ニュース
スモークシースルー機能やSDカードメンテナンスフリー機能を搭載

機能も豊富!ケンウッドがコスパの高い2カメラドラレコ「DRV-MR450」を発売

JVCケンウッドは、前後を撮影できる2カメラドライブレコーダーの新製品「DRV-MR450」を、2020年6月下旬に発売すると発表した。

DRV-MR450は、同社の2カメラドライブレコーダー製品のラインアップでは、エントリーに位置する高コスパ製品。最大の特徴は、同社の2カメラドライブレコーダーの最上位機種である「DRV-MR745」に採用されている「スモークシースルー機能」が、同機種にも採用されていることだ。

クルマのリアガラスにはスモークフィルムを貼っているクルマが多いが、ドライブレコーダーのリアカメラで後方を撮影すると、スモークフィルムによって映像が暗くなってしまう。そこで、同社ではリアのスモークガラスの濃さに合わせて映像の明るさを3段階で調整できる「スモークシースルー機能」を、2019年11月に発売されたDRV-MR745に初搭載した。

画像は、上がノーマルガラスで撮影したもので、下がスモークガラスに「スモークシースルー機能」を使って撮影した例(レンズの前にスモークフィルムを添付)。下のスモークガラスの画像も明るく撮影できていることがわかる

DRV-MR745は、価格.comのドライブレコーダーの売れ筋ランキング(2020年5月18日時点)で1位を獲得しているなど人気の機種だが、ユーザーレビューを見てみるとスモークシースルー機能が搭載されていることを高く評価するユーザーが多くいることがわかる。以下に、スモークシースルー機能に関するレビューの一部を抜粋する。

・昼夜、スモークガラス越しでもきれいな映像が撮れます。ナンバープレートの陸運局の地区名の漢字まで、明確に識別できます。


・スモークガラス対応の売り文句で購入した。軽自動車だが、リアにスモークが張られているのでこの製品にした。結果、よく映っている。フロントと比べても遜色ない。なお、明るさは明るめに設定している。


・スモークガラス対応、リアカメラ付きで画質が良く満足しています。フロントカメラは、まずまずの画角と高画質で満足です。リアカメラも画質が良くクリアな映像です。スモークガラスの設定を変えることができます。2020年製のフリードプラスに取り付けていますが、色が薄い設定で使っています。

このスモークシースルー機能が、今回発表された新モデル「DRV-MR450」にも搭載される。同機能が採用されているのは、記事掲載時点では、DRV- MR745のみなので、ユーザーにも好評のこの機能がDRV-MR450に搭載されたメリットはとても大きいだろう。

また、DRV-MR450には、ケンウッドの2カメラドライブレコーダーでは初となる機能も搭載されている。それが、「SDカードメンテナンスフリー機能」だ。ドライブレコーダーは、運転中は基本的にずっと録画し続けていることからmicroSDカードの負担が大きく、そのまま使い続けるとmicroSDカードの消耗によって書き込みエラーが発生してしまう場合がある。そういったmicroSDカードの消耗を防ぐために、これまでドライブレコーダーのmicroSDカードは定期的なフォーマット作業が必要となっていた。

だが、SDカードメンテナンスフリー機能では、microSDカードの録画領域をあらかじめ確保して断片化を防いでくれることなどによって、定期的なフォーマットが不要となってmicroSDカードの書き込みエラーなどの発生を防いでくれるという。

また、DRV-MR450は、ボディが従来機よりもコンパクトになっているほか、フロントカメラの画角がDRV-MR745と同様に広角で撮影できることも特徴だ。以下に、DRV-MR450、DRV-MR745、DRV-MR740の仕様・スペックを並べて比較してみよう。

■画角(フロントカメラ)
DRV-MR450:水平 約122°垂直 約63°対角 約150°
DRV-MR745:水平 約122°垂直 約63°対角 約150°
DRV-MR740:水平 約100°垂直 約52°対角 約111°


■画角(リアカメラ)
DRV-MR450:水平 約100°垂直 約52°対角 約111°
DRV-MR745:水平 約100°垂直 約52°対角 約111°
DRV-MR740:水平 約100°垂直 約52°対角 約111°


■スモークシースルー機能搭載の有無
DRV-MR450:○
DRV-MR745:○
DRV-MR740:×


■SDカードメンテナンスフリー機能の有無
DRV-MR450:○
DRV-MR745:×
DRV-MR740:×


■付属microSDカードの容量
DRV-MR450:16GB
DRV-MR745:32GB
DRV-MR740:16GB


■モニターサイズ
DRV-MR450:2.0型フルカラーTFT液晶
DRV-MR745:2.7型フルカラーTFT液晶
DRV-MR740:2.7型フルカラーTFT液晶

上記で3機種を比較してみると、DRV-MR450の特徴は、スモークシースルー機能やSDカードメンテナンスフリー機能など、魅力的な機能を搭載していることに加え、フロントカメラが広角であることがあげられる。また、DRV-MR745、DRV-MR740は2.7型の液晶モニターを採用しているが、本機は2.0型となり、ボディもコンパクト化している。

DRV-MR450の機能としては、前述したもの以外にも映像の黒つぶれや白とびを抑えてくれる「HDR(ハイダイナミックレンジ)機能」や、駐車時に衝撃や動体を検知すると録画してくれる「駐車監視機能」、前方衝突や車線逸脱などドライブ中の安全運転をサポートしてくれる「運転支援機能」など、昨今の高性能なドライブレコーダーで標準的な機能はひととおり搭載されている。

最後に価格についてだが、DRV-MR450の市場想定価格は25,000円前後となっている。機能豊富で価格も手が届きやすくコスパは高い。発売直後から大きな人気を得る可能性も高そうで、注目のモデルと言えそうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
カー用品のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る