コワモテだってしっかり見分ける「CM01」

“顔認証”でWindowsにサインインするのが便利すぎる件

このエントリーをはてなブックマークに追加

赤外線で使用者の顔を認識する

モノ系ライターのナックル末吉です。筆者はパソコンやスマホの記事を本業としていまして、今回は久々にPC周辺機器の記事ということで、少し浮かれています。

Windowsパソコンを使用している皆さんは、どうやってサインインされているでしょうか? Windowsにサインインする方法としてパスワード、PINコード、指紋認証などが挙げられますが、どれもひと手間かかります。

とはいえ、手間を省きたいからといって自動サインインしてしまうのはセキュリティ上、好ましくありません。

そこで、今回はパソコンの前に座るだけでサインインできてしまう筆者おすすめの周辺機器をご紹介します。

今回ご紹介するのはマウスコンピューターの「CM01」という製品です。この製品は赤外線カメラにより使用者の顔を認識して、アカウントに登録した顔と一致すればWindowsにらくらくサインインできるというもの。

「CM01」で顔認証機能を使ってみる

まずは製品を見てみましょう。

パッケージです。マウスコンピューターの周辺機器らしくイエローが基調となっています

パッケージです。マウスコンピューターの周辺機器らしくイエローが基調となっています

内包物は本体と説明書のみ。ケーブルは脱着式ではなく本体からニョキっと生えています。ケーブル長1.5m

内包物は本体と説明書のみ。ケーブルは脱着式ではなく本体からニョキっと生えています。ケーブル長1.5m

パソコンとの接続はUSBです

パソコンとの接続はUSBです

本体前面。赤外線のカメラが2基搭載されています。センサーを2つにすることによって、奥行きまで検知することができます

本体背面です。パソコンに取り付けるためのクリップが搭載されています

本体背面です。パソコンに取り付けるためのクリップが搭載されています

クリップを開いてみました

クリップを開いてみました

クリップは薄型のノートパソコンにも取り付けられるように配慮されています

クリップは薄型のノートパソコンにも取り付けられるように配慮されています

USBケーブルはパソコン本体へ接続。電源の供給もUSB経由で行われます

USBケーブルはパソコン本体へ接続。電源の供給もUSB経由で行われます

取り付けが完了! ちなみに使用しているパソコンは11.6型の画面を搭載した「VAIO S11」

取り付けが完了! ちなみに使用しているパソコンは11.6型の画面を搭載した「VAIO S11」

顔認証カメラがユーザーの顔を捉えやすいように角度も調節できます

顔認証カメラがユーザーの顔を捉えやすいように角度も調節できます

Windowsには生体認証機能が“標準搭載”されている

Windows10には「Windows Hello」という生体認証機能が標準で搭載されています。パスワードやPINコードを使用してWindowsにサインインしている場合、そのコードが他人に知られてしまうとユーザー本人以外でもサインインできてしまいます。Windows Helloは指紋や顔など、本人しか持ち得ぬものでサインインする機能で、セキュリティレベルが高いことで脚光を浴びています。

最近では指紋センサーを搭載したパソコンが増えましたが、指をセンサーにかざす「1アクション」が必要です。その点、顔認証はカメラに顔を向けるだけ。つまり、パソコンの前に座れば認証されるので、この上なく便利なサインイン方法です。

はたして筆者の強面でもサインインできるのか!?

では、実際に使ってみます。デバイスドライバーはパソコンの電源を入れた状態で、USBケーブルを挿し込めば自動的にインストールされます。

デバイスドライバーがインストールされたら、自分の顔を登録します。

デバイスドライバーが正常にインストールされると「設定」の「サインインオプション」に「顔認証」の項目が表示されるので「セットアップ」をクリック

CM01が起動しカメラが自分の顔を捉えます! 赤外線カメラなのでまるで夜行性の野生動物を撮影したかのよう!

顔の登録が終わったら一度サインアウトします。サインイン画面でカメラに顔を向けると……

顔の登録が終わったら一度サインアウトします。サインイン画面でカメラに顔を向けると…

あっさりサインイン完了! これは便利すぎます…

あっさりサインイン完了! これは便利すぎます…

顔認証デバイスCM01まとめ

CM01を使って顔認証サインインを体験してみた結果ですが、顔を認識するのに1秒程度。体感的には即時ログインできてしまうのでストレスはゼロ。

指紋認証も便利だとは感じていましたが、顔認証はそれをはるかにしのぐ快適さです。

CM01は顔さえ認識できれば、画面上部に取り付けなくてもOK。ただし、ノートパソコンをモバイルで使用する際は、毎回接続したり持ち歩いたりする必要があり、CM01の快適性をスポイルしてしまいます。

また、最新のノートパソコンには標準で顔認証センサーを搭載しているモデルもあるので、CM01の本領を発揮するのはズバリ、デスクトップパソコンということになります。

デスクトップパソコン用のモニターの多くは、顔認証センサーなんて搭載していないので、CM01を導入した際にはモニターの上に載せっぱなしでOK。パソコンを起動したら、あとは顔をカメラに向けるだけで自動的にWindowsのデスクトップ画面が表示されるという快適性とセキュリティ性を両立された運用が可能となります。

正直、筆者もCM01を購入しようかガチで検討しているところですが(テストはデモ機を使用)、残念ながら愛用しているグラサンをかけた状態ではサインインできませんでした…。

ナックル末吉

ナックル末吉

スマホ、パソコン、家電などのガジェット系記事を執筆するモノ系ライター。それ以外にもハイレゾオーディオや文房具、バイク、食レポなどについても執筆するため「節操がないのが持ち味」と豪語する。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
いいモノ調査隊最新記事
いいモノ調査隊記事一覧
2017.12.16 更新
ページトップへ戻る