話のネタになる最新ITニュースまとめ
最新テック情報をキャッチアップ

Nintendo Switchに対抗できるか!? Valveの携帯ゲーム機「Steam Deck」

「話のネタになる最新ITニュースまとめ」は、主に海外のIT業界やインターネットで先週話題になったニュースを紹介する連載です。知っておいて損はない最新情報から、話のネタになりそうな事柄まで、さまざまなニュースをお届けしていきます。

PCゲームがどこでも遊び放題! Valveの携帯ゲーム機「Steam Deck」

PCゲームの販売プラットフォーム「Steam」を運営するValveが、携帯型PCゲーム機「Steam Deck」を発表しました。

Valveの携帯型PCゲーム機「Steam Deck」

Valveの携帯型PCゲーム機「Steam Deck」

「Steam Deck」は、Steamで配信されているゲームをプレイできる携帯型PCゲーム機です。チャットやクラウドセーブなど、Steamの機能も利用できます。いわば、Steamが持ち運べ、場所を問わずPCゲームがプレイできるというデバイスになっています。

ディスプレイは、7インチ(1280×800)のタッチスクリーンを採用。リフレッシュレートは60Hz。十字キーやアナログスティック、ボタンでの操作入力が基本ですが、マウスで操作するのが前提のゲーム向けにトラックパッドも搭載しています。加えて、4つの背面ボタンやジャイロ操作対応など、豊富な操作入力も魅力です。

外観は「Nintendo Switch」のような携帯ゲーム機を彷彿させますが、サイズが298(幅)×117(高さ) × 49(厚さ)、重量が約669gと、携帯ゲーム機としては大きく、重たい部類に入ります。約398gの「Nintendo Switch」と比較しても重たく、長時間プレイするには腕に負担がかかることを覚悟したほうがいいかもしれません。

基本スペックは、CPUがZen2/RDNA2アーキテクチャーのAMD製プロセッサー、メモリーが16GB(LPDDR5)。ストレージ容量は64GB(eMMC)、256GB(NVMe)、512GB(NVMe)の3つから選択可能です。また、全モデルでmicroSDカードを拡張ストレージとして利用できます。

そのほかでは、Bluetooth 5.0、IEEE 802.11a/b/g/n/ac、3.5mmイヤホンジャック、バッテリー駆動時間2〜8時間、ゲームパッドやディスプレイとの外部接続対応など、ゲーマーが欲しい機能はカバーされている印象です。

OSにはValve独自のLinux系OS「SteamOS」を採用していますが、Linux対応ゲーム以外にも、Valve公式のエミュレーターを利用することでWindows対応ゲームも遊べるとのことです。

基本スペックがPS4、Xbox Oneと同程度であるため、AAA級のタイトルも解像度やフレームレートの設定次第で問題なく遊べると見られています。フレームレートに関しては、30FPSがターゲットとされていますが、タイトルによっては30FPS以上で動作することもあるとのことです。

ただし、Valveは、30FPS以上になるとバッテリー消費が激しくなるため、フレームレートを30FPSに制限する機能を搭載するとしています。こちらの情報は、プロトタイプでの検証になるため、正式版では変更があるかもしれません。

Steam Deckの価格は64GBモデルが399ドル(約44,000円)、256GBモデルが529ドル(約58,000円)、512GBモデルが649ドル(約71,000円)。アメリカ、カナダ、イギリス、EUにて2021年12月に発売予定で、そのほかの地域は2022年発売予定となっています。先行して発売される地域では予約受付が始まっていますが、開始からまもなくして完売しました。日本で発売される際にも、予約は争奪戦になることが予想されます。

ソース:Steam

Googleが東京オリンピックを記念してゲーム「Doodle チャンピオン アイランド ゲーム」を公開

ついに東京オリンピックが2021年7月23日に開幕。先週末の連休はオリンピック三昧だったという人も多いのではないでしょうか。もちろん、国内外を問わずインターネットやWeb業界でもオリンピックは世界共通のトレンド。特に、海外のテック系メディアでは、開会式でゲーム音楽が採用されたことが話題になっていました。

この世界規模のお祭りに、Googleの「Doodle」が参戦。東京オリンピック開催を記念したゲーム「Doodle チャンピオン アイランド ゲーム」を公開中です。

「Doodle チャンピオン アイランド ゲーム」

「Doodle チャンピオン アイランド ゲーム」

「Doodle チャンピオン アイランド ゲーム」は、卓球やスケートボード、ボルダリングなど7種類の競技で敵と競い、すべての敵を倒すと解放されるチャレンジをクリアするというものです。

制作は「えんとつ町のプペル」などを手がけるSTUDIO4℃が担当。昔懐かしの16ビットのアニメーションで描写しているのは、日本のゲームへのオマージュとのことです。

「Doodle チャンピオン アイランド ゲーム」は、検索ページや検索結果などに表示されるGoogleのロゴからプレイできます。勉強や仕事の息抜きに遊んでみてはいかがでしょうか。

ソース:Google Doodle

水川悠士(編集部)

水川悠士(編集部)

最新ガジェットとゲームに目がない雑食系ライター。最近メタボ気味になってきたので健康管理グッズにも興味あり。休日はゲームをしたり映画を見たりしています。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ゲーム ハードのその他のカテゴリー
ページトップへ戻る