いいモノ調査隊

葛飾北斎の名画が、パスポート(旅券)でよみがえる!!

海外旅行に必携のパスポート。筆者はかれこれ20年以上も同じパスポートカバーを使っております。透明のビニール製で、何の変哲もないカバーです。パスポートカバーには高級な皮製のものから、スキミング防止などユニークな機能が付いたものなど多くの商品がありますが、なかなか筆者の琴線に触れるものを見つけることができませんでした。

しかし、ようやく面白いパスポートカバーを発見! 即座に購入し、今では旅の友として愛用しております。その名も「赤富士 パスポートカバー」。

赤富士を描いた、葛飾北斎の富嶽三十六景の1枚「凱風快晴」がモチーフになっています

赤富士を描いた、葛飾北斎の富嶽三十六景の1枚「凱風快晴」がモチーフになっています

パスポートがないと真っ白の富士山になります

パスポートがないと真っ白の富士山になります

中面には搭乗券や出入国カードなどを入れるポケットが付いています

中面には搭乗券や出入国カードなどを入れるポケットが付いています

このパスポートカバー、赤富士で有名な葛飾北斎の名画「凱風快晴」がデザインされています。つまり、日本の赤い表紙のパスポートを入れると赤富士が完成するというわけです。実際にパスポートをセットしてみると、深みのある赤い色が味わいのある富士山に変身。さらに、金色の菊の御紋も見事に決まります。

まさに赤富士。これを見た瞬間、日本人でよかったと思いました

まさに赤富士。これを見た瞬間、日本人でよかったと思いました

なお、赤色の表紙のパスポートは一般旅券の10年用だけです。5年用は紺色なので、赤富士を楽しみたい方は10年用を申請してください。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る