新製品レポート
さらなる低燃費とともに、低重心ボディ採用で走行性能が大幅に向上!

価格は242万円から! 4代目「プリウス」がついに発売!

世界初のハイブリッド車にして、トヨタの人気車種「プリウス」の4代目モデルの発表会が開催された。その発表会の様子および、気になる価格についてレポートをお届けする。

注目の価格が発表。エントリーモデルのEグレードが242.9万円から

新しいプリウスは、上位のAグレード、売れ線のSグレード、燃費に特化したEグレードという3ラインが基本。気になる価格は、Eグレードのメーカー希望小売価格が2,429,018円〜、Sグレード(2WD)が2,479,091円〜、Aグレード(2WD)が2,777,563円〜となっている。先代となる3代目モデルのEグレードが価格205万円からだったことと比較すると、やや値上がりしている印象だ。

新型プリウスの価格が発表された

新型プリウスの価格が発表された

先端部分はスポーツカーのように低く構えたフロント。前モデルと比べるとノーズは70mmも低くなった

先端部分はスポーツカーのように低く構えたフロント。前モデルと比べるとノーズは70mmも低くなった

Sグレードの4WDモデル。後輪をモーターで駆動するE-Fourだ

Sグレードの4WDモデル。後輪をモーターで駆動するE-Fourだ

装備面の充実ぶりはなかなかのもの。Aグレードの全車に先進運転支援システムの「Toyota Safety Sense P」が搭載されるほか、パーキングアシスト、カラーヘッドアップディスプレイが標準装備される

センターメーターに備わるカラー液晶ディスプレイ。これは全グレード共通

センターメーターに備わるカラー液晶ディスプレイ。これは全グレード共通

ヘッドライトも全グレードがLED化されている

ヘッドライトも全グレードがLED化されている

特徴的なテールランプも光源はLED

特徴的なテールランプも光源はLED

新しい共通プラットフォーム技術「TNGA(ティ・エヌ・ジー・エー)」をはじめて採用。低重心による乗り味の向上などさまざまなメリットがある

着座位置は低め。ポジションは自然で視界も広く感じる

着座位置は低め。ポジションは自然で視界も広く感じる

注目のリチウムイオンバッテリーを一部モデルに搭載。なお、Sグレードおよび4WDモデルは従来からのニッケル水素バッテリーが使われる

リアサスペンションは、ダブルウィッシュボーン形式

リアサスペンションは、ダブルウィッシュボーン形式

1500Wまで対応するAC100Vコンセントは、Aプレミアムに標準装備。場所はコンソールボックス後部とラゲッジの2か所

燃費はEグレードで40.8km/lを実現

燃費はEグレードで40.8km/lを実現

新旧モデルのサイズ比較。全長が60mm、室内長が205mmも増えるなどボディは全般に大きくなった

新旧モデルのサイズ比較。全長が60mm、室内長が205mmも増えるなどボディは全般に大きくなった

空気抵抗を示すCd値は0.24で引き続き高水準だ

空気抵抗を示すCd値は0.24で引き続き高水準だ

ラゲッジスペースは502リットルで、1割以上容量アップした。なお、写真はカバーを外した状態

ラゲッジスペースは502リットルで、1割以上容量アップした。なお、写真はカバーを外した状態

イメージキャラクターを務める、福山雅治さんのビデオレターが披露された

イメージキャラクターを務める、福山雅治さんのビデオレターが披露された

もうひとりのイメージキャラクターは、大泉洋さん

もうひとりのイメージキャラクターは、大泉洋さん

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る