隔週スマホニュース
スマホ業界の最新ニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

ソフトバンクの5Gは3月下旬開始。2021年中に人口カバー率90%を目指す!

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は、ソフトバンクの5Gサービスや、auの世界データ定額の新コース、「モバイルPASMO for Android」など4本の話題をお届けする。

ソフトバンクの5Gは3月下旬開始! 2020年中に人口カバー率90%を目指す

ソフトバンクは、2020年2月7日に開催した決算説明会で、現在準備中の5Gサービスについて、3月下旬に開始すると発表した。また、料金については「アンリミテッド(通信容量無制限)」を意識したものになるとしている。注目のエリア展開だが、ソフトバンクでは、既存のLTE用低周波数帯を5Gに流用することで、効率的なエリア展開を行うことを明らかにした。これにより2021年中に人口カバー率90%を実現するとしているが、これは、他社の計画よりも格段にスピーディーなエリア展開と言える。なお、料金プランや端末などの詳細は後日発表される。

ソフトバンクの5Gサービスは、従来3月開始予定とだけ発表されていたが、今回一歩踏み込んで3月下旬の開始であることが明らかにされた

auが世界データ定額に新コースを追加

KDDIおよび沖縄セルラーは、2020年2月1日から、海外ローミングサービス「世界データ定額」に、新コース「早割」を追加した。

「早割」は、「世界データ定額」アプリで出国前に事前予約することで、渡航先ですぐにデータ通信を使い始めることができるサービス。大幅な割引が適用され、通常は980円/24時間の料金が、690円/24時間となる。さらに、アメリカ (本土、アラスカ)、カナダ、ハワイ、韓国、台湾、香港、マカオ、タイ、プエルトリコ、米領バージン諸島の各エリアについては、終了時期未定のキャンペーン「早割キャンペーン」が適用され、通常料金の半額となる490円/24時間で利用できる。

加えて、「世界データ定額」とauのポイントプログラムを組み合わせた特典も実施される。2020年3月3日から5月31日の間に「世界データ定額」を早割で予約し。使い始めると、auのポイントプログラムの各ステージにあわせて、プラチナステージでは8日分、ゴールドステージなら3日分、シルバーステージでは1日分の料金がキャッシュバックされる。なお、この特典の実施にともない、au STAR会員特典「au STARギフト」は、2020年3月2日に終了される。

今使っているデータ通信容量を海外でそのまま利用できるのが「世界データ定額」の特徴。ライバルのWi-Fiレンタルよりもまだ少し割高だが、手続きがアプリ上だけでできる点が魅力だ

NTTドコモとメルカリ・メルペイが提携

NTTドコモと、メルカリ、メルペイの3社は、2020年2月4日に業務提携を発表した。この業務提携により、今年5月より「メルカリID」と「dアカウント」の相互利用が実現されるほか、「メルカリ」の利用100円につき1ポイントの還元率でdポイントが貯まったり、支払いにdポイントが利用可能となったりする。

また、「メルペイ」ウォレットと「d払い」ウォレットの電子マネー残高およびポイント残高の連携と、各社のサービスにおけるポイントのシームレスな利用も実現される見込みだ(時期未定)。このほか、両社の決済サービス加盟店の共通化および、共同での営業推進を今年夏頃に行うとしている。

この提携を記念したキャンペーン「メルカリでd払いを使うと+10%還元キャンペーン」が2020年2月4日〜24日の期間で実施される。通常のポイントに加えて購入金額の10%分のdポイント(期間・用途限定)が進呈されるほか、「メルカリ」上での「d払い」決済1回につき、決済手数料(1回100円)分のdポイント(期間・用途限定)が付与される。

パスモが「モバイルPASMO for Android」を発表

パスモは、2020年1月21日、交通系ICカード「モバイル PASMO」を発表、2020年春にサービスを開始する。FeliCaポートを備えたAndroid6.0 以上のOSをインストールしたAndroidスマートフォンにアプリをインストールすることで、現状のカード式PASMOと同等の機能を実現するほか、アプリ上でのチャージや定期券の購入が可能となる。

なお、モバイルPASMO定期券は、小田急電鉄、京王電鉄、京成電鉄、京浜急行電鉄、埼玉高速鉄道、相模鉄道、首都圏新都市鉄道、新京成電鉄、西武鉄道、千葉都市モノレール、
東急電鉄、東京地下鉄株式会社、東京都交通局、東武鉄道、北総鉄道、ゆりかもめ、横浜高速鉄道、横浜市交通局、横浜シーサイドラインの鉄道各社と、小田急バス、江ノ電バス、川崎市交通局、川崎鶴見臨港バス、関東バス、京王電鉄バス、京成バス、西武バス、相鉄バス、立川バス、東急バス、東京都交通局、西東京バス、日立自動車交通、横浜市交通局のバス各社で利用可能となる。

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2020年1月24日〜2月7日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話のソフトウェアアップデート情報をまとめた。なお、定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

通信キャリアおよびSIMフリー共通

iOS13.3.1およびiPadOS13.3.1の配布
・「iPhone」(アップル)
・「iPad」(アップル)

NTTドコモ

Android 10へのバージョンアップ
・Galaxy Note10+ SC-01M(サムスン)
・Galaxy Note10+ Star Wars Special Edition SC-01M(サムスン)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・HUAWEI P30 Pro HW-02L(ファーウェイ)
・AQUOS sense3 SH-02M(シャープ)
・Xperia Ace SO-02L(ソニーモバイル)
・Xperia XZ2 Compact SO-05K(ソニーモバイル)
・らくらくスマートフォン4 F-04J(富士通)
・ワンナンバーフォン ON 01(ZTE)

au

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・TORQUE G04(京セラ)
・URBANO V04(京セラ)
・AQUOS sense3 SHV45(シャープ)
・Galaxy A20 SCV46(サムスン)
・Galaxy Fold SCV44(サムスン)
・LG it LGV36(LG)

ソフトバンク・ワイモバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・arrows U(富士通)
・AQUOS zero2(シャープ)
・AQUOS R3(シャープ)

楽天モバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense3 lite(シャープ)
・AQUOS sense3 plus(シャープ)
・arrows RX(富士通)

UQモバイル

Android 10へのバージョンアップ
・AQUOS sense3(シャープ)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る