ニュース
151gの軽量ボディにトリプルカメラや超ワイド有機ELディスプレイを搭載

ワイモバイルから「Xperia 10 II」が登場! 発売は5月下旬以降

ソフトバンクは、2020年5月13日、ミドルレンジスマートフォン「Xperia 10 II」(ソニーモバイル製)をワイモバイルブランドから発売すると発表した。

コストパフォーマンスを重視したXperiaのミドルレンジモデル

「Xperia 10 II(エクスペリア・テン・マークツー)」は、ハイエンドモデル「Xperia 1 II」と同時に発表された4G対応のミドルレンジスマートフォン。国内では、NTTドコモ版「SO-41A」とau版「SOV43」がすでに発表されているが、これに次いで、ソフトバンク系列のワイモバイルからも発売されることになった。

端末自体はNTTドコモ版やau版と基本的に共通で、約69(幅)×157(高さ)×8.2(厚さ)mm、重量約151gのボディに、2,520×1,080のフルHD+表示に対応する約6.0インチの有機ELディスプレイを搭載する。内蔵バッテリーは3,600mAhという大容量だが、ボディ全体の重量を抑えているのが特徴だ。なお、ボディはIPX5/8等級の防水仕様と、IP6X等級の防塵仕様をクリアしている。

搭載されるSoCは「Snapdragon 665」で、4GBのメモリーと64GBのストレージ、1TBまで対応するmicroSDXCメモリーカードスロットを組み合わせる。OSはAndroid 10。通信機能は4Gのみで、下り最大400Mbps、上り最大37.5Mbpsのデータ通信が行える。FeliCaポートを搭載するが、フルセグ・ワンセグチューナーおよびワイヤレス充電の各機能は非搭載。カラーバリエーションは、ミント、ブラック、ホワイト、ブルーの4色が用意される。

ミドルレンジの製品だが、有機ELディスプレイを採用。コントラスト比の高い映像を表示できる

ミドルレンジの製品だが、有機ELディスプレイを採用。コントラスト比の高い映像を表示できる

指紋認証センサーを内蔵した電源ボタンを右側面に装備している

指紋認証センサーを内蔵した電源ボタンを右側面に装備している

ヘッドホン端子を上面に搭載。ハイレゾ音源の再生にも対応している

ヘッドホン端子を上面に搭載。ハイレゾ音源の再生にも対応している

メインカメラは約800万画素の超広角カメラ(16mm)、約1,200万画素の標準カメラ(26mm)、約800万画素の望遠カメラ(52mm)という組み合わせのトリプルカメラで、フロントカメラは約800万画素のシングルカメラだ。メインカメラは被写体や環境に応じて13種類のシーンと4つのコンディションを自動で組み合わせて撮影を行う「プレミアムおまかせオート」や、暗所撮影用の「ナイトモード」を備える。

メインカメラは、超広角、標準、望遠という組み合わせのトリプルカメラ

メインカメラは、超広角、標準、望遠という組み合わせのトリプルカメラ

カメラは13種類のシーンと、状況(コンディション)4種類を自動識別して最適な撮影を行う

カメラは13種類のシーンと、状況(コンディション)4種類を自動識別して最適な撮影を行う

なお、ワイモバイルショップは、2020年5月31日まで、午後4時までの営業時間短縮を実施中だ。業務内容もスマートフォンや携帯電話などの修理・機種変更・新規契約に限定しており、来店の際は予約を呼びかけている。また、オンラインショップの利用を推奨しており、機種変更および新規契約の手続きにかかる事務手数料3,000円(税別)が現在無料で利用できる。

また、本機の発売にともなうキャンペーンとして、ソフトバンクでは、5,000円相当のPayPayポイントがプレゼントされる「Xperiaを買ってPayPayもらおうキャンペーン」を実施する。このほか、ソニーモバイルでは、Xperiaシリーズ誕生10周年を記念した人気アーティスト・ブランドとのコラボ記念Tシャツなどがプレゼントされる「Xperia 10TH ANNIVERSARYキャンペーン第2弾」を実施する。

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
ページトップへ戻る