秋の国内登場に先立って北米モデルを国内初披露

今年注目の1台! スバル新型「インプレッサ」の狙いとデザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

富士重工業(スバル)は、2016年3月23日に、米国・ニューヨークで開催された「2016年ニューヨーク国際オートショー」で世界初公開された新型「インプレッサ」について、日本国内の記者向けに発表会を開きその概要を説明した。その狙いやデザインの見どころなどを解説する。

新型「インプレッサ」を囲む、開発担当の安部一博氏(左)、デザインを担当した石井守氏(右)によって概要が説明された

強みを受け継ぎ、“ミレニアルズに向けたもっと愉しいクルマ”を目指した新型「インプレッサ」

スバルの中核車種「インプレッサ」の次世代モデルは、2016年3月23日から開催された、「2016年ニューヨーク国際オートショー」で世界初披露された。今回行われた発表会は、国内では初披露となるもので、製品のコンセプトやデザインの狙いを中心に解説が行われた。気になる発売日はまだ未定とのことだが、今年の秋に正式な製品の発表が行われる予定となっている。

新型「インプレッサ」は、定評のある安全性や4輪駆動「AWD」、実用性の高いパッケージングを受け継ぎつつ、安心できる愉しい走りや、デザインや質感の向上によってより愉しいクルマにすること目指して開発された。2000年以降に成人した「ミレニアルズ」と呼ばれる若い人たちをターゲットにしており、若々しいイメージである。

技術面で見ると、「AWD」や水平対向エンジンエンジンといった基礎技術を引き継ぎつつ、新開発のボディ「SUBARU GLOBAL PLATFORM」を採用することで、従来以上の居住性を実現している。具体的には、全高が1455mmで、従来モデルと比較して10mm低くなっているが、ホイールベースが25mm延ばされ2670mmに、全幅が37mm広がり1777mmにそれぞれ大型化している。

また、新型「インプレッサ」のデザインは、「ダイナミック×ソリッド」という新しいコンセプトに基づいており、躍動感や塊(かたまり)感が強調されている。そのいっぽう、スバルの伝統に基づいた六角形グリルなどのデザインが継承され、「インプレッサ」シリーズの独自性も守られている。なお、披露されたのは北米仕様のモデルとなる。

新開発の「SUBARU GLOBAL PLATFORM」。軽量化や従来比2倍の剛性といった機能性向上とともに、プロポーションや居住性の改善にも大きな影響を与えている

伝統の四輪駆動(AWD)はもちろん継承される。安心感のある走りは新型でも期待できそうだ

伝統の四輪駆動(AWD)はもちろん継承される。安心感のある走りは新型でも期待できそうだ

天井のラインは、流麗さを表現しつつ室内空間のさまたげにならないようにデザインされている

天井のラインは、流麗さを表現しつつ室内空間のさまたげにならないようにデザインされている

躍動感を感じる側面のデザイン。「横幅が広がったためメリハリを表現しやすくなった」という

躍動感を感じる側面のデザイン。「横幅が広がったためメリハリを表現しやすくなった」という

展示車のリアにはウイングが付けられていた

展示車のリアにはウイングが付けられていた

横幅が広がった余裕を生かし、サイドウィンドウの傾斜も少し強められた。これも塊感の強調につながっている

横幅が広がった余裕を生かし、サイドウィンドウの傾斜も少し強められた。これも塊感の強調につながっている

広い視界の確保は設計上の最優先項目。リアウィンドウも広く、後方の見通しもよさそうだ

広い視界の確保は設計上の最優先項目。リアウィンドウも広く、後方の見通しもよさそうだ

205/55R16、205/50R17、225/40 R18というタイヤサイズが想定されており、大型タイヤの装着も視野に入れられている

伝統の六角形グリルは、スバルの六連星をイメージしたもの。コンロッドをモチーフにしたエンブレムの左右に伸びる翼も健在

印象的なヘッドライトを囲むような「コ」の字形のデザイン。展示車のヘッドライトはハロゲンだったが、国内向けモデルでは変更される可能性が高い

精悍な印象の室内。インテリアの質感とデザイン向上は、特に重視された点だ

精悍な印象の室内。インテリアの質感とデザイン向上は、特に重視された点だ

シートの座り心地の改善や、視界の確保など、前席の居住性も向上している

シートの座り心地の改善や、視界の確保など、前席の居住性も向上している

後席の居住性も高められた。大人4人が乗っても窮屈な思いはしないだろう

後席の居住性も高められた。大人4人が乗っても窮屈な思いはしないだろう

「奥行きと横幅が広がった」ラゲッジスペース。開口部も低くフラットな床面なので使い勝手もよさそうだ

「奥行きと横幅が広がった」ラゲッジスペース。開口部も低くフラットな床面なので使い勝手もよさそうだ

ドア内側。展示車は、カーボン調のパネルや、赤いステッチが入れられていた

ドア内側。展示車は、カーボン調のパネルや、赤いステッチが入れられていた

センターコンソールには2個のドリンクホルダーが、また4枚のドアそれぞれにドリンクホルダーが備わっていた

センターコンソールには2個のドリンクホルダーが、また4枚のドアそれぞれにドリンクホルダーが備わっていた

インパネ部。中央の液晶パネルを囲んで、回転計(左)と速度計(右)が配置されている

インパネ部。中央の液晶パネルを囲んで、回転計(左)と速度計(右)が配置されている

スマートフォンなどの情報機器との接続性にも注力されている。展示車にはNFCポートが搭載されており、データ連携がワイヤレスで行える

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.10.23 更新
ページトップへ戻る