ニュース
姉妹車のトヨタ「bZ4X」との違いは!?

スバル初のEV「ソルテラ」世界初公開!2022年に日本で発売予定

2021年11月11日、スバルは同社初のEVである「SOLTERRA(ソルテラ)」を世界初公開した。

2021年11月11日に世界初公開された、スバル初の電気自動車「SOLTERRA(ソルテラ)」。ソルテラという車名は、ラテン語で太陽を意味する「SOL」と、地球や大地を表す「TERRA」を組み合わせたもの

2021年11月11日に世界初公開された、スバル初の電気自動車「SOLTERRA(ソルテラ)」。ソルテラという車名は、ラテン語で太陽を意味する「SOL」と、地球や大地を表す「TERRA」を組み合わせたもの

ソルテラの製品画像
スバル
-
(レビュー-人・クチコミ3件)
新車価格:―円 (中古車:―円

ソルテラは、トヨタとの共同開発による電気自動車で、2022年の半ばまでに日本や米国、カナダ、欧州、中国などで順次販売が開始される予定となっている。ソルテラの主なスペックについては、以下のとおりだ。

■スバル 新型「ソルテラ」の主なスペック(日本仕様)
駆動方式:FWD/AWD
全長×全幅×全高:4,690×1,860×1,650mm
ホイールベース:2,850mm
最小回転半径:5.7m
車重:1,930kg〜(FWD)/2,020kg〜(AWD)
最大出力(フロントモーター):150kW(FWD)/80kW(AWD)
最大出力(リアモーター、AWD車のみ):80kW(AWD)
動力用電池の種類:リチウムイオン電池
総電力量:71.4kWh
一充電走行距離(WLTCモード、日本国内向け基準):530km前後(FWD)、460km前後(AWD)

2021年10月29日に発表された、スバル「ソルテラ」の姉妹車であるトヨタ「bZ4X」

2021年10月29日に発表された、スバル「ソルテラ」の姉妹車であるトヨタ「bZ4X」

今回、発表されたソルテラのスペックについて、(少し前に発表された)姉妹車であるトヨタ「bZ4X」と比較してみると、車重(bZ4Xは、1,920kg〜[FWD]、2,005kg〜[4WD]とわずかに軽い)や、一充電走行距離(bZ4Xは、500km前後[FWD]、460km前後[4WD])などの値は多少異なっているものの、公表されているスペックはほぼ同じ値となっている。

「ソルテラ」(下)と「bZ4X」(上)の2車種における大きな違いは、フロントフェイスだ

「ソルテラ」(下)と「bZ4X」(上)の2車種における大きな違いは、フロントフェイスだ

両車で、大きく異なるのはエクステリアデザインだ。フロントフェイスは、ヘッドライトやフロントグリル、ロアバンパーなどの造形が異なっている。ヘッドライトは、近年のスバル車に採用されている「Cシェイプ」形状が用いられ、ロービームはスバル車で初採用となる、複数のプロジェクターが用いられたものとなっている。フロントグリルは、エンジン搭載車のような放熱性の高さを感じさせるものではなく、電気自動車らしいシームレスなデザインとなっている。さらに、ソルテラのフロントグリルの形は、スバルのアイデンティティであるヘキサゴングリルであるところなどが、bZ4Xと異なる部分だ。

「ソルテラ」(下)と「bZ4X」(上)のリアデザインを比較

「ソルテラ」(下)と「bZ4X」(上)のリアデザインを比較

リアについては、フロントフェイスほどの違いはないものの、リアコンビネーションランプの造形が異なっている。

「ソルテラ」のサイドイメージ。従来のミドルサイズSUVと比較すると、ホイールベースの長さがあげられる

「ソルテラ」のサイドイメージ。従来のミドルサイズSUVと比較すると、ホイールベースの長さがあげられる

ソルテラのボディサイズ(4,690×1,860×1,650mm)は、全長や全幅はスバル「フォレスター」(4,640×1,815×1,715mm)やトヨタ「ハリアー」(4,725×1,835×1,690mm)に近い数値だが、全高は3車種のなかではソルテラがもっとも低い。また、ソルテラはミドルサイズSUVとしてはホイールベースが長い(2,850mm)のも特徴的だ(フォレスターは2,670mm、ハリアーは2,660mm)。ちなみに、このホイールベースの値は、トヨタ「ランドクルーザー」と同じ数値になる。なお、ソルテラの最小回転半径は5.7mと、ハリアーのハイブリッド車と同じ数値なので、多少大回りにはなるものの、取り回しにおいて大きな支障はなさそうだ。

「ソルテラ」のインテリアイメージ

「ソルテラ」のインテリアイメージ

「ソルテラ」では、スバル初となるステアリングの上から見下ろすタイプのデジタルメーター「トップマウントメーター」が採用されている

「ソルテラ」では、スバル初となるステアリングの上から見下ろすタイプのデジタルメーター「トップマウントメーター」が採用されている

ソルテラの長いホイールベースによって、室内は広々としていて開放的な空間を実現している。また、インテリアの特徴としては、ステアリングホイールの上から見下ろすタイプのデジタルメーター「トップマウントメーター」が、スバル車として初めて採用されていることがあげられる。センターコンソールには、大画面の12.3インチマルチメディアシステムを搭載。車両とスマートフォンとの接続には、ワイヤレス方式が採用されており、非接触式の充電器がセンターコンソール中央に装備されている。また、スマートフォンをクルマのキーとして使える「デジタルキー」機能も採用されており、ドアロックによるクルマの起動などが可能となっている。さらに、スマートフォンアプリによって窓の開閉やドアの施錠、解錠、空調の予約設定などをリモート操作することができる。そのほか、「全自動駐車支援機能」が搭載されており、車外からスマートフォンを使って車両を操作することもできるという。

「ソルテラ」のセンターコンソール。シフトがダイヤル式になっていることも、特徴のひとつ

「ソルテラ」のセンターコンソール。シフトがダイヤル式になっていることも、特徴のひとつ

また、空調機能に関しては、少ない電力で体を暖めることができる「シートヒーター」や「ステアリングヒーター」が搭載されているほか、消費電力の少ないヒートポンプ方式のエアコンも採用されている。これによって、冬場など気温が低いときの消費電力が抑えられ、航続距離を伸ばしているという。

「ソルテラ」の走行イメージ

「ソルテラ」の走行イメージ

ソルテラが搭載するバッテリー総電力量は71.4kWhで、1回の充電で走れる距離はカタログ値(WLTCモードの一充電走行距離)で、FWD車が530km前後、AWD車が460km前後となっている。たとえば、日産のEV「アリア」のバッテリー総電力量は、66kWhと91kWhの2種類があり、航続距離のカタログ値はそれぞれ450km、610kmとなっている。また、日産「リーフ」は40kWhと62kWhの2種類が用意されており、走行距離は322km、458kmとなっている。そのことから、ソルテラは比較的多くのバッテリー容量を搭載しており、航続距離も長めと言えそうだ。また、ソルテラはDC急速充電にも対応しており、充電口は助手席側のフロントタイヤ上部に搭載されている。

「ソルテラ」の走行イメージ

「ソルテラ」の走行イメージ

走行性能について、FWD車はフロントにモーターをひとつ、AWD車はフロントとリアにひとつずつ、合計2つのモーターが搭載されている。最高出力は、FWD車のフロントモーターは150kW、AWD車はフロントモーター、リアモーターでそれぞれ80kWを発生させる(システム最高出力は160kW)。加速性能は、スバルでは公表されていなかったのだが、トヨタのbZ4Xで公表されていた値によると、0-100km/hはFWD車で8.4秒、AWD車で7.7秒とのことだ。

また、AWD車には前後モーターをそれぞれ独立制御させるための新しいAWDシステムが採用されており、前後駆動力配分の自由度が高まることによって、4輪のグリップを使った安定感の高い走りを実現しているという。さらに、AWD車にはスバルの車両統合制御システム「X-MODE」に加えて、新たに開発された「GripControl」が採用されることによって、悪路における走破性が高められている。X-MODEは、ソルテラとbZ4Xの両車に採用されており、トヨタ車がX-MODEを採用するのは初という。

最後に、まだ正式には公表されていないのだが、ボディカラーやインテリアカラーなどがソルテラとbZ4Xでは一部異なっているほか、走りにおいても異なった味付けとなっているなど、エクステリアデザイン以外にも差別化が施されているそうだ。その詳細について、ソルテラ 開発責任者の小野大輔さんは「(実は)走りの部分にも差があるのですが、それはご試乗いただいて体感いただければ」とのことであった。その走りの違いについては、残念ながら今回は明かされなかったため、詳細について続報を待ちたいと思う。

スバル車の最新情報満載 価格.com「SUBARU CHANNEL」をチェック!

桜庭智之(編集部)

桜庭智之(編集部)

PC、AV家電を中心に幅広く担当。クルマ好きのため、週末はフラフラと1000km超を運転する長距離ドライバーと化します。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
ソルテラの製品画像
スバル
-
(レビュー-人・クチコミ3件)
新車価格:―円 (中古車:―円
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る