特別企画
au/povo/UQ mobileの新料金プランを詳しく解説

「povo」だけじゃない! 今春提供開始のKDDIグループ新プランまとめ

KDDIは2021年1月13日、「au」と「UQ mobile」の新しい料金プランおよび新料金ブランド「povo」を発表しました。

「povo」はNTTドコモの新料金プラン「ahamo」やソフトバンクの新ブランドコンセプト「SoftBank on LINE」の対抗となるサービスで、月額2,480円で毎月20GBまで通信することが可能です。また、auからは従来よりも値下げされた使い放題プランが、UQ mobileからはMVNO(仮想移動体通信事業者)に匹敵する格安な料金プランが提供されます。既存のユーザーはもちろんこの春にキャリアの乗り換えを考えている人は注目です。

そこで今回は、KDDIが発表した新プランの概要をおさらいしようと思います。

※記事中の価格は特に表記がない限り税別です。

※記事中の価格は特に表記がない限り税別です

KDDIから提供が始まる新しい料金プランの内容は?

それではKDDI各ブランドの新料金プランをチェックしてみましょう。メインブランドであるauの「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」、サブブランドであるUQ mobileの「くりこしプラン」、そして新料金ブランド「povo」の内容を以下の表にまとめました。

なお、提供開始時期は「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」と「povo」が2021年3月、「くりこしプラン」が2021年2月1日となっています。

2021年春から提供が始まるKDDI各ブランドの新プラン

2021年春から提供が始まるKDDI各ブランドの新プラン

●au

auから提供される「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」は、既存の「データMAX 5G」「データMAX 4G LTE」よりも安く、5Gと4Gの両ネットワークで価格が統一された使い放題プランです(テザリングは月30GBまで)。月額料金は6,580円で、「データMAX 5G」(2年間の定期契約なしで月額8,650円)よりも2,070円、「データMAX 4G LTE」(同7,650円)よりも1,070円安くなっています。

「データMAX 5G」「データMAX 4G LTE」では月の通信量が2GB以下だった場合に月額料金が1,500円割り引かれていましたが、「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」はドコモやソフトバンクの使い放題プランと同様に3GB以下まで拡大されています。

通話料金は30秒あたり20円の従量制で、通話定額オプションの「通話定額2」(月額1,800円)や、各通話最初の5分間が無料の「通話定額ライト2」(月額800円)を追加することが可能。家族割引サービスの「家族割プラス」にも対応していて、2人以上なら毎月500円、3人以上なら毎月1,000円が各回線から割り引かれます。

●UQ mobile

サブブランドのUQ mobileから提供される「くりこしプラン」は、既存の「スマホプラン」の後継となるプランです。データ利用量と月額料金は「くりこしプランS」が1,480円で毎月3GBまで、「くりこしプランM」が2,480円で毎月15GBまで、「くりこしプランL」が3,480円で毎月25GBまでとなっています。

従来の「スマホプラン」と同様、「くりこしプラン」は料金プランに通話料割引が組み込まれておらず、通話定額オプションの「かけ放題(24時間いつでも)」(月額1,700円)、各通話最初の10分間が無料の「かけ放題(10分/回)」(月額700円)、毎月合計60分まで無料の「通信パック(60分/月)」(月額500円)を追加可能です。

なお、従来はUQ mobileを家族で契約する場合に2回線目以降の月額料金が500円ずつ割り引かれる「UQ家族割」や、固定通信サービスもしくは「UQ WiMAX」とのセット割引「ギガMAX月割」が適用されましたが、「くりこしプラン」はいずれも適用対象外となっています。

●povo

オンライン専用の新料金ブランド「povo」では、冒頭でも触れたようにデータ利用量が毎月20GBで月額2,480円の料金プランが提供されます。ドコモの「ahamo」やソフトバンクのブランドコンセプト「SoftBank on LINE」で提供される料金プランの月額2,980円より500円安いものの、「povo」には各通話最初の5分間が無料になる通話料割引が組み込まれていません。

その代わりに「povo」では月額500円で最初の5分間が無料になる通話料割引オプションが提供されるほかに、月額1,500円の通話定額オプションなども用意されます。これらのオプションは追加や停止がアプリから手軽に設定できる予定で、KDDIでは「トッピング」と称してアピールしています。音声通話は不要と考えるユーザーにとって、通話料割引がオプションとして分離されている点は「povo」のメリットと言えます。

KDDIの新プランと従来プランはどちらがお得?

続いて、KDDIの新料金プランと現在提供されているプラン(旧プラン)について、家族割引が適用される場合のコストを比較してみました。いずれも家族割引以外の割引は考慮しておらず、従来の料金プランは2年間の定期契約なしの価格で試算しています。

なお、auではサブスクリプション型の動画配信サービスがセットになった料金プランも複数提供していますが、ここでは使い放題の「データMAX」と段階制の「ピタットプラン」のみを対象としました。また、新料金プランについては2021年1月20日時点で明らかな情報をもとにしています。

KDDI各ブランドの新旧プランにおいて家族割引が適用された場合のコスト比較

KDDI各ブランドの新旧プランにおいて家族割引が適用された場合のコスト比較

メインブランドのauでは、料金プランによって「家族割プラス」の割引額が異なります。家族で契約する人数が2人の場合は各回線から500円ずつ、3人の場合は1,000円ずつ割り引かれるところまでは共通ですが、従来の使い放題プラン「データMAX 5G」と「データMAX 4G LTE」のみ、4人以上の場合は2,020円ずつ割り引かれます。

これに対し、新しい使い放題プランの「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」では3人以上の割引額が1,000円となっています。4人以上の場合の割引額だけを見れば従来よりも1,020円割高ですが、割引適用前の月額料金が従来の使い放題プランよりも1,070円または2,070円安いため、4人以上の場合でも新プランのほうが安く、コストが増えることはありません。

具体的には、3人以上の家族で「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」を契約すると、月額料金は1,000円安い5,580円となります。従来の「データMAX 5G」は家族で契約する人数が3人なら7,650円、4人以上なら6,630円ですし、「データMAX 4G LTE」は3人なら6,650円、4人以上なら5,630円なので、いずれの場合も新プランのほうが割安です。

また、従量制の「ピタットプラン 5G」「ピタットプラン 4G LTE」で上限の7GBまで通信した場合の月額料金は6,150円なので、新プランの「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」との差額は430円しかありません。「家族割プラス」の割引額はいずれも同じなので、家族の人数によらずこの差額は一定です。使い放題プランを契約している人だけでなく、「ピタットプラン」で4GB以上通信している人も、新しい「使い放題MAX 5G」「使い放題MAX 4G」へのプラン変更を検討してみてはいかがでしょうか。

いっぽう、UQ mobileの新プラン「くりこしプラン」は2回線目以降毎月500円が割り引かれる「UQ家族割」の適用対象外となったものの、データ利用量が同等もしくは近い従来プランよりも月額料金は500円安くなっています。そのため、単純にお得になったというだけでなく、サービス内容が従来よりもわかりやすくなったとも言えます。

たとえば、データ利用量が毎月3GBまでの新プラン「くりこしプランS」は同容量の従来プラン「スマホプランS」よりも500円安く、毎月15GBまでの新プラン「くりこしプランM」は毎月10GBまでの従来プラン「スマホプランR」より5GB多く使えて500円安くなっています。「くりこしプラン」の提供開始にあわせて従来の「スマホプラン」は新規受付が終了しますが、既存のユーザーも新プランへ乗り換えるのがよさそうです。

そして注目の新料金ブランド「povo」は、UQ mobileの新プラン「くりこしプランM」と月額料金が同じ2,480円でありながら、データ利用量は5GB多い毎月20GBまで。家族割引サービスは用意されていませんが、その点はUQ mobileの新プランも条件は同じです。月の通信量が3GB〜20GBなら「povo」一択とも思えますが、オンライン専用のブランドである「povo」に対し、UQ mobileには店頭サポートを受けられるというメリットがあります。

「ahamo」対抗の新ブランドということで「povo」は独立して注目を集めがちですが、KDDIのサービスを選ぶ上ではまず「使い放題プランが選べるメインブランドのauか、それともコストの安さが魅力のサブブランドか」を決めた上で、サブブランドにするなら「オンライン専用でシンプルなpovo」と「サポートも手厚く選択の幅が広いUQ mobile」を絞り込むのがよさそうです。

松村武宏

松村武宏

信州佐久からモバイル情報を発信するフリーライターであり2児の父。気になった格安SIMは自分で契約せずにはいられません。上京した日のお昼ごはんは8割くらいカレーです。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る