いいモノ調査隊
24種類の工具が1冊になったツールセットが、おしゃれでスタイリッシュ。

24種類もの工具が1冊に? 本棚に収納できるツールセット

今回は工具セットのご案内です。お値段はお手ごろなのに、これ1つあればたいていのことはできてしまうという便利なツールセットですよ。しかも本棚に収納できるB5サイズのブックタイプ。ではさっそく見ていきましょう。

藤原産業の「B5ブックタイプツールセット」です

藤原産業の「B5ブックタイプツールセット」です

商品名のとおり、見た目もブックタイプになっています

商品名のとおり、見た目もブックタイプになっています

外側の紙製のパッケージを外すと、本をイメージしたような収納ケースが現れます。普通の工具セットは横長で場所をとるものが多いですが、これはB5サイズなので本棚に収納できるのがいいですね。ハードカバーの本と一緒に並べておけばわかりやすいですね。ただ工具がぎっしり入っておりますので、重量は1kgほどあります。幅が厚いので女性が片手で持つのはちょっと重いと思います。

本棚に収納できて便利です

本棚に収納できて便利です

そしてこのパッケージ。頑丈なのはいいのですが、ツメを引っ掛けて外すのがちょっと大変。結構固いんですよ。何回か開けていれば慣れてくるかもしれませんが、初回はおっさんの自分でもなかなか開かずに苦労しました。中を開けると、これが壮観です。このサイズに24種類の工具が入っております。

中身オープン! 工具がぎっしり詰まってます

中身オープン! 工具がぎっしり詰まってます

入っている工具は以下のとおりです。
1)ドライバービットハンドル
2)25mmビット(+1・+2・+3・-4・-6):5種類
3)精密ドライバー(+00・-1.8):2種類
4)六角棒レンチ(1.5・2・2.5・3・4・5・5.5・6mm):8種類
5)モンキレンチ150mm
6)ミニラジオペンチ
7)ニッパ
8)カッター
9)コンベックス2m
10)ミニヤスリ半丸
11)ピックツール
12)ミニハンマー
合計12種類、24ピースのアイテムが詰まっています。個人的にはミニハンマーが入っているのがうれしかったですね。では1個ずつ見ていきましょう。

ドライバーハンドルはビット交換でレンチにも使えます

ドライバーハンドルはビット交換でレンチにも使えます

工具はすべてシンプルなホワイトとグレーの塗装です。まー、ここらへんは値段相応ですね。モノクロ好きなら問題なしです! まずはドライバーですが、5種類のプラスマイナスのビットをはめ込んで使うタイプです。磁石式なのでピタっと入りますよ。大きなサイズのビットなので普段使いにはこれが活躍します。また8種類の六角棒レンチはもちろんそのまま使うのですが、4mm以降の大きいサイズはこのドライバーハンドルに挿して使うこともできます。狭くて手が入らない時はハンドルに挿して使うといいかもしれません。

上がラジオペンチ、下がニッパです

上がラジオペンチ、下がニッパです

プラモデル製作には欠かせないニッパと、小さいながらも頑丈なラジオペンチがついています。サイズも持ちやすく手ごろだと思いますよ。

上がヤスリ、下がカッターです

上がヤスリ、下がカッターです

半丸の鉄ヤスリとカッターです。カッターはいわゆるおなじみのタイプですね。このサイズの鉄ヤスリはこれまたプラモデル製作には便利なアイテムなのでちょっとうれしいです。自然とガンプラ向きの工具ツールセットな感じがしてきましたよ。

2mのメジャーです

2mのメジャーです

正式名称はコンベックスっていうんですかね。2mのメジャーです。これもよく見かけるタイプ。単体であまり買うことがないのでツールセットに入っていると便利なアイテムです。

ミニハンマーが気に入りました

ミニハンマーが気に入りました

個人的にうれしかったのがこのミニハンマーです。小ぶりながら割と重さがあるので、ハンマーとして普通に使えます。釘打ちはもちろん、家具のちょっとしたゆがみとかにコンコンと打ち付けたりできますよ。女性でも簡単に扱うことができそう。

精密ドライバーセットです

精密ドライバーセットです

大きなビットでは入らないところで重宝するのが精密ドライバーです。こちらのほうがひんぱんに使うことが多そうですね。一見するとどちらがプラスかわからないので、自分はマジックで本体にプラスって書いちゃいました。

モンキレンチです。これが重い

モンキレンチです。これが重い

150mmのモンキレンチです。このツールセットの中ではこれが一番重いかも。そして収納ケースにちゃんと収まらず、フタを閉めようとすると落ちてきちゃったりもします。ちょっとイライラします。

ピックツールというそうです

ピックツールというそうです

そして今回の「コレ何?」はこのピックツールです。最初何に使うかわかりませんでした。何かを引っ掛けて外したり、作業中にケーブルを支えたりといろいろ使えるとのことです。個人的にはPCのキーボートの溝に詰まったゴミを取るのに使ったりしました…。使い方…間違っていますかね?

以上24種類の工具が入っていて1,000円ちょいという破格のお値段です。値段相応というものもあるのですが、何かの時には役に立つアイテムばかりなので、1個あるととても便利だと思われますよ。ただ、収納ケースを開ける時と、工具を収納ケースから取り外す時に結構な力が必要となるのだけが少し使いづらい点ですね。これも慣れてくるとスムースに外せるかもしれませんが、ここらへんは要注意です。

マッシー

マッシー

「月刊PCエンジン」誌で編集ライターデビュー。「64DREAM」誌デスクを経て前職はXbox 広報のゲーム漬け人生。猫とガンプラとaqoursが存在理由のホビー担当。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン「動画」まとめページ
ページトップへ戻る