レビュー
16人のオールスターがバトルを盛り上げる

頭からっぽでマシン破壊しまくりゲー。PS5「Destruction Allstars」レビュー

SIEから2020年2月2日に発売されたPlayStation 5(PS5)用ソフト「Destruction Allstars」。最大16人のオンライン対戦やチーム戦が手に汗握る本作のレビューをお届け。PS5で遊ぶゲームを探している人は要チェックです。

破壊すればするほど勝利に近づく!

「Destruction Allstars」は、最大16人のプレイヤーが1位を目指してマシンをぶつけ合って戦うバトルロイヤル系のドライビングアクションゲームです。プレイヤーが操作するのは、オールスターと呼ばれる個性豊かな選手たち。どのキャラクターも派手なコスチュームを身にまといエッジの効いた見た目で、かっこいいキャラクターからかわいいキャラクターまでそろっています。このオールスターたちは、それぞれが特殊能力を持っており、これを使いこなすことが勝利への第1歩となります。

16人のオールスターたち。どのキャラクターも個性あふれる見た目で、キャラクター選択からワクワクさせてくれます

16人のオールスターたち。どのキャラクターも個性あふれる見た目で、キャラクター選択からワクワクさせてくれます

オールスターたちは、それぞれ異なる特殊能力のブレイカーと、必殺技が使える強力なヒーローマシンを使うことができます

オールスターたちは、それぞれ異なる特殊能力のブレイカーと、必殺技が使える強力なヒーローマシンを使うことができます

ゲームモードはソロで戦う「メイヘム」やチーム戦の「カーネード」など4つのモードが用意されていますが、基本ルールは相手のマシンを破壊してできるだけ多くのポイントを獲得するというもの。ただし、ゲーム開始時は生身の状態で始まり、スタート地点にあるマシン目指して全員で猛ダッシュ。マシンは人数分用意されていないので、取り合いになります。とにかくマシンに乗れるかどうかでめちゃくちゃハラハラしますよ。

ゲーム開始時は生身の状態で車を取り合いに! どれに乗るか選んでいる暇がないので、とにかく焦ります

ゲーム開始時は生身の状態で車を取り合いに! どれに乗るか選んでいる暇がないので、とにかく焦ります

マシンに乗れなくても、トム・クルーズばりのアクションで走行する相手のマシンに飛び乗り、強奪することも可能です。マシンに乗ったら、とにかくアクセル全開でコースを走り回るほかのマシンにぶつけまくります。

マシンに乗れなくても、走り回る相手のマシンに飛び乗って強奪することが可能。もちろん、失敗すれば、振り落とされるので要注意!

マシンに乗れなくても、走り回る相手のマシンに飛び乗って強奪することが可能。もちろん、失敗すれば、振り落とされるので要注意!

相手にぶつけるときには、そのまま体当たりしてもいいですが、右スティックを倒して「スラム」という特殊な体当たりを行うとダメージが大きくなります。スラムを当てるのはタイミングを見計らう必要があり、少しコツがいるのですが、アクセル全開で相手にスラムを当てた時の爽快感は抜群。相手のマシンがすさまじい衝撃音ととも吹っ飛んでいく姿には、テンションがめちゃくちゃ上がります。

スラムを使うと、右スティックを倒した方向に攻撃判定(画像ではマシン前方の赤い光)が表示されます。これをタイミングよく当てるのがなかなか難しい

スラムを使うと、右スティックを倒した方向に攻撃判定(画像ではマシン前方の赤い光)が表示されます。これをタイミングよく当てるのがなかなか難しい

相手マシンへのダメージが自分のポイントとして加算され、反対に、自分のマシンのダメージが蓄積するとマシンは運転不能になります。こうなると生身の状態で危険なコースを走り回ることになるはめに……。でも、大丈夫。新しいマシンはコース上のいたるところに出現するので、すぐに乗り換えてバトルに戻ることが可能です。また、生身の状態でマシンをよけたり、飛び乗って強奪することでもポイントが加算されます。

ポイントがたまると、キャラクターごとに設定された特殊能力を発動可能。これは「ブレイカー」と呼ばれていて、使用すると実況者が盛り上げてくれます。コース上に雷をばらまいたり、透明になったりなど、相手を攻撃するものから、試合を混乱に導くものまでさまざま。

このLupitaというキャラクターは、走った場所に炎を発生させるブレイカーを使用できます。相手マシンが炎の上を走るとダメージを受けます

このLupitaというキャラクターは、走った場所に炎を発生させるブレイカーを使用できます。相手マシンが炎の上を走るとダメージを受けます

そして、もうひとつの特殊能力が「ヒーローマシン」という、コースに用意されているマシンよりも強力なマシンを呼び出す能力。圧倒的な攻撃力を誇る「ヒーローマシン」を使えば、一発逆転の熱い展開も呼び込めるというわけです。

Lupitaのヒーローマシンは、大きな炎を走行跡に発生させるブレイカーを利用可能。オールスターごとにド派手なマシンが用意されているので、乗り込んだ瞬間、テンションはマックスに!

Lupitaのヒーローマシンは、大きな炎を走行跡に発生させるブレイカーを利用可能。オールスターごとにド派手なマシンが用意されているので、乗り込んだ瞬間、テンションはマックスに!

PS5ならではの映像美も演出にひと役買っており、猛スピードで相手のマシンにぶつけたときに飛び散る火花や破壊したときのモーションなど細かな部分まで描画されるなど、とにかくすべての演出がド派手。目に入る敵に体当たりしまくるというシンプルなルールがゆえに、頭を空っぽにして遊べるのが魅力のひとつでしょう。

マシン同士がぶつかり合うと火花が飛び散り、衝撃が激しければマシンのパーツがばらばらになって吹っ飛んでいきます

マシン同士がぶつかり合うと火花が飛び散り、衝撃が激しければマシンのパーツがばらばらになって吹っ飛んでいきます

少し残念だったのは、ゲームの特性上、チーム戦でもあまり戦略を考えたプレイができないことでしょうか。スピード感がありすぎるため、チームメンバー同士で作戦を持って戦うことが難しく、ソロでもチーム戦でも「相手マシンにぶつけまくる」ことだけに集中してしまいがちです。

「Destruction Allstars」でもうひとつ注目したいのは、PS5のコントローラー「DualSense」のアダプティブトリガーとハプティックフィードバックを存分に堪能できることでしょう。マシンがクラッシュしたときの振動や、破壊の程度により変化する微細な揺れ、そしてアクセルを踏み込んだときのR2トリガーの動作はDualSenseならでは。これがスピード感あふれるゲーム性と、ド派手な映像と相まって、PS5のゲームでも屈指の没入感を生み出してくれます。

「Destruction Allstars」は、PS Plusメンバー向けのフリーソフトとして4月5日まで配信されており、PS5を持っているならぜひ遊んでいただきたい1本。ただし、難点なのが、国内でのPS5の供給数が足りていないためか、日本国内サーバーだと高確率でマッチングしません。リージョン(サーバー)をアメリカ国内にするとマッチングします。PS5が今よりも普及すればプレイヤーも増加すると思われるので、フリープレイ対象の今のうちにダウンロードしておくのが吉でしょう。

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る