新製品レポート
「moto mods」と組み合わせて使い方いろいろ

モトローラのSIMフリースマホ「moto z3 play」 国内全キャリア/DSDS対応、カメラは2眼


モトローラ・モビリティ・ジャパンは2018年10月12日、スマートフォンの新モデル「moto z3 play」を10月13日に発売すると発表した。2枚のSIMカードを使えるデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)対応のSIMフリースマートフォンで、国内すべての通信キャリアで利用できる。ほかの「moto z」シリーズと同様、別売の「moto mods」という拡張モジュールを装着して機能を追加できるのも特徴だ。価格はオープンで、同社の直販サイト「motoストア」では56,800円(税別)で販売する。

ガラスボディで高級感アップ

moto z3 playは、6.01インチの有機ELディスプレイ(2160×1080)を搭載したAndroidスマートフォン。同社のスマートフォンの中では、スペックや機能が充実した上位モデルという位置づけだ。CPUにはオクタコアの「Snapdragon 636」(1.8GHz×8)を採用し、4GBのメモリー(RAM)と64GBのストレージ(ROM)を搭載する。1つのSIMカードスロットと排他利用となるが、microSDメモリーカードスロット(最大2TB)も備える。

アスペクト比18:9の縦長のディスプレイを搭載

アスペクト比18:9の縦長のディスプレイを搭載

本体背面には耐久性にすぐれた「ゴリラガラス」を使用しており、高級感のある仕上がり。moto modsを装着することを考慮し、本体が6.75mmとスリムなのも特徴だ。従来モデルでは画面の下にあった指紋センサーを右側面に配置し使い勝手を高めている。画面下部のホームバー上でフリック操作などができる「ワンボタンナビ」や、手首をひねってカメラを起動したり、振り下ろしてライトを点灯したりできる「motoエクスペリエンス」は引き続き搭載する。

ゴリラガラスを使った背面。下の端子はmoto mods接続用

ゴリラガラスを使った背面。下の端子はmoto mods接続用

指紋センサーは右側面に配置される

指紋センサーは右側面に配置される

シリーズ初のデュアルカメラを搭載

アウトカメラには、moto Zシリーズ初となる、1200万画素(F1.7)+500万画素のデュアルカメラを搭載。背景をぼかした写真を撮影できる「ポートレートモード」や、写真の一部のカラーを残してモノクロ写真にする「スポットカラー」、背景を別の写真に変更する「カットアウト」など、同社のスマートフォンではおなじみの機能を備える。4K動画(30fps)も撮影可能。

インカメラは800万画素(F2.0)で、LEDフラッシュを搭載。広角(84°)レンズを搭載しており、複数人でのセルフィーにも適しているという。

新機能としては、写真の一部だけを動画で表現する「シネマグラフ」を搭載する。SNS映えしそうな動画を簡単に撮影できる機能だ。シャッタースピードや露出などを手動で決められる「プロモード」も備える。

1200万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載

1200万画素+500万画素のデュアルカメラを搭載

写真の一部のカラーを残してモノクロ写真にする「スポットカラー」

写真の一部のカラーを残してモノクロ写真にする「スポットカラー」

豊富な種類が揃う「moto mods」

moto z3 playは、moto zシリーズ専用の拡張モジュールであるmoto modsを装着することで、機能を拡張できるのが特徴だ。スピーカー、プロジェクター、カメラ、ミニプリンター、バッテリー、ゲームコントローラなど、豊富なmoto modsが揃っている。

今回、新しいmoto modsの発表はなかったが、米国ではベライゾンの5Gネットワークに対応する「5G moto mods」や、ブラジルではテレビを見られる「TV moto mods」などが発表されている。同社のダニー・アダモポウロス社長は、「市場の動向を見ながら、日本でも新しいmoto modsを発売したい」と語った。

以下はmoto modsの一例。

ミニプリンターの「Polaroid インスタプリンター」

ミニプリンターの「Polaroid インスタプリンター」

光学10倍ズームレンズを搭載する「ハッセルブラッドTRUEZOOM」

光学10倍ズームレンズを搭載する「ハッセルブラッドTRUEZOOM」

中央が「Moto 360カメラ」、右が「Turbo Power パック」

中央が「Moto 360カメラ」、右が「Turbo Power パック」

左が「ビークルドック」、中央が「Moto ゲームパッド」、右が「JBL SoundBoost | Speaker」

左が「ビークルドック」、中央が「Moto ゲームパッド」、右が「JBL SoundBoost | Speaker」

そのほか、バッテリー容量は3000mAh。高速充電対応の18Wターボパワー充電器が同梱される。SIMカードのタイプは、nanoSIM。対応バンドは4Gがバンド1/3/4/5/7/8/12/17/18/19/26/28/38/40/41、3Gがバンド1/2/4/5/8/19(6含む)。GSMが850/900/1800/1900MHz。国内全キャリアで利用でき、「au VoLTE」にも対応するという。無線LANはIEEE802.11a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)準拠、Bluetooth 5.0もサポートする。

OSは「Android 8.1」。外部インターフェイスはUSB Type-C、microSDメモリーカードスロット。3.5mmヘッドホン出力端子は搭載せず、USB Type-Cイヤホンジャック変換ケーブルが付属する。本体サイズは約75.6(幅)×156.5(高さ)×6.75(厚さ)mm、重量は約156g。

三浦善弘(編集部)

三浦善弘(編集部)

パソコン関連を担当する双子の兄。守備範囲の広さ(浅いけど)が長所。最近、鉄道の魅力にハマりつつあります。

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
ページトップへ戻る