いよいよ明日発売! 決戦は金曜日

「iPhone X」発売前日レビュー! 顔認証やホームボタン廃止など気になる点を速攻チェック

このエントリーをはてなブックマークに追加

アップルの新型スマートフォン「iPhone X(テン)」が2017年11月3日に発売される。iPhone誕生10年を記念するモデルだけに、注目度やファンからの期待度は高い。注目度が高いのは、これまでのiPhoneと違うところが多いためだ。有機ELディスプレイの採用、iPhoneのアイデンティティとも言えるホームボタンの廃止、「Face ID」による顔認証機能など、これまでのiPhoneとはがらりと変わっている。発売前に短時間だが実機を試す機会を得たので、気になるところを重点的にチェックしていきたい。

アップルが明日(11月3日)に発売するiPhone X

アップルが11月3日に発売するiPhone X

大画面で小さい! このサイズ感は多くの人が気に入るはず

iPhone Xは5.8型という、iPhoneとしては過去最大の画面サイズでありながら、iPhone 7 PlusやiPhone 8 Plus(ともに画面サイズは5.5型)よりもコンパクトで、片手で握りやすい。流行の狭額縁設計によって、大画面とコンパクトさを両立しているのだ。重量は174gで、見た目がコンパクトなだけに、はじめて持ったときは少しだけ重く感じられた。ちなみに、iPhone 8 Plus(202g)より軽いがiPhone 8(148g)よりは重い。筆者はiPhone 7 Plusを使っているが、それよりもホールドしやすかった。このサイズ感と画面の大きさは、きっと多くの人に好意的に受け入れられるはず。

左から5.5型のiPhone 7 Plus、5.8型のiPhone X、4.7型のiPhone 7

左から5.5型のiPhone 7 Plus、5.8型のiPhone X、4.7型のiPhone 7

背面はガラス素材。シルバーモデルは指紋が目立つ

背面はガラス素材。シルバーモデルは指紋が目立つ

今回はシルバーモデルを試用したが、フレームはステンレススチール、前面と背面はガラスという素材の組み合わせ。キラキラしたステンレススチールは、昔の「iPod touch」の背面に近い。ブラックモデルは物理蒸着でステンレススチールを黒色に塗装している。

ディスプレイは2436×1125の5.8型有機EL。有機ELを採用するのは、iPhoneとしては今回が初となる。有機ELならではの高いコントラスト比により、しまった黒が見所だ。昔の有機EL搭載スマホを知っている方だと、鮮やかすぎる、青が強いというイメージを持っている人もいるかもしれいが、iPhone Xの有機ELディスプレイは自然な色味なので心配は無用。HDRにも対応しているので、対応コンテンツなら高画質で楽しめる。ディスプレイに関してはきっと多くの人が満足するはずだ。

上部のカメラ部分の切り欠き部分。気になる人もいるかもしれないが、今のところ実利用に大きな影響はない

上部のカメラ部分の切り欠き部分。気になる人もいるかもしれないが、今のところ実利用に大きな影響はない

画面のアスペクト比が縦長になったので、キーボードの地球儀マークとマイクマークが下側に移動している

画面のアスペクト比が縦長になったので、キーボードの地球儀マークとマイクマークが下側に移動している

iPhone Xのアスペクト比に対応していないアプリだと、上下に黒帯が表示される。これはこれで自然に見える

iPhone Xのアスペクト比に対応していないアプリだと、上下に黒帯が表示される。これはこれで自然に見える

ホームボタン廃止でiPhoneの作法が大きく変わった

iPhoneを長く使っているユーザーでも、説明なしでiPhone Xのホーム画面に戻るのはむずかしいはずだ。iPhone Xでホーム画面に戻るには、画面の下に表示されている黒いバーを上にスワイプする。無意識だと、黒いバーより上部分からスワイプをはじめて、ホーム画面に戻れないこともときどきあった。この黒いバーを左右にスワイプすると、アプリを切り替えられるのは地味に便利だった。マルチタスク機能は黒いバーを上にスワイプし、少し止めると呼び出せるが、どれだけ止めておけばいいのか、まだ感じをつかめていない。

ホームボタンを長押しして呼び出していた「Siri」は、右側面のサイドボタンを長押しする仕組みに変わっている。スクリーンキャプチャーもサイドボタンとボリュームボタンの上を同時に押す。この2つのボタンを長押しすると、電源をオフにする画面が表示される。そのほか、コントロールセンターは上部の右上から下にスワイプ、通知は上部の右上以外からスワイプして表示する。ホームボタンの廃止により、iPhoneの作法はすっかり変わってしまっている。間違いなく慣れは必要になるだろう。

iPhone Xを使い始めて1日なので、ホームボタン廃止の影響がどれだけ大きいのかを把握できていないので、もう少し使い続けてみて報告したい。

ホームボタン部分にはドックが表示される

ホームボタン部分にはドックが表示される

Face IDは今のところ問題なし

ホームボタンの廃止にともない、これまでホームボタンに搭載されていた指紋認証機能の「Touch ID」も廃止されている。その代わりに、iPhone Xでは顔認証機能のFace IDを利用する。上部のTrueDepthカメラにより、顔の深度情報を使って認証しているので、写真でロックを解除することはできない。映画などで使われる精巧なマスクにだまされないように、機械学習も活用している。

Face IDの設定画面

Face IDの設定画面

気になる精度はときどき失敗するが、圧倒的に成功することが多かった。認証スピードも速く、暗い場所でも使える。ロック解除を例にすると、iPhone Xに顔を向けて、下からスワイプするとホーム画面が表示される。顔を向けてからスワイプすると説明すると2段階の操作が必要のように感じるが、実際は顔が認証されるのを待つ必要はなく、(画面を見ながら)スワイプするだけいい。

Face IDの登録は、iPhone Xの前で顔をぐるっと回す動作を2回行うだけで、比較的簡単だ。画面から目を離さずに、鼻をぐるっと回すとうまくいく。

まとめ

まだ1日しか使っていないので、ホームボタン廃止の影響や、Face IDの信頼性、バッテリーの持ち、細かな使い勝手などは、もう少し使い込んで報告したい。個人的には、望遠側にも光学手ブレ補正が追加されたカメラにも期待している。

10年の歴史を持つiPhoneにとって、今回のiPhone Xは大きなチャレンジだ。ホームボタンをなくし、使い勝手を大きく変えてきたのは驚いたが、今のところ、がっかりする点はなく、久しぶりにワクワクしながらiPhoneを触っている。iPhone Xの発売は3連休初日の明日から。きっと、多くの人が新鮮な気持ちでiPhone Xを手にするはずだ。

カメラはiPhone 8 Plusとスペックは近いが、デュアル光学式手ぶれ補正を搭載し、望遠カメラを使った際に手ブレを押さえた撮影が可能となっている。レンズもF2.4に明るくなっている

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連記事
新製品レポート最新記事
新製品レポート記事一覧
2017.11.17 更新
ページトップへ戻る