新製品レポート
ワンワンワンに発表! 戌年のワンワンワンに発売

「aibo(アイボ)」が帰ってきた! 愛くるしい表情と滑らかな動きを動画でチェック

ワンワンワンの日に、あのアイボが帰ってきた。ソニーは2017年11月1日、家庭用の犬型ロボット「aibo(アイボ)」を来年2018年1月11日に発売すると発表した。価格は198,000円(税別、ソニーストア販売価格)。先代の「AIBO」は2006年に生産を終了しており、約12年ぶりの復活。同日に開催された発表会で同社の平井一夫社長は、「感動をもたらし、好奇心を刺激し続けるのがソニーの存在意義。1年半前に開発を指示し、何度も(開発)現場に足を運んだ」と、aiboへの強い思い入れを語った。

犬型ロボットのaiboが復活

犬型ロボットのaiboが復活

本物はかわいい! 動きの滑らかさに驚き

発表会では、平井社長の呼びかけで3台のaiboが舞台の袖から登場。平井社長が抱きかかえながら話をしている間、しっぽを振っている姿がかわいかった。新型aiboは全長30cmほどの犬型ロボット。名称は、先代が大文字のAIBOだったが、新型は小文字のaiboとなる。同社が強みとするセンシング技術で周囲の状況を判断し、メカ技術で躍動感のある身のこなしを実現。人工知能(AI)で学習し、ユーザーとの触れ合いを通じて成長していくという。また、オーナーの呼びかけを待つだけでなく、能動的に人に寄り添うのも特徴の1つだ。

aiboを抱っこして、いつも以上のスマイルを見せた平井社長

aiboを抱っこして、いつも以上のスマイルを見せた平井社長

先代はロボット感が強いデザインだったが、新型は犬らしい、かわいい見た目だ。丸みのあるフォルムは親しみやすく、思わず触れたくなる。ネットでは、先代のほうがかわいかったという声が多いが、実物を見ると新型もなんともいえない愛くるしさがある。

周囲の状況を把握し、次の行動にフィードバックするセンシング技術は、aiboのいたるところに使われている。鼻先の前方カメラで画像(物体)を認識し、口のToFセンサーで距離を測定。胸には人感センサーと、位置検出用のPSDセンサーが搭載されている。背中の尻尾側には自分の位置を把握するSLAMカメラを備える。

aiboの目から見た外の世界

aiboの目から見た外の世界

メカ技術では、22軸のアクチュエーターで滑らかな動きを実現。大きくてつぶらな瞳には有機ELが使われている。AIは本体上とクラウド上の2つのシステムに加え、ほかのaiboの情報(オーナーとのやりとりなど)を収集し、集合知として扱うシステムの3つのシステムを利用するという。

アプリケーションプロセッサー(SoC)にはクアルコムのSnapdragon 820を採用。メモリー(RAM)は4GB、ストレージは32GB(ROM)。ネットワークはLTEとWi-Fiに対応する。

有機ELを使った大きな瞳

有機ELを使った大きな瞳

AIは本体、クラウドに加え、集合知のAIという3つのシステムを利用する

AIは本体、クラウドに加え、集合知のAIという3つのシステムを利用する

価格は3年で約30万円

aiboの本体価格は198,000円だが、それに加えて「aiboベーシックプラン」への加入が必要となる。クラウド解析された情報を元にしたaiboの成長や、専用アプリ「My aibo」との連携などが可能となる。定期的にaibo本体のデータのクラウドへのバックアップも行う。万一、修理不能になっても、バックアップしたデータを新しいaiboに復元するというサービスも予定しているという。

aiboベーシックプランの期間は3年で、価格は一括払いで9万円(税別)、36回の月払いで月額2,980円(税別)。このほか、不具合や故障発生時の修理代が割引となる「aiboケアサポート」を用意。こちらも期間は3年で一括払いが54,000円(税別)、36回払いが月額2,980円(税別)。本体とaiboベーシックプランだけで、約30万円かかる計算だ。aiboケアサポートを含めると、約35万円。

専用アプリ「My aibo」では、撮影した写真を閲覧できる「aiboフォト」などが利用できる

専用アプリ「My aibo」では、撮影した写真を閲覧できる「aiboフォト」などが利用できる

スマホ用のアプリも用意

スマホ用のアプリも用意

aiboベーシックプランやaiboケアサポートについて同社の執行役員ビジネスエグゼクティブAIロボティクスビジネスグループ長の川西泉氏は、「メカモノはどうしても消耗部品があり、長期的な保障が欠かせない。リカーリングビジネスとしてやっていきたいため、このようなプランを用意した」と語った。

今後の展開としては、システムアップデート、IoT機器との連携、ソフトウェア開発環境の提供を予定しているという。教育・知育、見守りなど、aiboを活用した他社との協業にも取り組む。基本ソフトには、LinuxとマイクロソフトのROSを組み合わせて使っており、他社と協業する場合、どこまで公開するかは検討中だという。

先代のAIBOは累計15万台を販売。本物のペットのように長く愛用するオーナーが多く、サポート打ち切り時には大きな話題となった。「製品サイクルの基本的な考え方として販売終了からトータル10年を目安に考えている。もちろん、それ以上長く使われることもあるので、できる限りサポートしていきたい」(川西氏)とした。

1999年に登場した初代AIBO

1999年に登場した初代AIBO

累計15万台を販売した先代AIBO。新型aiboは販売台数の目標を明らかにしていないが、先代を超える人気を獲得できるか注目だ

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る