今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2018年8月6日〜12日)

ドコモから、ダブルカメラ搭載の防水8型タブレット「dtab Compact d-02K」が発売

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、ドコモのタブレットの2018年夏モデル「dtab Compact d-02K」や、au初のソニーのPremiumモデル「Xperia XZ2 Premium SOV38」、ワイモバイル初の初心者向け「かんたんスマホ」を紹介する。

ファーウェイ「dtab Compact d-02K」(NTTドコモ)

2018年8月10日(金)発売

8型WUXGA液晶(1920×1200ドット)を搭載したタブレット。アルミボディを採用するほか、IPX5/IPX7の防水、IP6Xの防塵に対応する。

カメラには、ダブルカメラを搭載し、背景をぼかすなど味のある写真を簡単に撮影することが可能だ。撮影後でも、画面で確認しながら、焦点やぼかしの度合いを調整することができる。カメラ画素数は、メインが約1300万画素と約200万画素、サブが約800万画素。

主な仕様は、プロセッサーが「Kirin 659」、メモリーが3GB、ストレージが32GB。外部メモリーはmicroSDXCカード(最大256GB)に対応。OSは「Android 8.0」をプリインストールする。

モバイルネットワークの最大通信速度は、受信が262.5Mbps、送信時が50Mbps。無線通信は、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LANとBluetooth 4.2に対応する。

機能面では、IPX5/IPX7の防水、IP6Xの防塵、指紋認証に対応。バッテリー容量は4980mAhで、連続待受が約690時間(LTE)/約830時間(3G)。

このほか、接続端子はUSB Type-Cを採用。本体サイズは209(幅)×120(高さ)×8(奥行)mm。重量は約309g。ボディカラーは、シルバーとゴールドの2色を用意する。

ソニーモバイルコミュニケーションズ「Xperia XZ2 Premium SOV38」(au)

2018年8月10日(金)発売

au(KDDI)から、ハイエンドスマートフォン「Xperia XZ2 Premium SOV38」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)が発売される。

au初となる、「Xperia」のプレミアムモデル。鏡面仕上げを施したアーチ形状の3Dガラスや、シームレスなメタルフレームを採用した点が特徴だ。

具体的には、画面は、解像度3840×2160ドットで約5.8型の4K HDR対応ディスプレイを装備。YouTubeなどのコンテンツを4K画質に自動変換する「4Kアップスケーリング」、インターネットで見る動画など、標準規格(SDR)の動画をHDR相当の美しさに自動変換する「HDRアップコンバート」にも対応した。

主な仕様は、プロセッサーが「SDM845」、メモリーが6GB、内蔵ストレージが64GB。外部記録媒体がmicroSDXCメモリーカード(最大400GB)をサポート。カメラ機能は、メインが約1920万画素(カラー)+約1220万画素(モノクロ)のデュアル構成。サブカメラは約1320万画素だ。

このほか、IPX5/IPX8相当の防水性能、IP6X相当の防塵性能も装備。バッテリー容量は3400mAh。連続通話時間が約2480分、連続待受時間が約530時間(LTE/WiMAX 2+エリア)、電池持ち時間が約95時間。OSは「Android 8.0」をプリインストールする。

本体サイズは80(幅)×158(高さ)×11.9(奥行)mm、重量は約236g。ボディカラーはクロムシルバー、クロムブラック。

京セラ「かんたんスマホ 705KC」(ワイモバイル)

2018年8月9日(木)発売

ソフトバンクから、「ワイモバイル」ブランド初の初心者向けのスマートフォン「かんたんスマホ」(京セラ製)が発売される。

「インターネットにつながらない」「着信音が鳴らない」など、スマートフォンの操作で困った場合に、起動するだけで内容を検知して解決する「押すだけサポート」を搭載したモデル。解決できない場合は、「かんたんスマホ」専用のカスタマーセンターに問い合わせて、専任オペレーターに無料で直接相談できる。

また、文字を大きくし、必要な機能やアプリを厳選して配置することで、シンプルで使いやすいホーム画面を実現。よく使う連絡先を4件まで、ホーム画面の下にアイコンとして配置できる。さらに、「電話」「メール」「ホーム」といった切り替え操作をワンタッチで行える、3つの専用ボタンを装備した。不在着信や新着メールがある場合には、それぞれの専用ボタンが点灯して知らせてくれる。

このほか、ディスプレイは、約5型HD液晶を装備。ワンタッチで音声検索できる、専用のサイドキーも備えた。主な仕様は、プロセッサーが「MSM8937」、メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB。外部記録媒体は、別売りのmicroSDXCカード(最大256GB)に対応。カメラ機能は、メインが有効約1300万画素、サブが有効約500万画素。IPX5/IPX7相当の防水性能、IP5X相当の防塵性能も備えた。

バッテリー容量は2600mAh。無線通信はIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN規格、Bluetooth 4.2をサポートする。本体サイズは71(幅)×147(高さ)×9.2(奥行)mm、重量は約142g。ボディカラーはライトブルー、ライトピンク。OSは「Android 8.1」をプリインストールする。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
ページトップへ戻る