ゲーミングPCパワーアップ大作戦
ゲーマーは有線マウスを好む……しかし!

女性コアゲーマーも納得。マウスパッドに置くだけ“充電不要”ワイヤレスゲーミングマウス


デスクワーク用では、すっかり主流となったワイヤレスマウス。しかし、ゲーミングの世界では今なお、有線マウスの人気が高い。

一般のユーザーからすると、「なぜ、いまだに有線マウスを使うの?」と疑問に思うかもしれない。しかし、ワイヤレスマウスでゲームをプレイすると、有線よりもラグ(反応の遅延)が生じることがあるばかりか、バッテリーの残量を常に気にしなければならないのだ。

「よし、ゲームをしよう!」と思った時に、バッテリーが切れていたり、ゲーム中に突然バッテリーが切れたり、なんてことが起きると、どんなにおもしろいゲームでも、プレイする前から興ざめしてしまう!

有線マウスは、コードの扱いがデメリット

ただし、有線マウスにも、デスクの角にコードが引っかかったり、ほかのコードとからまってしまったりという、デメリットがある。ネットサーフィン程度ならば、それほど気にならないが、ゲームのプレイ中だと、とっても厄介だ。緊迫した場面で、コードが引っかかってしまい、AIM(銃のスコープで狙いを定めること)がズレたり、マウスをうまくスライドできないという場面もたまにある。

そこで、マウスケーブルの取り回しを改善する周辺機器「マウスバンジー(マウスケーブルスタンド)」を使う方法もあるが、ゲームのプレイ中に、変なテンションがかかってしまい、そもそも操作しづらくなってしまうこともある。もし、マウスバンジーを使うのであれば、上から垂らして使うのがベストだが、壁に面していないデスクや、賃貸で壁を傷つけられない場合では、そのような設置は難しい。

マウスバンジーの使用例。有線マウスのコードをうまく、空中に逃がしている

マウスバンジーの使用例。有線マウスのコードをうまく、空中に逃がしている

“充電不要”のワイヤレスマウスとは?

そこで今回は、バッテリーの残量を気にせず、ゲームに集中できる「MAMBA HyperFlux」(Razer)を紹介したいと思う。MAMBA HyperFluxは、ワイヤレスマウスと専用マウスパッドのセット製品。マウスパッドの上にマウスを置くだけで、常に電力が供給される仕組みだ。

「MAMBA HyperFlux」の箱は、このようなデザイン。サイズはやや大きめだ

「MAMBA HyperFlux」の箱は、このようなデザイン。サイズはやや大きめだ

箱の中には、専用マウスパッド(写真左)、マウス(写真中央)に加えて、リバーシブル仕様の専用マット(写真右)も含まれる

セッティング方法は、付属のUSBケーブルをPCに接続し、もう片方をマウスパッドに接続するだけ。接続後、マウスパッドにマウスを乗せると、数十秒でマウスのイルミネーションが点灯し、動作可能な状態になる。

マウスの重量は96gで、一般的なワイヤレスマウスと比べてかなり軽い。その理由は、「RAZER HYPERFLUX ワイヤレス・パワー・テクノロジー」と呼ばれる独自技術を採用し、マウスのバッテリーを非搭載としているため。具体的には、マウスパッドが磁気フィールドを形成し、マウスに必要な電力を生み出して供給し続けることから、バッテリーを内蔵せずに動作できるという。

PCとマウスパッドの両方に、USBケーブルを接続した後、数十秒でマウスに電力が供給される。マウスパッドとマウスの両方にイルミネーションが用意されており、ソフトウェアを使って設定できる

USBケーブルをマウスに接続すれば、有線でも使用できる

USBケーブルをマウスに接続すれば、有線でも使用できる

操作性がよく、手にフィットする超軽量マウス

次に、外観をチェックしていこう。

マウス本体のサイズは、70.1(幅)×124.7(高さ)×43.2(奥行)mm。正面から見ると、傾斜があるように見えるが、これはRazer独自のデザインだ。小指側が低くなっているので握りやすく、しっかり手にフィットする。

マウスを正面から見ると、やや傾いているのがわかる。小指側(写真左)が低く、親指側(写真右)が高い

マウスを正面から見ると、やや傾いているのがわかる。小指側(写真左)が低く、親指側(写真右)が高い

マウスのボタンは、計9個。なかでも、左サイドには、内蔵プロファイルをワンタッチで切り替えられるボタンを備えている。たとえば、ゲーム別にプロファイルを設定しておくと、ソフトウェアを起動せずに、ボタンを押すだけで素早く切り替えられる。

左サイドには、内蔵プロファイルの切り替えボタンを装備する

左サイドには、内蔵プロファイルの切り替えボタンを装備する

マウスパッドのサイズは282.5(幅)×12.5(高さ)×355(奥行)mm。その上に装着する専用マットは、すべりのよいハードタイプと、すべりづらいクロスタイプを施した、リバーシブル仕様となっている。さらに、マウスパッドの裏側には、強力なすべり止めが付いており、ゲームをプレイしているうちに、ズレる心配がない。

マウスパッドの裏側。デスクにしっかりと貼り付くため、ちょっとやそっとじゃ、ズレない!

マウスパッドの裏側。デスクにしっかりと貼り付くため、ちょっとやそっとじゃ、ズレない!

マクロも搭載! 5分で設定完了

続いて、Razer独自のユーティリティソフト「Synapse」を使った設定方法を見ていこう。ここでは、マクロの設定やマウスボタンの機能割り当て、マウス感度の設定(100〜16000dpiまで)などが行える。インターフェイスは直感的で、とても操作しやすい。

特に、FPS(First Person shooter)のプレイで重要になるのが、マクロの設定だ。マクロとは、ボタンひとつで、指定した複数の操作を実行できる機能。たとえば、ゲーム内で走る際、通常は「Shift」キーと「W」キーを同時に押さなければいけないが、マクロを使うと、ボタンひとつを押すだけで走れる。素早く連打したい時にも便利だ。
マクロの設定方法を簡単に説明すると、ビデオに録画する時のように、実際にマウスを操作しながら、その動きを保存し、キーに割り当てていく流れだ。さらに、精度の高いマクロが欲しい場合は、編集も行える。

「Synapse」の画面。マクロを編集する手順は、(1)マクロを配置したいボタンを選択して+を選択、(2)マクロリストの+を選択し記録と開始を選択、(3)停止後いらない操作や間隔などを調整する、(4)完成したらマクロリストの名前を変更しチェックマークを押す、という流れだ

なお、設定(プロファイル)は、Synapse上に複数、保存できる。画面上部のプロファイルの横にある「…」をクリックすると、名前の変更も可能だ。マウスの内蔵メモリーには、プロファイルを4つまで選んで保存でき、先ほど説明したように、左サイドの専用ボタンを押して、ワンタッチで切り替えられる。

プロファイルの追加や名前変更は、プロファイル名の横にあるメニュー「…」から行う

プロファイルの追加や名前変更は、プロファイル名の横にあるメニュー「…」から行う

マウスの内蔵メモリーに設定を保存したい場合は、右側のプロファイルリストから設定したいプロファイルをクリックし、そのまま色のついたタブに、ドラッグ&ドロップする

実際に使ってプレイしてみた!

さっそく、マウス性能を確かめるため、「Counter-Strike: Global Offensive」(Valve)という人気のFPSをプレイしてみた。

確かに、マウスのコードがないため、いつもよりスムーズな使い心地でプレイできる。マウスが軽いため、ひとつずつの操作も身軽だ。PVP(対人)モードでも、いつも通り「キル」できたので、心配していた反応速度も、まったく気にならず、ワイヤレス状態のままで十分快適にプレイできた。

MAMBA HyperFluxを使って、「Counter-Strike: Global Offensive」を実際にプレイしてみた

MAMBA HyperFluxを使って、「Counter-Strike: Global Offensive」を実際にプレイしてみた

ちなみに、わたしがメインで使っているゲーミングマウスは、同じくRazer製で有線タイプの「Razer Mamba Tournament Edition」だ。

両モデルを比べてみると、いずれも反応速度が1000Hz、最大読み取り解像度が16,000dpiと基本性能は変わらないものの、MAMBA HyperFluxには、内蔵プロファイルをワンタッチで切り替えるボタンが追加されているのが、大きなポイントだ。また、ワイヤレスになったら性能が劣るかと思ったが、実際にゲームをプレイして、まったく気にならなかったのには驚いた。マウスが超軽量なので、マウスパッドの端に寄ってしまった際に持ち上げる動作なども、ストレスフリーだ。

筆者が愛用している、有線タイプのゲーミングマウス「Razer Mamba Tournament Edition」

筆者が愛用している、有線タイプのゲーミングマウス「Razer Mamba Tournament Edition」

ただし、従来のワイヤレスマウスと違って、“専用マウスパッドの上に必ず置く”という点には、注意しておきたい。たとえば、マウスをリモコンのように片手で持って、ソファで寝ころびながら操作する、というようなことは難しい。また、スリープ時にUSBへ電力供給しない設定となっている場合、スリープから復帰した時、数十秒待たないとマウスを操作できない。その場合、PCの電源オプションなどを見直す必要がある。

“コードフリー”だけど本格的なゲーミングマウス!

ワイヤレスながらバッテリーを内蔵せず、マウスパッドから充電できる「Razer MAMBA HyperFlux」。物欲を刺激するユニークなコンセプトのモデルだが、ゲーミングマウスとマウスパッドがセットになって、価格.comでの最安値が32,341円(2018年10月29日時点)と、通常のマウス&マウスパッドの組み合わせと比べてしまうと、やや値が張ってしまうのが気になるところ。

しかし、その先進的な独自技術や、有線マウスにも負けない性能を考慮すると、それでも欲しいと思うゲーマーは少なくないはず(わたし自身、のどから手が出るほど欲しい!)。それほど、文句の付けどころのない、魅力的な逸品であったことは間違いない。もし、友人におすすめのマウスを聞かれたら、これからはMAMBA HyperFluxを答えようと思う。

ライター:辻村美奈(オフィスマイカ)

オフィスマイカ

オフィスマイカ

編集プロダクション。「美味しいもの」と「小さいもの」が大好物。 好奇心の赴くまま、良いモノを求めてどこまでも!(ただし、国内限定)

紹介した製品の最新価格・クチコミをチェックする
関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る