隔週スマホニュース
スマホ業界のニュースをお届け!「隔週スマホニュース」

LINEMOが月間通信3GBで月額990円の新料金「ミニプラン」を7月15日に開始

直近2週間に発表された、スマートフォンなどをはじめとするモバイル業界に関わるニュースや、各社のスマートフォンのアップデート情報をまとめて紹介する連載「隔週スマホニュース」。今回は、「LINEMO」に新たに加わった新料金プランや、ソフトバンクのeSIMサービス開始など4つの話題をお届けする。

※本記事中の価格は税込で統一している。

LINEMOが月間通信3GBで月額990円の新料金「ミニプラン」を7月15日に開始

ソフトバンクは、オンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」の新料金プラン「ミニプラン」を2021年7月15日よりサービス開始した。同プランは、月間通信容量3GBの低容量プランだが、コミュニケーションアプリ「LINE」の一部サービスについてはこの容量には含まずに利用できる。3GBを越えた場合は、通信速度が300kbpsに制限される。

なお、「ミニプラン」では、音声通話オプションについて、契約当初1年間、月額550円の割引を行う「通話オプション割引キャンペーン」を適用できる。これにより、5分以内の国内通話が無料になる「通話準定額」(月額550円)は1年間無料で、国内通話がかけ放題になる「通話定額」(月額1,650円)は、1年間月額1,100円でそれぞれ利用できる。

ソフトバンクがeSIMサービスを開始

ソフトバンクは、2021年7月14日より、「ソフトバンク」ブランドの一部料金プランを対象に、eSIMの提供を開始した。対象となるのは、「メリハリ無制限」「ミニフィットプラン+」「スマホデビュープラン」の各料金プラン。新規契約をオンラインで行った際にeSIMを選ぶと、最短1時間ほどで開通するとしている。

Esimの動作確認がとれた端末はソフトバンクのWebサイトで公開されているが、現時点ではeSIM対応のアップル「iPhone」シリーズと、Google「Pixel」シリーズがメインとなっている。なお、eSIMを使ったiPhoneシリーズでは「みまもりマップ」「災害用伝言板(災害用音声お届けサービス)」が利用できない。

なお、既存のユーザーがSIMカードからeSIMへ変更することも可能で、店舗での手続きに際し、3,300円の手数料がかかるが、無料で行えるオンラインでの手続きも用意される。

武田総務大臣が、テレビ中継用の2.3GHz帯を5Gと共有する新制度を検討中と発言

武田総務大臣は、2021年7月20日に行った記者会見で、「テレビと携帯電話で、同じ周波数の電波を時間帯で使い分ける新しい制度の運用」に関して、「総務省では、既存システムが運用していない場所や時間の周波数を、他の用途に有効活用するダイナミック周波数共用の実用化に取り組んでいる」と発言した。当面の具体的なアクションとして、「2.3GHz帯をダイナミック周波数共用により5Gで利用可能とする技術基準案を7月16日に公表し、意見募集を開始したところ」であるとしている。

武田大臣の言う2.3GHz帯とは、テレビ放送におけるスポーツや屋外現場からの中継用途などで使われる電波のこと。この周波数に対して、電波の利用状況に応じて秒単位で動的に割り当てを変更できる新技術「ダイナミック周波数共用(DSA)」を使い、5Gを念頭においたモバイルネットワークと共用するというものだ。

今後、不足することが懸念されている電波の周波数帯だが、今回の「DSA」などの技術は、利用頻度のさほど高くない既存周波数帯を有効活用するものとして注目されている。

ソフトバンクがBeyond 5G/6Gのコンセプトを発表

ソフトバンクは2021年7月14日に実施した技術展覧会「ギジュツノチカラ」で、5Gネットワークの次の通信技術となる「Beyond 5G/6G(以下、6G)」のコンセプトを発表した。(詳細は以下のページを参照

このコンセプトによると、6Gは5Gの特徴(超高速、超低遅延、多数同時接続)をさらに発展させた、すべての産業のデジタル化を支える社会基盤としてのネットワークになるという。また、張り巡らされたネットワークによって、AIの予測を現実にフィードバックさせることで、量子暗号化やカーボンフリーといった、安全や環境に関わる問題とも密接にリンクするとしている。

具体的な利用用途としては、ドローンを想定して、海上や山間部、空など今まで見落とされていた空間のエリア化を実現したり、すでに実用化されている電波を使った位置情報の追跡をより高精度に行えるほか、電波を使った充電や給電といった、今までにない使い方も視野に入れているのがユニークだ。

「アーキテクチャーの挑戦」、「技術の挑戦」、「社会の挑戦」という3ジャンルに分けて、Beyond 5G/6G時代に向けた計12の提言を行っている

「アーキテクチャーの挑戦」、「技術の挑戦」、「社会の挑戦」という3ジャンルに分けて、Beyond 5G/6G時代に向けた計12の提言を行っている

スマホや携帯電話のアップデート情報まとめ

2021年7月9日から7月21日の間に公開された、スマートフォンやタブレット、携帯電話などのソフトウェアアップデート情報をまとめた。なお、定期的なアップデートが行われている端末については、除外している。

通信キャリア・SIMフリー共通

iOS14.7の配布
・「iPhone」(アップル)

NTTドコモ

Android 11へのバージョンアップ
・Galaxy A21 SC-42A(サムスン)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS R6 SH-51B(シャープ)
・AQUOS sense4 SH-41A(シャープ)
・AQUOS R5G SH-51A(シャープ)
・AQUOS sense3 SH-02M(シャープ)
・arrows Be4 Plus F-41B(FCNT)
・arrows Be4 F-41A(FCNT)
・Galaxy S21 Ultra 5G SC-52B(サムスン)
・Galaxy S21 5G Olympic Games Edition SC-51B(サムスン)
・Galaxy S21 5G SC-51B(サムスン)
・Galaxy A41 SC-41A(サムスン)
・Galaxy S10 SC-03L(サムスン)
・Galaxy S10+ SC-04L(サムスン)
・Galaxy S10+ (Olympic Games Edition) SC-05L(サムスン)
・Xperia Ace SO-02L(ソニー)

au・UQ mobile

Android 11へのバージョンアップ
・AQUOS sense3 plus サウンド SHV46(シャープ)

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・ZTE a1 ZTG01(ZTE)
・Galaxy Note9 SCV40(サムスン)
・Galaxy Note8 SCV37(サムスン)
・Galaxy S21+ 5G SCG10(サムスン)
・Galaxy S21 5G SCG09(サムスン)
・Galaxy A51 5G SCG07(サムスン)
・OPPO Reno3 A(オッポ)※UQ mobile版

ソフトバンク・ワイモバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・Redmi Note 9T(シャオミ)
・キッズフォン2(セイコーソリューションズ)
・AQUOS R6(シャープ)
・Xperia XZ1(ソニー)
・Xperia XZ(ソニー)

楽天モバイル

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・AQUOS sense plus SH-M07(シャープ)
・Rakuten Mini(楽天モバイル)
・Rakuten BIG s(楽天モバイル)
・Rakuten Hand(楽天モバイル)
・Reno 10x Zoom(オッポ)
・OPPO Reno3 A(オッポ)

SIMフリー

セキュリティアップデートおよび不具合修正など
・OPPO Reno 10x Zoom(オッポ)
・OPPO R15 Pro(オッポ)

田中 巧(編集部)

田中 巧(編集部)

FBの友人は4人のヒキコモリ系デジモノライター。バーチャルの特技は誤変換を多用したクソレス、リアルの特技は終電の乗り遅れでタイミングと頻度の両面で達人級。

記事で紹介した製品・サービスなどの詳細をチェック
関連記事
価格.comマガジン プレゼントマンデー
ページトップへ戻る