“弾丸”試乗レポート
次世代エネルギーカーと豊富なスポーツカーで華やかさが復活!

エコとスポーツの祭典となった「東京モーターショー2015」レポート

2年に一度の東京でのモーターショーが開幕した。今年は、どんなクルマが披露されたのだろうか? また、その雰囲気は? 日本開催ならではの特徴は? モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

2015年11月8日まで開催されている「東京モーターショー2015」。その見どころやポイントを解説しよう

2015年11月8日まで開催されている「東京モーターショー2015」。その見どころやポイントを解説しよう

今回の東京モーターショーは熱気と華やかさでは世界でもトップクラスだ

2015年10月28日に開幕した「東京モーターショー2015」。初日、2日目のプレスデイから一般公開までを取材して得た印象から先に述べたい。今年のショーは、非常に熱気にあふれていた。

開幕初日のプレスカンファレンスのトップバッターはマツダだ。ロータリーエンジンを搭載すると宣言したスポーツカー「RX-VISION」のアンヴェールをひと目見ようという記者や関係者でブースはすし詰め状態。今年のショーの印象を決定づけたとも言えるような熱気のこもったプレスカンファレンスとなったのだ。続いてプレスカンファレンスは日産、フォルクスワーゲンと続くが、どちらも身動きできないほどの混雑ぶり。特にフォルクスワーゲンは、不正発覚後の初の国際ショーということもあり注目度が高いようであった。ちなみにドイツから駆けつけたCEOのヘルベルト・ディース氏は、スピーチで「フォルクスワーゲンは、過ちを犯してしまいました。フォルクスワーゲンを代表してお詫び申し上げます。さらに、我々をこれまで支えてくださった方々の期待に反してしまったことに対しても、心よりお詫び申し上げます」と率直な謝罪を口にしている。

ロータリーエンジンを搭載するというマツダのコンセプトカー「RX-VISION」

ロータリーエンジンを搭載するというマツダのコンセプトカー「RX-VISION」

不正発覚後の初の国際ショーとなったフォルクスワーゲン。本国から来たCEOのヘルベルト・ディース氏(写真右側)がお詫びと謝罪を語った

日産のCEO、カルロス・ゴーン氏もプレスカンファレンスに登場した

日産のCEO、カルロス・ゴーン氏もプレスカンファレンスに登場した

また、午後のトヨタのプレスカンファレンスも熱気あふれるものとなった。トヨタの展示スペースは、会場内でも最大級であったが、それでも人が収まりきれずにあふれ出す。サプライズ・ゲストとしてメジャーリーガーのイチローが登壇しても、見えないという人が数多く発生したほどであった。

トヨタのプレスカンファレンスでは、豊田章男社長とイチローが登壇

トヨタのプレスカンファレンスでは、豊田章男社長とイチローが登壇

ホンダもプレスカンファレンスで今年7月に就任したばかりの八郷隆弘社長が登壇した

ホンダもプレスカンファレンスで今年7月に就任したばかりの八郷隆弘社長が登壇した

世界的に見ると、東京モーターショーの規模はミドルクラスだ。しかし、今年の華やかさと熱気は世界でもトップクラスだろう。アイデアあふれるコンセプトカーが充実しており、ブースの作りも凝っている。華やかさをふりまくコンパニオンも健康的でかわいらしい。器は小さいけれど、その中にしっかりとした世界観がアピールされている。これは、ぜひとも足を運んで直に楽しんでもらいたいと言えるショーであった。

アイデア豊かなコンセプトカーたち

それでは各ブランドの見どころからレポートしよう。

まずは話題を集めるマツダから。ブースの場所は、会場入口から最も近い西館の入口付近。ここからショーを楽しもうという人も多いと思われる好位置だ。見るべき1台は「マツダRX-VISION」だ。FRスポーツカーの究極のスタイルを追求したスタイリングの美しさに、誰もが息をのむことだろう。搭載されるのは次世代のロータリーエンジン「スカイアクティブR」。正直、技術的な説明は何もなかったし、展示車は走ることのできないモックアップだ。それでも、「いつかは、こんなクルマが登場するといいな」という、ロマンあふれるコンセプトカーであった。

話題のRX-VISIONは、新ローターリーエンジンのスカイアクティブRが搭載される見込み

話題の「RX-VISION」は、新ローターリーエンジンのスカイアクティブRが搭載される見込み

続いてはトヨタ。最大級のスペースに質と量の両面で充実した内容であった。注目は、量産化も噂されるコンパクトFRスポーツカー「S-FR」。そのキュートな姿を目に焼き付けてほしい。また、来年には量産モデルが登場するという「C-HRコンセプト」は日本初お披露目。発売直前の新型「プリウス」も展示されている。さらに、夢のある展示として、未来の燃料電池車「FCV PLUS」やデザインコンセプトの「KIKAI」、未来のコミュニケーションパートナーである「KIROBO MINI」などが用意されている。

レクサスでは燃料電池車の次世代コンセプトとして「LF-FC」がワールドプレミアムとなった。流麗なビッグセダンのボンネットに燃料電池スタックを納める。「MIRAI」がすでに発売されたこともあり、このモデルも夢物語ではなく、リアルな量産車としての登場が期待できるのだ。

大きく開いたフロントグリルに愛嬌のあるFRスポーツカーの「S-FR」。量産化も噂されている

大きく開いたフロントグリルに愛嬌のあるFRスポーツカーのS-FR。量産化も噂されている

クロスオーバーの「C-HRコンセプト」。こちらは来年に量産される

クロスオーバーの「C-HRコンセプト」。こちらは来年に量産される

燃料電池車のコンセプトカーFCV PLUS。こちらは純粋なデザインコンセプトだが、未来的なデザインだ

燃料電池車のコンセプトカー「FCV PLUS」。こちらは純粋なデザインコンセプトだが、未来的なデザインだ

デザインコンセプトのKIKAI。上のFCV PLUSと比べると機械の質感を全面に出したクラシカルな雰囲気

デザインコンセプトの「KIKAI」。上のFCV PLUSと比べると機械の質感を全面に出したクラシカルな雰囲気

レクサスブースでは次期「レクサスLS」の燃料電池車モデルLS-FCが展示されていた

レクサスブースでは次期「レクサスLS」の燃料電池車モデルLS-FCが展示されていた

ホンダの見どころも燃料電池車だ。こちらは来年3月のリース販売が発表された「クラリティ・フューエル・セル(CLARTY FUEL CELL)」。価格は766万円。最高出力100kW以上、航続距離700km。フロントのボンネット内に燃料電池スタックを納めるため、フェンダーに換気のダクトがあるのが特徴だ。

来年のリース販売が予定されている燃料電池車「CLARTY FUEL CELL」。市販を念頭にした現実的なデザインとスペックだ

日産は自動運転のコンセプトカー「IDSコンセプト」と、軽自動車EV「テアトロ forデイズ」がワールドプレミアだ。また、フランクフルトモーターショーで登場した「グリップスコンセプト」と、昨年のグッドウッドで披露された「コンセプト2020ビジョン・ツーリスモ」も見ることができる。

自動運転をコンセプトにしたIDSコンセプト。最近国内メーカーでも自動運転に関する動きが目立ってきたがその流れのひとつ

クロスオーバーのグリップスコンセプト。こちらは先日のフランクフルトショーで展示されたものだ

クロスオーバーの「グリップスコンセプト」。こちらは先日のフランクフルトショーで展示されたものだ

EV軽自動車のテアトロ forデイズ。フロントやサイドにLEDが備わっている

EV軽自動車のテアトロ forデイズ。フロントやサイドにLEDが備わっている

「コンセプト2020ビジョン・ツーリスモ」。人気ゲーム「グランツーリスモ」のためにデザインされた。ゲームも体験できる

スバルで目にしておきたいのは、来年に登場する新型デザインを示唆する「インプレッサ5ドア・コンセプト(IMPREZA 5-DOOR CONCEPT)」。そしてスバルのさらなる未来の姿をイメージしたSUVの「ヴィジヴ・フューチャー・コンセプト(VIZIV FUTUR CONCEPT)」。将来のスバル車のイメージを、この2台から想像することができるはずだ。

インプレッサ5ドア・コンセプト。来年に登場予定のモデルを示唆したコンセプトモデル

「インプレッサ5ドア・コンセプト」。来年に登場予定のモデルを示唆したコンセプトモデル

SUVタイプのコンセプトカーである「ヴィジヴ・フューチャー・コンセプト」。カタマリ感のあるデザインでスバルの将来のデザインを予感させる

三菱は「eXコンセプト」を登場させた。これはツインモーターで4WDを実現したコンパクトEV。三菱得意のSUV仕立てとしたものだ。45kWhの電池と70kWのモーター×2で航続距離400kmと具体的な内容。将来、量産モデルに発展しそうな気配が濃厚だ。

航続距離400kmという現実感のあるスペックを備えた4WDのEVである「 eXコンセプト」

航続距離400kmという現実感のあるスペックを備えた4WDのEVである 「eXコンセプト」

スズキは3台のコンセプトカーを筆頭に導入間近の新型モデルなどワールドプレミアを数多く並べた。ピュアなコンセプトカーはオープンデッキを背負った「マイティ・デッキ(MIGHTY DECK)」と、3列シートのショートミニバンの「エアトライサー(Air Triser)」の2台。そして、クロスオーバーの「イグニス(IGNIS)」と、そのオフロードバージョンである「(IGNIS Trail Concept)」もワールドプレミア。イグニスはどう見ても量産モデルそのものという出来。導入時期は明示されなかったが、近く発売開始となるのではないだろうか。また、日本への導入も近いという新型コンパクトの「バレーノ(Baleno)」や、MTミッションを搭載した「アルト・ワークス」、EV走行可能なストロングハイブリッドの「ソリオ・ハイブリッド」も展示。非常に多彩で充実した内容となっていた。

オープンデッキの「マイティ・デッキ」は、シーンを選ばず遊べる軽自動車をイメージしている

オープンデッキの「マイティ・デッキ」は、シーンを選ばず遊べる軽自動車をイメージしている

3列シートのミニバンであるエアトライサー。シートアレンジと開放感ある室内空間が魅力

3列シートのミニバンである「エアトライサー」。シートアレンジと開放感ある室内空間が魅力

イグニス トレイル コンセプトは発売間近と思われる完成度

イグニス トレイル コンセプトは発売間近と思われる完成度

ダイハツでは、少子高齢化など、将来の日本の社会の変化に対応するようなコンセプトカーの「ノリオリ(NORIORI)」に注目したい。イージーエントリーに注力したコンセプトカーで、ベビーカーから自転車、車いすまで簡単に乗り降りができる。子どもからお年寄りまで幅広い年齢層で利用できることを狙っているのだ。また、FFシャシーをベースとした商用車で、移動店舗となる「テンポ(TEMPO)」も面白いアイデアだ。

クルマへの乗降という問題に対してひとつの提案を示すノリオリ

クルマへの乗降という問題に対してひとつの提案を示すノリオリ

移動店舗となる商用車テンポ

移動店舗となる商用車テンポ

最後に自動車メーカーではないが、ヤマハが前回ショーに続いて、またも4輪車のコンセプトカー「スポーツライド・コンセプト」を展示した。ゴードンマーレーデザイン社が提案するF1を源流にする軽量&高剛性な車体構造となっており、車両重量はわずか750kg。マシンと人の関係がオートバイに近いという。

重量わずか750kgというスポーツライド・コンセプト。4輪だがオートバイに近いイメージ

重量わずか750kgというスポーツライド・コンセプト。4輪だがオートバイに近いイメージ

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る