新製品レポート
ビークル犬っぽい新色モデルも出ます

「aibo」が番犬に!? 新サービス「aiboのおまわりさん」が安心でかわいい

ソニーは2019年1月23日、犬型ロボット「aibo(アイボ)」が家族を見守る新サービスを2月中旬に開始すると発表した。かわいいだけでなく、家族を守る「番犬」としても活躍する。高齢者や小学生の見守りニーズが高く、セコムと協業し、本格的なセキュリティサービスも検討中だという。

また、新色として、特別カラーモデル「aibo チョコ エディション」を2月1日に発売することも発表した。

その名も「aiboのおまわりさん」

aiboが家族の見守りに挑戦する。その名も「aiboのおまわりさん」。見つけてほしい人の顔と名前(10人まで)を登録し、aiboにパトロールをしてほしい場所を指定。あらかじめ設定した時間帯になると、「犬のおまわりさん」のメロディとともに、指定した場所までaiboが歩いて、見つけてほしい人を探してくれる。その結果は、レポートとしてオーナーに届く仕組みだ。

セキュリティ大手のセコムと協業し、「aiboのおまわりさん」を本格的な見守りサービスに育てていきたい考えだ。「aiboのおまわりさん」は、2月中旬に提供予定の「aiboシステムソフトウェア バージョン2.0」を適用すれば無償で利用できる。

「aiboのおまわりさん」の概要

「aiboのおまわりさん」の概要

6月には月額1,480円(税別)の「aiboプレミアムプラン」の提供も開始する。同プランには、外出先からオーナーがすぐにaiboにパトロールを指示し、リアルタイムに室内を確認できる「aiboのおまわりさん」の新機能や、ストレージ容量を気にせずaiboに家族の思い出の写真を撮影してもらいえる「aiboのカメラマン」などが含まれる。

今夏には、aiboの開発環境(Web API)の提供もはじめる。ライセンスプログラムへ登録した、企業や教育機関・団体、個人にWeb APIを無償で提供し、連携サービスを開発しやすくする。

aiboプレミアムプラン

aiboプレミアムプラン

Web APIを利用した例として、プログラミング言語「Scratch」を使って、aiboを制御するデモも披露された

Web APIを利用した例として、プログラミング言語「Scratch」を使って、aiboを制御するデモも披露された

ビーグル犬みたい? 特別カラーモデルを発売

2019年限定の特別カラーモデル「aibo チョコ エディション」も発表された。濃淡2色の茶色と白色のコントラストがチャームポイント。見た目はビーグル犬に似ている。2月14日までに注文すると、特別色のつけかえ用「しっぽ」(黒)がもらえるキャンペーンを実施する。

本体価格は標準カラーと同じ198,000円(税別、ソニーストア販売価格)。

「aibo チョコ エディション」を披露する川西泉執行役員

「aibo チョコ エディション」を披露する川西泉執行役員

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ラジコン・ロボットのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る