ニュース
2Lから2.4Lへ排気量アップ!外観も大幅に刷新

2.4L水平対向エンジン搭載! スバル 新型「BRZ」世界初公開

2020年11月18日、スバルはFRスポーツカー「BRZ」の新型モデル(米国仕様車)を世界初公開した。

2020年11月18日、スバルが発表した2代目となる新型「BRZ」。2.4リッターへと排気量アップされた水平対向4気筒エンジンの搭載や、エクステリアの刷新、BRZで初となる運転支援システム「アイサイト」の搭載などが主な特徴だ

2020年11月18日、スバルが発表した2代目となる新型「BRZ」。2.4リッターへと排気量アップされた水平対向4気筒エンジンの搭載や、エクステリアの刷新、BRZで初となる運転支援システム「アイサイト」の搭載などが主な特徴だ

BRZは、2012年に初代モデルが発売されており、今回は初のフルモデルチェンジとなる。米国での発売は、2021年秋が予定されている。記事公開時点で公表されているスペックについては、以下の通りだ。

■スバル 新型「BRZ」(米国仕様車)の主な諸元(開発目標値)
駆動方式:RWD(後輪駆動)
全長×全幅×全高(インチ):167.9×69.9×51.6
ホイールベース(インチ):101.4
エンジン:2.4L 水平対向4気筒(筒内直接+ポート燃料噴射装置[TOYOTA D-4S])
最高出力:228hp
最大トルク:184lb.-ft
トランスミッション:6MT/6AT
サスペンション形式:ストラット式独立懸架(前)/ダブルウィッシュボーン式独立懸架(後)
タイヤサイズ:215/45R17(Premiumグレード)/215/40R18(Limitedグレード)
※タイヤは、18インチモデルのみミシュラン「PILOT SPORT4」を装着

搭載エンジンは、水平対向4気筒という点はこれまでと変わらないものの、排気量が2リッターから2.4リッターへとアップされているのが特徴だ。ベースエンジンについては現時点では不明だが、北米で発売されている現行「レガシィ」(7代目モデル)に搭載されている「FA24」などが考えられるだろう。なお、水平対向エンジンにトヨタの直噴技術「D-4S」が組み合わせられているという点は、初代と同じだ。

スバル 新型「BRZ」の走行イメージ

スバル 新型「BRZ」の走行イメージ

最高出力は、228HPに。最大トルクは、およそ249N・mへとそれぞれ向上している。また、6AT車は「SPORT」モードの制御が進化しており、車両がスポーツ走行中と判断した場合には、最適なシフト操作によってダイレクト感のあるコーナーリングを実現しているという。

ボディは、SGP(スバルグローバルプラットフォーム)のノウハウが取り入れられ、インナーフレーム構造や構造用接着剤などを用いることによって、フロントの横曲げ剛性を約60%、ねじり剛性を約50%向上している。それによって、ステアリングの応答性やコーナーリング時のトラクション性能を向上。また、ルーフやボンネットフード、フロントフェンダーなどにアルミ素材を使うことで、エンジン排気量アップなどによる重量増を抑え、重量配分の適正化や低重心化を実現し、運動性能を向上させている。

上が新型「BRZ」、下が初代「BRZ」のフロントエクステリア

上が新型「BRZ」、下が初代「BRZ」のフロントエクステリア

上が新型「BRZ」、下が初代「BRZ」のリアエクステリア

上が新型「BRZ」、下が初代「BRZ」のリアエクステリア

新型BRZのエクステリアだが、初代と比べてもっとも変わったと思われる部分が、ヘッドライトとリアコンビランプの造形だ。初代では、ティアドロップ型のデザインが採用されていたが、新型では直線的でシンプルなものに変更されている。また、初代と同様に採用されているフロントの「ヘキサゴングリル」は、開口部がよりワイドになってインパクトが強められている。

新型「BRZ」のフロントフェンダー後方には、初代にはなかったエアアウトレットが備えられている

新型「BRZ」のフロントフェンダー後方には、初代にはなかったエアアウトレットが備えられている

またサイドデザインでは、フロントフェンダー後方に、新たにエアアウトレットが備えられた。

スバル 新型「BRZ」のインテリア

スバル 新型「BRZ」のインテリア

スバル 新型「BRZ」には、新たにフルデジタルの液晶メーターが採用されている

スバル 新型「BRZ」には、新たにフルデジタルの液晶メーターが採用されている

インテリアでは、初代はアナログメーターとデジタル情報を統合させた「マルチインフォメーションディスプレイ」が採用されていたが、新型ではフルデジタルメーター化されている。メーター中央に位置するタコメーターやスピードメーターは、複数のデザインの中から選ぶことができる。

また、運転支援システム「アイサイト」が、BRZとしては初採用される。衝突被害軽減ブレーキや全車速追従機能付きクルーズコントロールなどを備えたアイサイトは、AT車に標準装備される。

スバルは、新型BRZについて「トヨタとの業務提携で掲げる『もっといいクルマづくりの追求』の取り組みを通じて、共同開発したクルマ」と述べていることから、近い将来にトヨタ「86」が新型モデルとして登場する可能性も高そうだ。

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る