特別企画
年会費無料、対応端末の大幅整理、新特急券サービスへ移行を実施

徹底解説、2020年に行われる「モバイルSuica」サービス変更の中身

2019年1月半ばに、JR東日本が発表した「モバイルSuica」のサービス見直しは、年会費の廃止、対応機器の大幅整理、特急乗車サービスの見直しなどモバイルSuicaユーザーへの影響が大きいものが多い。それらの詳細を解説しよう。

目次
1.2020年2月26日より年会費が無料に
2.ケータイ・ガラホ、旧型Androidスマホおよびアプリへのログインを段階的に終了
・概要解説
・SF(電子マネー)への影響
・定期券や乗車券への影響
・手持ちの端末が対象の場合の対処法、および退会の方法
・2020年2月25日にログインサービスが終了する端末
・2020年12月22日にログインサービスが終了する端末
3.2019年度末にモバイルSuica 特急券のサービス終了、新サービスへ移行

2020年2月26日より年会費が無料に

2020年2月26日より、年会費1,030円が廃止される(すでに無料のJR東日本のクレジットカード「VIEWカード」を利用している場合を除く)。現在無料のApple Pay版モバイルSuicaに合わせた措置と言えよう。なお、前日であっても一度徴収された年会費は払い戻しされない。

ケータイ・ガラホ、旧型Androidスマホおよびアプリへのログインを段階的に終了

概要解説

旧型のスマートフォンやケータイなどを対象に、モバイルSuicaアプリのログインサービスが廃止される。これにより、クレジットカードを使ったSF(電子マネー)チャージ、オートチャージの申込み・変更・停止の各操作、定期券、Suicaグリーン券、モバイルSuica特急券、ビュー・エクスプレス特約、ネット決済、Suicaポケット、利用履歴の表示、メール配信の設定、会員登録と退会、会員情報の変更、機種変更操作など、多くの機能を操作できなくなる。

モバイルSuicaの機能のほとんどは、アプリにログインして行うため、ログインができないと機能上の制限が発生する

SF(電子マネー)への影響

端末にチャージ済みのSF(電子マネー)は、ログインサービス終了後もデータは残り、そのまま利用できる。アプリからのチャージは行えないが、JR東日本の施設などに設置されたモバイルSuica対応のチャージ機は利用できる。設定済みのオートチャージもそのまま継続されるが、条件の変更や停止は行えない。

定期券や乗車券への影響

乗車券については上記のSF(電子マネー)に準じたものとなる。購入済みの定期券については、利用期限まで使い続けることが可能。行えなくなるのは、新規の定期券購入、継続手続き、区間変更・種類変更、そして払い戻しだ。特急券サービスは、購入・変更・払戻し・受取り・預け入れ・特急券情報の変更が行えなくなる。ただし受取り(ダウンロード)済みのチケットによる乗車は可能(特急券選択情報が「使う」に設定されている場合)。

手持ちの端末が対象の場合の対処法、および退会の方法

ログインサービス終了の対象となる端末で、従来通りに使い続けるのであれば、対応端末への機種変更が必要となる。なお、機種変更の手続きにもログインが必要なので、ログインサービス終了期間の前に行う必要がある。

また、端末から退会手続きを行う際にも、アプリへのログインが必要なので、ログインサービス終了前に手続きを済ませておく必要がある。なお、PC版モバイルSuicaのWebサイトからも退会手続きは行える。

2020年2月25日にログインサービスが終了する端末

このタイミングで対象となるのは、旧型の3GケータイなどAndroid OSをベースにしていないもの。この時点で、3Gケータイのすべてがログインサービスに非対応となる。なお、auの3Gケータイは2018年1月の時点ですでに全機種が非対応になっているため、下記のリストにauはない。

■NTTドコモの3Gケータイ(iモードケータイ)

シャープ
SH-07F、SH-03E、SH-03D、SH-11C、SH-10C、SH-09C、SH-06C、SH-05C、SH-04C、SH-02C、SH-01C、SH-07B

パナソニック
P-01H、P-01G、P-03D、P-06C、P-05C、P-04C、P-03C、P-02C、P-01C、P-06B、
P-05B、P-04B、P-02B、P-03B、P-01B

NECモバイルコミュニケーションズ N-01G、N-01F、N-07E、N-01E、N-02D、N-03D、N-05C、N-03C、N-01C、N-02C、
N-07B、N-04B、N-05B、N-01B、N-02B

富士通
F-07F、F-01E、F-04D、F-06D、F-02D、F-07C、F-11C、F-09C、F-10C、F-05C、
F-04C、F-03C、F-02C、F-01C、F-08B、F-06B、F-07B、F-04B、F-03B、F-01B、
F-02B

カシオ
CA-01C

■ソフトバンクの3Gケータイ

シャープ
301SH、109SH、004SH PJ、004SH、002SH、945SH G、842SH、945SH、944SH、
841SH、841SH s、931SH

Disney Mobile
DM007SH、DM006SH、DM005SH、DM004

2020年12月22日にログインサービスが終了する端末

このタイミングでログインサービスが終了するのは、4G回線を使ったAndroidベースのケータイ、いわゆるガラホ・ガラスマと、おおむね2014年まで、一部2015年までに発売されたAndroidスマートフォンだ。それらの中には、Android 6.0世代のスマートフォンの一部や、2017年末に発売されたガラホ・ガラスマなど、まだまだ現役の端末が含まれている。

現在発売されているガラホ・ガラスマは、すでにモバイルSuicaに対応していないため、この時点でログインサービスに対応するガラホ・ガラスマはなくなる。

なお。下記のリストにいないスマートフォンでも、2021年3月以降にシステムの要求条件が変更され、Android 4.4以前のAndroid スマートフォンのすべてがログインサービスを利用できなくなる。

■NTTドコモのAndroidケータイ(spモードケータイ)

パナソニック
P-01J

シャープ
SH-01J、SH-02K

■auのAndroidケータイ(4G LTEケータイ)
シャープ
SHF34、SHF33、SHF32、SHF31

京セラ
KYF37、KYF35、KYF34、TORQUE X01、GRATINA 4G

■UQモバイルのAndroidケータイ
京セラ
DIGNO Phone

■NTTドコモのAndroidスマートフォン

ソニーモバイル
SO-04F、SO-03F、SO-02F、SO-01F、SO-04E、SO-02E、SO-01E、SO-04D、
SO-05D、SO-03D、SO-02C

ファーウェイ
HW-03E、HW-01E

LG電子
L-01F、L-05E、L-04E、L-02E、L-01E、L-06D JOJO、L-06D、L-05D、L-02D、
L-01D

富士通
F-01H、F-02G、F-06F、F-05F、F-03F、F-01F、F-09E、F-08E、F-07E、F-06E、
F-02E、F-03E、F-04E、F-11D、F-10D、F-09D、F-08D、F-07D、F-05D、F-03D、
F-12C

シャープ
SH-02G、SH-06F、SH-05F、SH-04F、SH-03F、SH-02F、SH-01F DRAGON QUEST、SH-01F、SH-07E、SH-06E、SH-05E、SH-04E、SH-01E Vivienne Westwood、SH-02E、SH-01E、SH-10D、SH-09D、SH-07D、SH-06D NERV、SH-06D、SH-04D、
SH-02D、SH-01D、SH-13C、SH-12C

サムスン
SC-04F、SC-02F、SC-01F、SC-04E、SC-03E、SC-02E、SC-06D

パナソニック
P-03E、P-02E、P-07D、P-06D、P-04D、P-05D、P-02D

NECモバイルコミュニケーションズ
N-06E、N-04E、N-03E、N-02E、N-07D、N-06D、N-05D、N-04D、N-01D、N-06C、
N-04C

東芝
T-02D、T-01D

ディズニーモバイル
DM-01G

■auのAndroidスマートフォン

ソニーモバイル
SOL25、SOL24、SOL23、SOL22、SOL21、IS12S、IS11S

HTC
HTL23、HTL22、INFOBAR A02、HTL21、ISW13HT

京セラ
Qua phone、KYV40、URBANO V03、KYV36、URBANO V02、TORQUE G02、INFOBAR A03、URBANO V01、URBANO L03、URBANO L02、KYL22、URBANO L01、KYL21、URBANO PROGRESSO、ISW11K

LG電子
LGV32、LGV31、LGL24、LGL23、LGL22、LGL21

富士通
FJL22、FJL21、ISW13F、IS12F、ISW11F

シャープ
SHV31、SHL25、SHL24、SHL23、SHL22、SHL21、IS17SH、ISW16SH、IS15SH、INFOBAR C01、IS14SH、IS13SH、INFOBAR A01、IS11SH、IS12SH、IS05

サムスン
SCL23、SCL22、SCL21

カシオ
CAL21、IS11CA

パンテック
PTL21

NECモバイルコミュニケーションズ
IS11N

東芝
IS11T

■ソフトバンクのAndroidスマートフォン

シャープ
AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS CRYSTAL X、304SH、303SH、302SH、206SH、205SH、
203SH、200SH、107SH B、107SH、106SH、102SHII、103SH、102SH、101SH、009SH Y、007SH KT、009SH、007SH J、006SH、007SH、003SH、005SH

富士通
301F、202F、201F、101F

京セラ
202K、201K

モトローラ
201M

パナソニック
102P、101P

NECモバイルコミュニケーションズ
101N

ディズニーモバイル
DM016SH、DM015K、DM014SH、DM013SH、DM012SH、DM011SH、DM010SH、
DM009SH

■ワイモバイルのAndroidスマートフォン

シャープ
AQUOS CRYSTAL Y2、AQUOS CRYSTAL Y、WX05SH、WX04SH

富士通
EM01F

京セラ
WX10K

■SIMフリーおよびMVNOの取り扱うスマートフォン

シャープ
SHL25(mineo)、KYL22(mineo)

ソニーモバイル
Xperia J1 Compact(ソニーストア、so-net、イオンモバイル)

富士通
arrows M02、arrows RM02(楽天モバイル)

DIGNO W(UQコミュニケーションズ)、DIGNO L(UQコミュニケーションズ)

2019年度末にモバイルSuica 特急券のサービス終了、新サービスへ移行

2019年度末に始まる新しい新幹線 IC 乗車サービスの開始に合わせて、既存のモバイル Suica特急券(モバトク/スーパーモバトク)が終了する。具体的な日時は後日発表される予定だ。新サービスでは1回の予約で、同一行程同一車両の場合なら6個までのICカードに対応するほか、子ども料金での予約も可能となる。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る