レビュー
“プロスペック”とされるその実力は?

スマホ連携で温度調節が可能になった加熱式タバコ「jouz 20 Pro」を試す!

「IQOS(アイコス)」のヒートスティック互換の加熱式タバコデバイス「jouz 20」が、高級革素材を身にまとい、スマートフォンと連携機能を搭載して「jouz 20 Pro(ジョウズ 20 プロ)」となってデビュー。プロスペックとされるその実力はいかに?

jouzって何?

「jouz(ジョウズ)」は、ジョウズ・ジャパンが販売する、「IQOS」のヒートスティックを使用して喫煙できる加熱式タバコデバイスだ。現行モデルのすべてがオールインワンタイプで、「IQOS 3」のようにスティックホルダーをバッテリーチャージャーに挿入して喫煙1回分の充電をする必要がなく、チェーンスモーキングが可能なのが特徴となっている。

これまでのjouzシリーズは、ヒートスティックが20本喫煙可能な、スタンダードタイプの「jouz 20」と、少し細身の20本喫煙可能な「jouz 12」の2種類がラインアップされていた。この2モデルは、搭載するバッテリー容量に差があり、喫煙可能本数が多いほどサイズも大きくなる。

20本連続喫煙が可能な「jouz 20」(左の2製品)と、よりスリムな分、喫煙可能本数の少ない「jouz 12」(右の2製品)。本体の長さは同じだが、直径が約3〜4mmほど異なる

文字通り“プロスペック”となって登場した「jouz 20 Pro」

今回、新たにラインアップに追加された「jouz 20 Pro」は、「jouz 20」をベースに、表面素材に本革を採用したり、Bluetooth通信でスマートフォンと連携することが可能になった。特筆すべきは、ユーザーの好みや使用するヒートスティックに合わせて加熱温度を調節できるようになった点で、これまでのほかの加熱式タバコデバイスにはなかった機能となる。

「jouz 20 Pro」(左)と「jouz 20」(右)

「jouz 20 Pro」(左)と「jouz 20」(右)

「jouz 20 Pro」のカラーバリエーションは、ネイビーブルーとワインレッド。どちらも本革が似合う落ち着いた色合いで、鈍く光る同色の金属製キャップとの相性もよい。個人的には、「jouz 20」にはなかったワインレッドが好みだ。

ネイビーブルー(左)とワインレッド(右)

ネイビーブルー(左)とワインレッド(右)

「jouz 20 Pro」のサイズ感や構造、内包物は「jouz 20」に準じる。パッケージには、「jouz 20 Pro」本体に加えて、充電用microUSBケーブル、クリーニングスティック、クリーニングブラシ、ダストキャップが同梱されている。

「jouz 20 Pro」とその付属品

「jouz 20 Pro」とその付属品

本体のサイズは22.6(幅)×23.6(奥行)×101(長さ) mmで、「jouz 20」とまったく同サイズだ。ただし重量が63gとなり、「jouz 20」に比べて5gほど重い。この差は表面素材やBluetoothの通信ユニット搭載などによる違いと思われるが、重さの違いを体感できるほどの差ではない。キャップは「jouz 20」と同様に金属製だが、本体には本革があしらわれており、滑りにくさと高級感を醸し出している。

金属製のヒートスティック挿入キャップ

金属製のヒートスティック挿入キャップ

jouzシリーズの加熱方式は、「IQOS」と同様に、ヒートスティックの内部から加熱する方式を採用。そのため、「IQOS」の加熱ブレードを模した加熱ブレードが搭載されている。この加熱ブレードは「jouz 20 Pro」にももちろん採用されているが、本家「IQOS」とは素材や形状、温度管理システムなどが異なるため、フィリップモリス製のヒートスティックを加熱したとしても、味わいが「IQOS」とまったく同じになるとは限らない点には注意が必要だ。

キャップを外すと、ヒートスティック挿入口の中に加熱ブレードがチラ見え

キャップを外すと、ヒートスティック挿入口の中に加熱ブレードがチラ見え

「jouz 20 Pro」は、その他のディテールも「jouz 20」をほぼ踏襲している。たとえば、底面のパネルを半開きにすることで、露出する充電用のmicroUSBポートも同仕様。さすがにType-C化は見送られた模様で、このあたりの基本性能向上はメジャーアップデートの新モデルに期待したい。

底面の円形がまるごとパネルになっており、「パカっ」と半開きにすると充電ポートが露出

底面の円形がまるごとパネルになっており、「パカっ」と半開きにすると充電ポートが露出

前述のとおり、「Jouz 20 Pro」および「jouz 20」と、「jouz 12」とでは、喫煙可能本数とサイズ感が異なる。くわしくは下記の表を参照していただくとして、現状では「jouz 12 Pro」は販売されていないので、コンパクトな本革仕様jouzは残念ながら入手不可だ。

注目の温度調節機能とスマホ連携、そして吸い心地は?

では、いよいよ「jouz 20 Pro」を使用してみよう。基本的な使用方法は、「jouz 20」と同様だが改めて説明しておく。といっても、1度でも加熱式タバコを使用したことがある人ならば、なんら難しいことはない。まず、キャップにヒートスティックをセットしたら、起動ボタンを長押しするとバイブレーターが振動して、加熱を開始したことをお知らせ。20秒ほどで加熱が完了し、再度バイブで通知。そのままヒートスティック1本分の喫煙を楽しめる。

「jouz 20 Pro」にヒートスティックをセットして喫煙してみる

「jouz 20 Pro」にヒートスティックをセットして喫煙してみる

次に、「jouz 20 Pro」最大の特徴であるスマホ連携を試してみよう。専用アプリをスマホにインストールして起動してから、「jouz 20 Pro」本体の起動ボタンを押すと、Bluetooth経由でペアリングできる。なお、現時点では、jouz専用アプリはAndroidのみ対応しており、iOSは非対応なので注意が必要だ。

専用アプリの初期画面。起動ボタンを押してスマホとペアリング可能

専用アプリの初期画面。起動ボタンを押してスマホとペアリング可能

さて、ここからがスマホ連携の真骨頂。スマホアプリ上から「jouz 20 Pro」の加熱温度を「低温」「中温」「高温」の3段階で調節が可能なのだ。メイン画面下部のゲージをダブルタップすると希望の温度に調節できるほか、ヒートスティックの銘柄によって、適切な温度がプロファイリングされているので、使用銘柄を選ぶだけでも最適な温度で加熱してくれるようになる。加熱温度は低温になるほど味わいがマイルドになり、高温に設定すると深みや味わいが濃くなるとのこと。

画面下部にあるゲージが現在設定されている温度を表す。左上にはペアリングしている「jouz 20 Pro」のバッテリー残量を表示

「M Brand」とはヒートスティックの「Marlboro」、「H Brand」は「HEETS」を意味すると思われる。使用している銘柄をタップすれば、温度プロファイルが設定される

これにて設定は完了。あとは、「jouz 20 Pro」の起動ボタンを長押しして加熱を開始し、喫煙可能状態になったら吸うだけだ。このあたりは、高温加熱タイプの加熱式タバコとしては、ごく一般的な操作となる。

本体の起動ボタンを長押しすると加熱開始

本体の起動ボタンを長押しすると加熱開始

加熱中および喫煙中にアプリを見ると「加熱中」と表示される

加熱中および喫煙中にアプリを見ると「加熱中」と表示される

ちなみに、「低温」「中温」「高温」の温度調節は、スマホのアプリを使用しなくても、「jouz 20 Pro」の起動ボタンを3連打することで、1段階ずつ調整可能だ。設定温度は、起動ボタンに搭載されたLEDのランプの表示数で知ることができる。ただし、これら温度調節機能は、加熱中は使用できないため、吸いながら温度を調節して味わいを確認することは不可。温度調節は、喫煙1回ごとに変えることになる。

起動ボタンに搭載されたLEDインジケーター。温度調節中は3つ点灯で「高温」を表す

起動ボタンに搭載されたLEDインジケーター。温度調節中は3つ点灯で「高温」を表す

筆者的に、「マルボロ バランスドレギュラー」を吸った感じでは、温度によって味わいが大きく変化するようなことは感じられなかった。このあたりは、使用している銘柄や個人差による部分も多分にあり、特に「もう少し軽い味わいが好みだ」と普段から感じているユーザーは、「低温」の設定を試してみるのがよいかもしれない。

そのほか、専用アプリには、スマホ側で「jouz 20 Pro」本体の使用をロックする機能「チャイルドロック」やファームウェアの更新、ユーザー登録機能などが搭載されている。まさに加熱式タバコもIoTの機能を有する時代になったと言えるだろう。

アプリを介して、本体のチャイルドロックやファームウェアの更新ができる

アプリを介して、本体のチャイルドロックやファームウェアの更新ができる

ユーザー登録も可能

ユーザー登録も可能

製品のクオリティは高いが、価格も高い

さて、本革仕様や温度調節機能など、ラグジュアリーかつ機能的なスペックを搭載して世に送り出された本機。ファーストインプレッションで、デバイスとしての完成度は高いと感じたものの、いかんせん高額な価格設定がネック。前述の通り、「jouz 20 Pro」の直販価格は12,980円(税込)。「IQOS 3」のキットが10,980円(税込)で、ライバル機と目される「IQOS 3 MULTI」(税込)のキットでさえ8,980円だ。本家より高額な価格設定はいくらなんでも強気すぎるとも思えるが、ジョウズ・ジャパンとしては、それほど製品に対する自信があるのだろう。

ユーザー的には、本革仕様はともかく、1回のフル充電で20本の喫煙が可能なオールインワンタイプのデバイスで、この金額を支払ってでも、好みの温度に調節できるところに興味があるという人なら、購入してみるのもアリだろう。

ナックル末吉

ナックル末吉

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイク、食レポなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る