“弾丸”試乗レポート
クルマ好きのための“弾丸”試乗レポート

発売は少し先か!? トヨタ・スポーツの代名詞である「スープラ」がコンセプトカーで復活!

トヨタは2018年3月6日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、「GRスープラ・レーシング・コンセプト」を発表した。その概要とフォトレポート、および鈴木ケンイチ氏によるファーストインプレッションをお届けする!

スモークの中から派手な演出とともに披露された「GRスープラ・レーシング・コンセプト」。その展示車から読み取れる情報をお届けしよう

16年ぶりに復活の「90スープラ」、市販車の発売はもう少し先

トヨタは2018年3月6日に開幕したジュネーブモーターショーにおいて、「GRスープラ・レーシング・コンセプト」を発表した。これは事前に「トヨタのアイコン的スポーツカーの復活を示唆する現代版レーシングコンセプト」と予告されていたもの。16年前に生産が終了していた「スープラ」の名前が復活したという、トヨタのスポーツカーファンにとっては嬉しいニュースとなった。

ただし、発表されたのは、レーシングカーの車両規制規格「LM-GTE」のレギュレーションに合わせたもので、市販車とは大きく姿かたちが異なっている。とはいえ、フロント周りのデザインやロングノーズ&ショートデッキという古典的スポーツカー的なスタイルが採用されていることは明らか。量産モデルの登場が楽しみなコンセプトカーとなっている。

量産モデルの登場は、当分先という噂があるため、今回のコンセプトはルックスだけと思っていたが、意外やインテリアもきちんとできているし、各部のつくりもしっかりとしているというのが第一印象であった。なお、市販車の発売に先立ち、発売中のPLAYSTATION 4用ゲームである「グランツーリスモSPORT」のアップデートでスープラのデータが追加される予定だ。

ちなみにゼッケンの「90」は、2002年に生産終了した「スープラ」の型式番号「80」に続くもの。新型は「90スープラ」と呼ばれることになるだろう。

各国の記者が取り囲む。世界的に注目を集めるスポーツカーの公開だ

各国の記者が取り囲む。世界的に注目を集めるスポーツカーの公開だ

フロントに大きく開いた3個のエアロインテークが印象的

フロントに大きく開いた3個のエアロインテークが印象的

大きく張り出したフェンダーなど、LM-GTMの規格に合わせてあるが、フロントデザインなどに市販モデルの面影が感じられる

スカートやウイングなどのレース向けの付加パーツを除いた素のデザインは80スープラのモチーフが感じられる

スカートやウイングなどのレース向けの付加パーツを除いた素のデザインは80スープラのモチーフが感じられる

リアの中央に、マフラーが1本配置されている。LEDを使ったと思われるランプのデザインも印象的だ

リアの中央に、マフラーが1本配置されている。LEDを使ったと思われるランプのデザインも印象的だ

横から見たシルエットもロングノーズ、ショートデッキという、歴代のスープラらしさにあふれている

横から見たシルエットもロングノーズ、ショートデッキという、歴代のスープラらしさにあふれている

インテリアは素材丸出しのレーシング仕様に見えるが、液晶ディスプレイや大きなボタンが並ぶセンターコンソールなど、市販車にも反映されそうな要素も見える

履いていたのはミシュラン「パイロットスポーツ」のスリックタイヤ。ブレンボ製のブレーキキャリパーは、車輪の中心軸と水平あるいはやや路面側に取り付けられているようだ

鈴木ケンイチ

鈴木ケンイチ

新車のレビューからEVなどの最先端技術、開発者インタビュー、ユーザー取材まで幅広く行うAJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る