ハスラー」に搭載されている「全方位モニター」機能。運転席からでは死角となって見えないような場所にある障害物なども、この機能で確認することができる

「全方位モニター」とは、クルマの前後左右に設置されたカメラによって、自車を真上から見ているかのような視点でクルマの周囲を確認できる機能のこと。この全方位モニター機能を使うには、対応しているスズキのカーナビの装着が必要となる。なお、「全方位モニター付メモリーナビゲーション装着車」はカメラと対応するカーナビがセットになっているグレードで、「全方位モニター用カメラパッケージ装着車」は、全方位モニター機能を使うためのカメラは装着されているがカーナビは別途自身で用意する必要があるというグレードだ。

新型「ハスラー」のフロントイメージ

新型「ハスラー」のフロントイメージ

新型「ハスラー」のリアイメージ

新型「ハスラー」のリアイメージ

新型ハスラーは、内外装のデザインから使い勝手、走行性能、安全性能まで多くの進化を遂げている。外観デザインは、丸目のヘッドライトなどこれまでのハスラーの個性は生かしながらも先代よりもSUVらしい、「ジムニー」のようにスクエアな形状でタフさを強調したデザインが採用されている。

新型「ハスラー」のフロントフェイス

新型「ハスラー」のフロントフェイス

フロントフェイスは、先代ではエンジンフードがやや前下がりになっていたが、新型ではフードを地面と水平なスクエア形状とすることで存在感を増している。

新型「ハスラー」のサイドビュー

新型「ハスラー」のサイドビュー

また、サイドビューには力強い水平基調のラインが用いられているほか、うしろ下がりになっていたバックドアをフロントと同様に起こしてスクエア形状としており、そのスペースには「リアクォーターガラス」が追加されている。このリアクォーターガラスによって、先代よりもSUVらしい力強さが増しているほか、運転時の斜め後方視界も向上させている。

なお、ピラーについては、先代ではAピラー、Bピラーともに黒色だったが、新型ではボディーと同色とすることで、ドアの頑丈さやボディーの重厚さが表現されている。

そのほか、ヘッドライトやグリル、バンパーなどの各パーツは、それぞれをあえて独立してデザインすることで、ハスラーの個性をより強調させた。

新型「ハスラー」のインパネ

新型「ハスラー」のインパネ

インテリアは、アウトドアアイテムのようにプロテクトされた造形がデザインされている「インパネアッパーボックス」が新たに採用されているほか、「フロアコンソール」や後席の「パーソナルテーブル」「シートバックポケット」など、収納スペースや使い勝手を高めた機能が新たに追加されている。

新型「ハスラー」のフロントシート

新型「ハスラー」のフロントシート

新型「ハスラー」のリアシート

新型「ハスラー」のリアシート

さらに、新型ハスラーでは先代よりもホイールベースを35mm伸ばしているが、その伸びた分をすべて前後席間距離の拡大に費やしている。そして、後席は前席との距離が広がっただけでなく、ボディのスクエア化によって頭上や肩周りの空間も拡大しており、居住性が大きく向上している。

新型「ハスラー」のラゲッジルーム(リアシートを立てている状態)

新型「ハスラー」のラゲッジルーム(リアシートを立てている状態)

新型「ハスラー」のラゲッジルーム(リアシートを倒した状態)

新型「ハスラー」のラゲッジルーム(リアシートを倒した状態)

ラゲッジルームは、防汚タイプのラゲッジフロアが採用されている。また、樹脂製のラゲッジアンダーボックスが加わり、リアシートのスライドが後方から操作できるようになったことなどによって、使い勝手がさらに高められている。

新型ハスラーでは、走行性能も大きく進化している。NA車には、新開発の「R06D」型エンジンを搭載。同エンジンは、スズキの普通車にはすでに採用されているがスズキの軽自動車では初となる「デュアルインジェクションシステム」や「クールドEGR」を採用することなどによって、エンジンの熱効率を向上。また、ターボ車には「ジムニー」などに採用されている「R06A」型ターボエンジンを搭載している。

トランスミッションは、スズキ初の「2ポートオイルポンプ」などの新技術を採用した、新開発CVTが搭載されている。このCVTは、軽量化や効率化などによって実燃費の向上と軽快な走りを両立させているという。

ハイブリッドシステムは、高出力化された「ISG」(モーター機能付発電機)や充放電効率を向上させたリチウムイオンバッテリーを搭載したマイルドハイブリッドを、全車標準装備している。

新型「ハスラー」の天井には「高減衰マスチックシーラー」が施されることで、こもり音などを防ぎ、会話明瞭度が向上していると言う

新型ハスラーでは、ボディそのものにも改良が施されている。スポット溶接部に、スズキ初となる「構造用接着剤」が使われているほか、他社を含めた軽自動車で初となる「高減衰マスチックシーラー」と呼ばれるシーリングが天井に施されることで、車内のこもり音や雨音を低減させている。

新型「ハスラー」では、先代に搭載されていた「ヒルディセントコントロール」に加えて、新たに雪道などで安全に走行できる「スノーモード」が追加された(4WD車のみ)

そのほか4WD車には、雪道やアイスバーンなどでタイヤの空転を抑え、スムーズに発進することができる「スノーモード」が追加されるなど、さまざまな面で走行性能が向上している。

安全装備については、冒頭でも述べたが「HYBRID G」の一部グレードを除き、全車にスズキの統合安全技術「スズキ セーフティサポート」が標準装備されている。先代にも搭載されていた「デュアルカメラブレーキサポート」は、「夜間歩行者検知機能」や「標識認識機能」、「後退時ブレーキサポート」などが新たに追加された。

また、ターボ車にはスズキの軽自動車初となる「全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)」や、ステアリングを自動で操作して車線内を維持してくれる「車線逸脱抑制機能」が搭載された。

フルモデルチェンジによって、さまざまな性能や機能が進化しただけでなく、より幅広いユーザーに応えられるクルマへと成長した新型「ハスラー」

今回の新型ハスラーは、外観から内装、走りに至るまで、先代をうまく踏襲しながら進化を遂げた。先代ハスラーが人気となった理由のひとつである「アクティブな遊び方や、ワクワクを提供する」という方向性は崩さず、タフさを加えることで使い勝手を高めながら、さらに楽しめるクルマへと成長している。先代ではややかわいらしい外観であったが、新型は少したくましいイメージになったので、男性にも女性にも勧められるようになった。

新型ハスラーは、ジムニーのような本格的な悪路走破性は必要ないけれど、ふだん使いからキャンプなどちょっとしたアウトドアまで、さまざまなシーンでクルマを活用したいというユーザーに幅広くマッチするクルマと言えそうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る