いいモノ調査隊

エコな上に、災害を防止するスゴイやつ!

最近各地で、大雨による洪水の被害が相次いでいます。なぜこんなことになっているのでしょうか?日本の気候が変わってきたのも一因のようですが、それよりも、各地の都市化の影響が大きいと言われています。街が都市化すると、コンクリートに覆われます。コンクリートに覆われた地面では、雨水の浸透能力はなくなり、降った雨はそのまま下水道に放流されます。ゲリラ豪雨で雨水が下水道のキャパシティを超えた場合、マンホールなどから下水が逆流する、いわゆる「都市型洪水」が発生し、被害が大きくなるのです。

つまり、少しでも下水道の負担を減らせれば、被害を食い止めることができるというわけです。具体的には、それぞれの建物で降ってきた雨を一時的に貯められれば、下水道への負荷を軽減することができますよね。

その方法として注目を集めているのが、雨水タンクを設置すること。雨水タンクとは、降ってきた雨を集めてタンクに貯水するという設備。もちろん、たまった雨水は、花壇の水やりや道路の水撒きなどに使用することができるので、節水にも効果大。また、断水の際にはトイレを流す水などとしても活用できます。

水資源がジャブジャブ流れていくと思うと、もったいないと思いませんか?

水資源がジャブジャブ流れていくと思うと、もったいないと思いませんか?

雨水タンクの設置に際して、助成金が出る場合もあるので、各自治体に確認を!(うちは残念ながら助成金のない地域でした)

(回遊舎/番場由紀江)

回遊舎

回遊舎

暮らしの中のかゆ〜い所に手が届く。そんな調査結果をお届けしていきます☆

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
防災グッズのその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る