今週発売の注目製品ピックアップ
今週発売の注目製品ピックアップ(2020年5月11日〜17日)

【今週発売の注目製品】マイクロソフトから、10.5型に大きくなった「Surface Go 2」が登場

今週発売される新製品の中から注目度の高い製品を、さまざまなカテゴリから横断ピックアップして紹介する連載「今週発売の注目製品ピックアップ」。今週は、マイクロソフトの10.5型タブレット「Surface Go 2」や、LGエレクトロニクスの5Gスマートフォン「LG V60 ThinQ 5G」と31.5型液晶ディスプレイ「32QN600-B」を紹介する。

マイクロソフト「Surface Go 2」

2020年5月12日(火)発売


マイクロソフトから、10.5型タブレット「Surface Go 2」が登場。ラインアップとして、Wi-FiモデルとLTEモデルを用意する。

「Surface Go」(2018年8月発売)の後継機種と位置づけるモデル。画面は、解像度1920×1280ドットで、10点マルチタッチ対応の10.5型PixelSenseディスプレイを採用した。

また、CPUは「Pentium Gold 4425Y」または第3世代「Core m3」を装備。カメラ機能は、前面に500万画素カメラ、背面に800万画素カメラを搭載し、いずれも1080p HD ビデオに対応する。

このほか、無線通信はIEEE802.11a/b/g/n/ac/ax準拠の無線LAN規格、Bluetooth 5.0をサポート。バッテリー稼働時間は最大10時間。インターフェイスは、USB Type-C、microSDメモリーカードスロットなどを装備した。一般向けモデルのOSは「Windows 10 Home(Sモード)」、オフィスソフトは「Office Home and Business 2019」が付属する。

なお、「Surface Go タイプ カバー」と「Surface ペン」は別売となっている。

本体サイズは245(幅)×175(高さ)×8.3(奥行)mm。重量は、Wi-Fiモデルが544gから、LTEモデルが553gから(いずれもタイプ カバーを含まず)。

一般向けモデルの構成例と税別参考価格は、Wi-Fiモデルが「Pentium Gold 4425Y/4GBメモリー/64GB eMMC」が59,800円、「Pentium Gold 4425Y/8GBメモリー/128GB SSD」が77,800円。LTEモデルが「第3世代Core m3/8GBメモリー/128GB SSD」が97,800円。

LGエレクトロニクス「LG V60 ThinQ 5G」(NTTドコモ/ソフトバンク)

2020年5月11日(月)発売

NTTドコモとソフトバンクから、5G対応スマートフォン「LG V60 ThinQ 5G L-51A」(LGエレクトロニクス製)が発売される。

6.8型フルHD+(2460×1080ドット)有機ELディスプレイを搭載したモデル。同サイズの有機ELディスプレイを搭載した専用ケース「LGデュアルスクリーン」を装着することで、2画面ならではのマルチタスクが可能だ。

カメラ機能では、メインカメラとして、8K動画の撮影が可能な6400万画素カメラ、1300万画素のカメラ、ToFカメラのトリプルカメラを採用。サブカメラの画素数は1000万画素だ。

このほか主な仕様は、プロセッサーが「Snapdragon 865」、メモリーが8GB、ストレージが128GB。外部メモリーはmicroSDXCメモリーカード(最大512GB)に対応。OSは「Android 10」をプリインストールする。

本体サイズは78(幅)×170(高さ)×9.2(奥行)mmで、重量が約218g。専用ケース「LGデュアルスクリーン」装着時の本体サイズは87(幅)×177(高さ)×15(奥行)mmで、重量が約353g。

LGエレクトロニクス「32QN600-B」

2020年5月15日(金)発売

LGエレクトロニクス・ジャパンから、31.5型液晶ディスプレイ「32QN600-B」が発売される。市場想定価格は29,800円前後(税別)。

2560×1440ドットのWQHD解像度に対応したモデル。上下左右178度の広視野角なIPS方式の液晶パネルを採用し、発色が鮮やかで自然な映像表現を実現している。

また、10bitカラー(約10.7億色)の表示に対応。色域はsRGB 99%をサポートする。HDR10に対応しており、明るい部分の白とびを抑え、暗い部分をより深い黒で再現することが可能だ。

ゲーミング機能として、AMD FreeSyncテクノロジーに対応し、映像信号を画面に表示するまでのタイムラグを最小限に抑えるDAS(Dynamic Action Sync)モード、暗いシーンの視認性を高めるブラックスタビライザーなどを搭載する。

機能面では、ブルーライトを低減する「ブルーライト低減モード」や、フリッカーを抑制する「フリッカーセーフ」を搭載し、目の負担を軽減している。

主な仕様は、解像度が2560×1440ドット、液晶パネルがIPS、輝度が350カンデラ、コントラスト比が1000:1、視野角が上下左右178度、応答速度が5ms(GTG)。

ディスプレイインターフェイスは、DisplayPort 1.4×1、HDMI×2を装備する。

このほか、本体サイズは714(幅)×512(高さ)×209(奥行)mm(スタンド含む)。重量は7.2kg(スタンド含む)。

山野 徹(編集部)

山野 徹(編集部)

新しいもの好きで、アップルやソニーと聞くだけでワクワク・ドキドキ。デジタル好きだが、最近はアナログにも興味が出てきたアラフォー編集者。

関連記事
パソコン本体のその他のカテゴリー
ページトップへ戻る