いいモノ調査隊
パリの高級ホテルでも使われているリッチな香り

なんてったってプレミアム。芳醇な香り漂う洗濯柔軟剤

洗濯の際に使う柔軟剤。もともとは衣類の洗い上がりを柔らかくするためのものでしたが、今では衣類に香りをつけるために使っている方がほとんだそうです。筆者も以前から柔軟剤を愛用しておりますが、確かに洗濯後の仕上がりの柔らかさよりも、香りの方が気になります。また、筆者宅では部屋干しすることが多いので、なるべく好みの香りに仕上げたいという気持ちもあり、数種類の柔軟剤を常備して洗濯時の気分で使い分けております。読者の中にも、柔軟剤をお使いの方は多いはず。今回は、筆者が最近お気に入りのものをご紹介しましょう。

レノアオードリュクス

見るからに高級感あふれるパッケージがいいですね(左が「イノセント」、右が「センシュアル」)

ご紹介するのは、「レノアオードリュクス」。「高級ホテルのルームフレグランスのような贅沢な香りを体験したい」というお客さんの要望にこたえて開発されたそうです。実際に、パリの高級ホテル、ル・パヴィヨン・ドゥ・ラ・レーヌでは、ゲスト用柔軟剤として使用されているとのこと。

「レノアオードリュクス」には、「イノセント」と「センシュアル」の2種類の香りがラインアップ。「イノセント」は、パリのホテル朝6時をイメージし、朝露に濡れた花束の香りを、「センシュアル」は映画ミッドナイト・イン・パリの「雨に濡れた真夜中のパリが一番美しい」というセリフにインスパイアされた、ロマンティックで官能的な香りをイメージしているとか。

色合いも違います(左が「イノセント」、右が「センシュアル」)

色合いも違います(左が「イノセント」、右が「センシュアル」)

香りは強めなので、最初は普段使っているものより少なめにして香りを確かめた方がいいかもしれません

香りは強めなので、最初は普段使っているものより少なめにして香りを確かめた方がいいかもしれません

実際に使ってみると、いずれも、普段使っているものより高級感があり香りも強く感じました。人によっては香りが強すぎると感じるかもしれません。香りは大きく異なり、「イノセント」はフローラル系の華やかさとさわやかさが同居した心落ち着く感じ、一方の「センシュアル」は、フルーティーで濃厚な甘さを感じ甘美な雰囲気が漂います。

香りの好みは千差万別のため、人によって評価が異なりますが、筆者的には「イノセント」の方が、穏やかに感じることもあり好みです。強めの甘い濃厚な香りがお好みの方は「センシュアル」がよいでしょう。

柔軟剤の香りも奥が深い世界です。最近は、複数の柔軟剤をブレンドしてオリジナルの香りを作り上げる方もいらっしゃるとか。両方を混ぜたらどんな香りになるのだろうと、頭の中で、香りのブレンドにはげむ筆者でした。

わたる

わたる

主に東京の湾岸エリアに生息しているが、中国、タイ、インドネシアなどでの発見情報もあり、その実態は定かではない。仲間うちでは「おっちゃん」と呼ばれることも。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る