特集
増税後初のボーナス!

価格.comマガジン編集部員「ボーナスでコレ欲しい!・コレ買った」2019冬


冬のボーナスシーズン到来! 旅行、貯金、外食、ローンや借入の返済などなど、いろいろな使い道があると思います。もちろん、ガジェットや生活家電などあれこれ購入しようと考えている人もいるでしょう。今回は価格.comマガジンの編集部員がボーナスで何が欲しいのかを聞いてみました(すでに買ったという人もいます!)。本気で欲しいモノをチョイスしているので、製品選びの参考にはならないかもしれませんが、楽しいお買い物のヒントになれば幸いです。

ゲーミングノートPC1台あれば、オレの人生バラ色?
ドスパラ「GALLERIA GCR1660TGF-QC-G」

欲しい人:鎌田 剛(編集長)
年明け2020年1月に「Windows 7」のサポートが終了する。さすがに我が家でもWindows 7マシンは使っていないが、現在のメインマシン(Windows 10)はミドルタワー型のデスクトップ。購入時には、将来PCゲームもプレイすることを考えて、高性能なグラボも挿せるようにと、拡張性の高いミドルタワーを選んだのだが、結局ほとんど拡張せずに5年くらいが経った。場所は取るし、液晶ディスプレイとの接続(HDMI)もなんとなく不安定。おまけに、一緒に買ったワイヤレスキーボード&マウスの動作が不安定で、すぐにワイヤードに戻してしまったため、常に配線がごちゃごちゃしている。正直、数年間にわたり、なんとかしたいと思っていた。

そこへ突然訪れた「eスポーツ」の波。パソコンメーカー各社もこぞって「ゲーミングPC」なるものに注力し始め、最近じゃ、ノートPCでも十分にゲームできちゃうという高性能なものも登場してきた。てことは、これでいいじゃん! もう、やたら場所取るし、周辺機器との接続も微妙なミドルタワーなんかとはおさらばだ! 高性能なゲーミングノートが1台あれば、オレの人生、もしかしたらバラ色になるかも!

というわけで、いろいろゲーミングノートPC界隈を物色中。たまたま見つけたコイツに心惹かれたのは、基本スペックの充実度やゲーミングPCらしい強力なエアフロー機構、そして比較的リーズナブルな価格設定もあるが、ユーザーレビューの評点が4.82(2019年12月9日時点)と高く、多くのユーザーが満足していること。そして、これが重要なんだけど、テンキーレスのキーボードを採用していること! 個人的にはあまりテンキー使わない派なんで、むしろ一般キーの使いやすさ重視のこのレイアウトはうれしい。最近「モダンPC」なんて製品もあるみたいですが、この手の製品も結構テンキーレスモデルが増えてるし、ある意味、最先端? デザインもゲーミングノートとしては割とサッパリしてるし、普段使いでも浮かない感じもいい。

さて、今年の冬ボーで久々にパソコン新調しよっかなー!

GALLERIA GCR1660TGF-QC-G

空中操作型トラックボール、キテる!
エレコム「M-RT1BRBK」

欲しい人:田中 巧
マウスについては節操なく各社の製品を渡り歩いております。今はマイクロソフトの優等生「Sculpt Ergonomic Mouse」を使っており、大きな不満はないのですが、ホイールが渋くなったことと、表面の加水分解が進んだので買い換えたくなりました。優等生の次は刺激的なものが欲しくなり、つい先頃発売されたばかりのエレコム製空中操作型トラックボール「M-RT1BRBK」を候補にしております。

しかし、トラックボールは今までろくに使ったことがないうえに、空中で操作する想像がつきません。ハードルを上げずにチャレンジして、適した使い方を探ってみたいところです。

トラックボールと言えば長らく老舗ケンジントンの独壇場でしたが、近ごろは各社が新製品を定期的に出しているようです。乗るしかない! トラックボールのスモールウエーブに!

M-RT1BRBK

無線LANの高速化&接続安定性とNASの爆速化を同時に実現
バッファロー「AirStation WXR-5950AX12」

欲しい人:遠山俊介
パソコン、スマートフォン、タブレット、テレビ、ゲーム機、スマートスピーカーと、年々増え続ける家の無線LANデバイス。約5年前にアンテナがいっぱい生えている当時最高スペックの無線LANルーターを導入しましたが、さすがにデバイスが増えすぎたのか、最近では家の中でも通信が安定せず、Google Homeに話しかけてもたまに「エラーが発生しました、数秒後にもう一度お確かめください」と返答されたり、レコーダーから録画した番組を持ち出す際に失敗するといったことが増えてきました。できることならもっと速く、接続安定性の高い無線LANルーターに切り替えたいですが、無線LANルーターを変えると家中の無線LAN接続デバイスの再セットアップする必要があるので、なかなか踏み出せず……。そんな時、ちょうどバッファローから最新のWi-Fi6に対応した「AirStation WXR-5950AX12」が登場し、とても気になっています。

Wi-Fi6の接続安定性や同時接続台数の増加といったメリットはもちろんなのですが、個人的に「AirStation WXR-5950AX12」で惹かれたのが、WANもLANも10GbE対応ということ。ちょうどNASをHDDからSSDにアップデートする予定があったので、LAN側も10GbE対応なら、NASへのアクセスが爆速化できると思ったからです。家中の無線LAN機器のセットアップのことを考えるとスペックがすぐに見劣りするのはイヤなので、そういった意味でも家庭用無線LANルーターで現在最強スペックを誇る「AirStation WXR-5950AX12」はちょうどいいモデルなんですよね。10GbE対応のスイッチングハブ「LXW-10G2/2G4」と合わせて、作業の時間がたっぷり取れる年末年始のタイミングで導入しようかと思います。

AirStation WXR-5950AX12

洗剤を手で投入し、干して取り込んでいた日々は忘れました
パナソニック ドラム式洗濯乾燥機「NA-VX800A」

買ってよかった人:大泉瑠梨
「ドラム式洗濯乾燥機は借金してでも買ったほうがいいよ」(個人の見解です)と友人からしつこく言われていたんです。ということで、引っ越しを機に購入してみました! パナソニックのドラム式洗濯乾燥機「NA-VX800A」です。購入時の条件は、「洗剤の自動投入機能に対応」「乾燥はヒートポンプ方式」「ボディは白」の3つ。もともと条件に当てはまる機種が多くないので、厳選したわけではありませんし、私にとってはかなり思い切った出費だったのですが、もうとにかく、買って大正解でした。

人間、楽なことにはすぐ慣れてしまうものですね。早くも、洗剤を手で投入し、干して乾き具合を確認して取り込んで、という日々を忘れてしまいました。「NA-VX800A」に変えてから気づいたのですが、私にとっては、「干す」でも「取り込む」でもなく、「洗いが終了したらすぐに干さなければならない」という行動制限が一番負担だったのだなと。おかげで時間が浮きまくり、ほぼ毎日22時前には布団に入っています。9時間くらい寝ています。

ドラム式洗濯乾燥機の購入をすでに決めている方には、何の参考にもならない感想ですみません。「ドラム式洗濯乾燥機は借金してでも買ったほうがいいよ」(個人の見解です)と、私が言ってみたかっただけの文章になってしまいました。

本モデルから搭載された「約40℃つけおきコース」「タオル専用コース」「約60℃槽カビクリーンコース」など、便利機能が多すぎ! これから使いこなしていきたいです

断言しよう、何を焼いても大体おいしいと!
日本エー・アイ・シー「Aladdin グラファイト グリル&トースター AGT-G13A」

買った人:杉浦 みな子
私が今回のボーナスで欲しいモノとしてご紹介しようと思っていたのは、↓コレ。アラジンのオーブントースターなのですが……

テレビドラマや料理番組などで小道具として映り込んでいるのもよく見ますね、アラジンのオーブントースター

テレビドラマや料理番組などで小道具として映り込んでいるのもよく見ますね、アラジンのオーブントースター

実は、ボーナスを待ちきれずすでに買ってしまいました! 見た目がオシャレなのでインテリア家電としても人気がある製品ですが、この子はただカワイイだけじゃない。フツーに調理家電として実力が高いのです。いちユーザーとして断言しましょう、アラジンのトースターは何を焼いても大体おいしくなります!

特に、我が家で購入した4枚焼きモデル「Aladdin グラファイト グリル&トースター AGT-G13A」は、標準で付いてくる「専用グリルパン」がマジで神です。食材を切ってこのグリルパンに入れて焼くだけで、めちゃくちゃおいしい料理になります。しかも、0.2秒で発熱する遠赤グラファイトヒーターのおかげで、できあがりも早い。肉は中身がふっくらジューシーになるし、野菜はこんがりと甘みが出るし、魚もひっくり返す必要がなく5〜6分で焼けちゃう。ただパンを焼くだけの機械ではなく、もう時短調理器と呼べるポテンシャルなのですよ。機能も見た目も全力で推せる! そんなトースターです。

4枚焼きモデルに標準で付いてくる「専用グリルパン」が神! 肉も魚も野菜もとりあえずコレにぶち込んで10分も加熱すれば、絶品グリル料理になります。パンを焼くだけではなく、毎日の食事作りに活用できる万能オーブントースターです

【関連記事】
もはや時短調理器のポテンシャル! アラジンのオーブントースターが実力高すぎる

ぜひとも我が家の婿養子に……! 時短と大容量が魅力
ショップジャパン「クッキング・プロ」

買いたい人:山口真央
女子力をアピールするようですが、私は自炊をする女子です。なぜなら結構な大食いだから。毎日外食しようものなら、食費で自己破産待ったなし。実家から送られてくるお米支援が命綱です。でも、カレーとか作ってる時、たまに思うんです。「このお鍋をかき混ぜてる20分間、自分がやらねばいけないことはまだまだあるのでは」ってね。

そこで検討しているのが、ショップジャパンの「クッキング・プロ」。1台で「圧力調理」「炊飯」「無水調理」「温め直し」「蒸す」「煮込む」「炒める」「スロー調理」の8役をこなしてしまう、見た目もシンプルで、なんともハンサムな電気圧力鍋です。

クッキング・プロ

この「クッキング・プロ」さんの何がすごいって全部お任せできちゃうこと。具材を切って、鍋に入れて、ボタンをピッとすれば、できあがりまでは自由時間です。お風呂に入ろうが、お昼寝をしようが、スーパーでばったり顔見知りのおばちゃんに会って立ち話をしてようが、問題なし。火を使わないので、目を離していても大丈夫なうえ、自動で加圧し、熱する時間が終われば自動で減圧+保温してくれます。しかも圧力鍋なので、1回の調理にかかる時間もすごく短い! たとえば、白米2合の炊飯なら、加圧時間はたったの6分です。

そして私にとって一番のポイントが、大容量であること。だって、彼、一度に5合ものゴハンを炊けちゃうんだもの。1回に6食分のカレーを一度に作れたり、煮物もスープも、一度に短時間で大量に。週末の作り置きが多い我が家には、とっても助かる容量なんです。

我が家の食事事情にぴったり合った、フトコロの深い「クッキング・プロ」くん。実は、すでにショップジャパンさんから一定期間お借りし、お試し済み。調理してみた角煮やビーフシチューは文句なしのおいしさで、私の胃袋をガッチリとつかんでくれました。だからこそ、旦那として、ぜひ我が家のキッチンに迎え入れたい……。正式にお迎えした暁には、私は毎日彼にお料理をお願いし、アツアツな食卓を1人で囲むことになるでしょう。

超使ってみたいんですけどっ!
シャープ「プラズマクラスタードレープフロードライヤー IB-WX1」

欲しい人:中村 真由美
このところ、ドライヤーを使用するたびに吹出口の奥のほうでピカッと火花が光ります。調べてみると、「溜まったホコリに引火している」「ヒーターの故障」など、さまざまな原因が考えられるようですが、掃除したり、メーカーに修理依頼しても直らない場合は危険なので買い換えたほうがいいとのこと。しかし、無精者ゆえ、そんな状況で1年経過。7年以上愛用しているので買い換えてもいいのですが、近年の大風量ドライヤーは落ち着いたカラーバリエーションが多く、カラフルな色を好む私としてはなかなか購入する気持ちが沸き立ちません(愛用しているドライヤーはメタリックグリーン)。という理由で、ずるずると先延ばししていたら、シャープから興味深い製品が発売されました。

プラズマクラスタードレープフロードライヤー IB-WX1

ノズルのない形状の「プラズマクラスタードレープフロードライヤー IB-WX1」(以下、IB-WX1)です。一般的なドライヤーはモーターとヒーターの配置の都合や、風を集めるために、どうしても長さが必要でしたが、IB-WX1は取り回しのよさや腕への負担軽減を重視し、部品を改良するとともに配置を一新。両サイドに設けられた2つの吹出口から風を放出して髪をドレープ状になびかせることで、短いノズルでも広範囲に風を届けられるようにしたそうです。確かに、ドライヤーのノズルってじゃま。いつも途中で疲れてしまい、休憩しながらドライヤーがけしていたので、このカタチだけでも魅力的です。

風量は1.1m3/分と、大風量を謳う他メーカー製品と比べると少なめですが、実際に使用した価格.comマガジン編集部員によると、髪を乾燥させるのにかかった時間は風量2.4m3/分のドライヤーより20秒長いだけで、十分、速乾性の高いドライヤーと言えるとのこと。しかも、温度が低めで風当りがソフトなのに速く乾くという新鮮な使用感だったのだそう。……なに、それ。超使ってみたいんですけどっ! 本音としては、もっとカラフルなカラバリが欲しいのですが、ここ最近の傾向としては難しそうですし、色以外の要素は惹かれているのだから直感を信じて買ってみてもいいかなと。火花が光るたびに「こわっ」と思いながらドライヤーがけしている日々とは、そろそろおさらばしようと思います。

【関連記事】
大風量に頼らない! シャープ「プラズマクラスタードレープフロードライヤー」は速乾性も使い勝手も◎

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン タイムセール
パソコン本体のその他のカテゴリー
「価格.comマガジン」プレゼントマンデー
ページトップへ戻る