独身女性の生活を彩る便利な機能を豊富に搭載

丸くスタイリッシュなデザインが魅力、ダイハツ「ムーヴ キャンバス」

このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイハツ工業は、2016年9月7日、軽自動車の新モデル「ムーヴ キャンバス」を発表し、同日より全国で販売を開始した。ダイハツのラインアップとしては、2008年の「ムーヴ コンテ」や、2009年の「ミラ ココア」以来となる、久しぶりの女性をメインターゲットにしたモデルだ。その特徴をレポートしよう。

ダイハツから久しぶりに登場した女性向けの軽自動車「ムーヴ キャンバス」。女性の中でも未婚・独身の女性をターゲットにしたという

独身女性を強く意識した、生活雑貨のような軽自動車が登場

「ムーヴ キャンバス」は、内外のデザインとユーザビリティーに注力した軽自動車。未婚の女性をユーザーとして強く意識している。その特徴が現れているのは、バランスのよい丸型のシルエットだ。全高は1,655mmで、トール型ボディの代表的なモデルである「タント」の1,750mmより100mm近くも低い。これは、車内で子供の着替えをする必要がなく、結果としてデザインを優先できたということの現れだ。また、短いボンネットや丸みを帯びたデザインは、どことなくクラシカルで、アンティークな生活雑貨に通じる雰囲気がある

短いボンネットと丸いボディは、どことなくクラシカルな雰囲気

短いボンネットと丸いボディは、どことなくクラシカルな雰囲気

エクステリアにはメッキパーツが多用されており、クラシカルな雰囲気をさらに印象付けている

エクステリアにはメッキパーツが多用されており、クラシカルな雰囲気をさらに印象付けている

リアのハッチゲートは開口部が低く使いやすそうだ

リアのハッチゲートは開口部が低く使いやすそうだ

短いボンネットや大きなガラス窓のおかげで、運転席からの視界は良好。こういう配慮も女性にはうれしいポイントだろう

やや低めな全高は、子供を立たせて車内で着替えさせる必要がない、未婚のユーザーをターゲットにしていることの現われ

エンジンはいずれのグレードも、水冷直列3気筒12バルブDOHCエンジンで、燃費は2WDモデルで28.6km/l、4WDモデルでは27.4km/lを実現している

ボディカラーは合計17種類。ツートンカラーが8種類、モノトーンが9種類という内訳だ。さらに、インテリアのカラーも、4種類が設定されている。また、インテリアでは、簡単に着脱でき自宅で洗濯も可能なシートクロスをオプションとして用意。クルマのシートは、汚れやすいが洗うのはなかなか大変だが、「ムーヴ キャンバス」なら常に清潔なシートを使うことができるだろう。こうした配慮も、清潔さにこだわる女性を意識したものと言えるだろう。

シンプルで明るいインテリア。カラーパネルの違いによって、写真のファインミントのほか、ミストピンク、マイルドモカ、ベージュの合計4種類が用意されている

ドアトリムも、豪華ではないが、飽きのこないデザイン

ドアトリムも、豪華ではないが、飽きのこないデザイン

インテリアでは、後席の下にある左右2個の引き出し式収納スペース「置きラクボックス」(対応しないグレードもある)がユニークだ。耐荷重5kgまで対応するこのボックスは、床には置きたくないが、シートにおくには安定しない、食料品の詰め込まれたビニール袋、植木鉢、ピクニック用のバスケットなどの収納に活用できる。

2列目シート下に備わる「置きラクボックス」。床に置きたくはないが、シート上では不安定になる荷物を運ぶ場合に便利だ

ダッシュボードの運転席側に備わる収納スペース

ダッシュボードの運転席側に備わる収納スペース

ラゲッジスペースはこのクラスとしては標準的なもの。なお、床下収納も用意されている

ラゲッジスペースはこのクラスとしては標準的なもの。なお、床下収納も用意されている

自宅で洗えるシートカバーがオプションで用意される。ストライプやチェック柄のほか、写真のようなシンデレラや、ミッキーマウスの柄も選ぶことができる

ミッキーマウスがモチーフのフロアマットも別売りで選ぶことができる

ミッキーマウスがモチーフのフロアマットも別売りで選ぶことができる

機能面では、G“SA II”およびG“メイクアップSA II”の上位グレードには、ステアリングに連動してヘッドランプの光源が左右に動く「AFS」が軽自動車として初めて採用されている(ダイハツ調べ)。また、「パノラマモニター」もダイハツとして初めて採用され、ボディの前後やドアミラーの合計4か所に取り付けられたカメラにより、クルマを上から見下ろしたような映像をナビ画面に表示できる。また、運転支援システム「スマアシII」も用意される。

「ムーヴ キャンバス」のような箱型のクルマは、左右や後方の見通しがネックとなりやすい。だが、こうした数々の機能があれば、不慣れな場所での駐車もスムーズに行いやすいだろう。

G“SA II”およびG“メイクアップSA II”には、ステアリング連動ヘッドランプ「AFS」が装備される

G“SA II”およびG“メイクアップSA II”には、ステアリング連動ヘッドランプ「AFS」が装備される

フロントガラスには一眼のカメラが備わり運転支援システム「スマアシII」で活用する。衝突回避支援ブレーキ、衝突警報、車線逸脱警報、誤発進抑制制御、先行車発進お知らせの各機能が利用可能だ

なお、用意されるグレードは、エントリーグレードのLから、最上位のG“メイクアップ SA II”まで合計9種類で、それぞれに2WDと4WDが設定されている。本体価格は、1,188,000〜1,668,600円となっている。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

製品 価格.com最安価格 備考
ムーヴキャンバス 2016年モデル 0 女性をターゲットにした軽自動車
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.4.25 更新
ページトップへ戻る